2019年9月17日 (火)

10年を迎えるということは

本日は、モーツァルト@宇奈月  

待ちに待った😅この日がやって来ました。

 

毎年のことながら。

演奏前ってボヤッといろんなことを考えますよね〜

一緒に今日の日まで練習してきた仲間への感謝の気持ち。

練習が楽しかったり、謎だったりした日々の思い出。

不安・反省・意欲〜

 

で、会場に着き、リハーサル後〜定刻になるともうどうにもならなくて開き直る😅

とにかく弾かなきゃ、どうにもならんだろ 的。

普段の練習ではやったことないミスがあったり、その逆もあったりで

あっという間に本番は駆け抜ける。

Dcedf614090e4f0aae21582f2df19fc8 そしていつも思う 。

また来年もやるぞ🎀

懲りない、というのかヘタのよこ好きというのか・・・

 

とりあえず やって良かった、と思っていることは間違いない。

本当に心から音楽を楽しめたし

もっともっとピアノ勉強したいと思ったし

なんと言ってもピアノ弾くのが楽しくてしょーがなかった🌸

いつもこんな気持ちでいられる訳ではないので、こんな事は貴重

遠くから応援においでくださった先生方や、生徒さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

皆さまでゆったりティータイムしたり Afe7221bbc0740ebae2643fc88ebb9f5

本当に次々楽しい時間💕

ちなみにこちらのお店は カフェ・モーツァルト

とても雰囲気も素敵🌸

来年は参加しよう〜🎹とやんわりお誘いかける👍🏻



2c63a0f701fe42ce9049e3610384bcd0
グランドホテルでの街かどコンサートは、私たちが最後のプログラム

ホッと一息ついたその後何も聴かずに帰るのもなぁ〜という事で

スペシャルコンサート聴きにいく。

「レクイエム」

モーツァルトの最後の作品で未完成のまま亡くなったと言われている曲で

大好きな曲だったのですが

やっぱりめちゃくちゃ良かったですわ🎀

 

なんじゃかんじゃ言ってるうちに終わってしまったモーツァルト祭。

今年で10年目を迎えるそうです。

10年続き、だんだん盛んになっていくってすごいことだと思います。

地元の皆様の努力が結集した結果ですよね。

何事も、続ける事って大切❗️

2019年9月11日 (水)

何事もやってみなくちゃわからない

今年も宇奈月モーツァルト祭を目前に最後のひと足掻き

私って、ほら、根本的に小心者だからさぁ〜😎

 

思い起こすと、私たちもモーツァルト3年目。

初めて参加させていただいた頃とはいろいろ感覚が変わってきました。

これを「成長」というのか・・・

1年目は、8月の終わり頃から気持ちが焦り、

焦ると耳も手もおかしくなる→気持ちが沈む→ピアノ弾きたくない→焦る

という超絶負のスパイラルを繰り返し

居ても立っても居られない気分でしたわ。

なんで申し込みなんかしちゃったの〜💦  とさえ思っていました。

 

そんな私が2年経って今、モーツァルト祭まであと◯日

と指折りカウントダウンしてるんです〜

というのは大げさですが、ちょっとワクワク楽しみ💕

ピアノ弾くのも楽しい🎹

あのあっちからもこっちからもモーツァルトが聴こえてくる

音楽祭と宇奈月の街の雰囲気が大好き。

早く始まらないかなぁ〜💕って感じ。

人間、こんなにも感覚って変わるものなのですね💧

我ながらすごいと思う🤣

そして、こんな風に変われたことが嬉しい🌸

 

これは、生徒ちゃん達にもお母さま方にもばっちりあてはまることだと思います。

何事も最初は先が見えないばかりに不安だったりしますが

一度、二度、と経験を繰り返すことで不安はなくなり

核心に近づくことができる。

真の成長はそこからかな。


 9efaa4ba54774374958e8765098d8fe4
さて、本日もモーツァルトメンバーでワイワイガヤガヤと

練習して来ましたぞ。

4人集まると笑い袋が破裂して、ゲラゲラ笑い続ける💥

音楽を愛して止まない

超絶楽しいお仲間ですの。

ちなみに背景に写っているのは皆様お馴染みの

「尾崎豊さんのピアノ」

 


B13d882bdc4243bf87a9d7f912ca1419
モーツァルトメンバーのなかのE先生。

本日、お家で取れたて新鮮お野菜をたくさんくださいました。

わぁい嬉しい👏🏻

八百屋さんみたいだなぁ〜

笑笑、このように、時には物々交換

時には笑い袋破裂

そしてほんのちょこっと真面目に練習。謎の4人。

どうかお天気に恵まれますように✨

2019年9月 3日 (火)

大きく羽ばたいて

去る9月1日、富山市出身のピアニスト、

塚田尚吾くんのピアノリサイタルがあり

コンサートスタッフとしてお邪魔してきました。

 

このお方は、小学生の頃からいつも素敵な演奏を聴かせてくれるお方で

同門であった我が家の子どもたちにとっては憧れのお兄さんでしたの。

京都市立藝術大学、大学院修了後、しばらくこちらで活躍されてたんですが

来月からオーストリア🇦🇹に留学されるんです。

渡航記念のコンサートってとこかな。

 

演奏が素敵だった事は言うまでもありません。

子ども時代はレッスンや発表会でお会いする機会も度々あり

共に大きくなってきた、、、(というとちょっとおこがましいけど)

そんな尚吾くんが、こんなにも立派に成長されて

ただただ感動。

このお方の凄いところは、「こうなりたいな」という夢を

自分の力で掴み取って実現させていくところ。

そのための努力は惜しまない!

まさに「夢は見るものではなく叶えるもの」という言葉そのもの。

私もパワーをいただきました。

 

おおっと、5d885952a96e414cbfbac0f522e04d5d

本日、その尚吾くんがかわいいわんこ連れで、

我が家にお花を届けて下さいました。

一旦舞台を離れると普通に人なつこい若者。

人っておもしろい🤗

綺麗なお花を見ているとコンサートの感動が再び蘇ってきます。

2019年9月 2日 (月)

ふと気がつくと9月

大変ご無沙汰しております。

暑かった8月もあっという間に過ぎ去り。

9月、というと一気に秋のモードになってしまいます。

 

8月は前半はピティナ❗️後半は演奏活動をして過ごしました。

ピティナでは、生徒ちゃんの個性を活かしつつ基本的なポイントがブレない

ということの難しさを、ひしひしと感じました。

個性と基本とは相反するもの同士ですが、どちらも重要。

そんな中で自分の音楽を創りあげていくわけで

毎回ピティナでは多くのことを発見させられます🌸

 

後半は、ポケットキッズさんという学童とご縁があり、

出張コンサートに出かけていたので、その準備と練習に明け暮れました。

限られた時間の中で、あれこれ決めて並行して進めていかなきゃならないわけで

手を抜くのも妥協するのも嫌だし

いつも何か落ち着かない気分でした。

が、達成できた喜びも半端なく

これまでのご縁に感謝しました。

 

このポケットキッズさん。

速星と鵜坂という地域でそれぞれ100人くらいの子どもたちが通っているんです。

すごい✨

みんなやんちゃで大変なんだろうなぁ〜

と想像しながら行ってみてびっくり。

ちゃーんと元気なおりこうさん。

音楽にも興味を持ってくれて、知ってる曲は一緒に歌ってくれたりするんです。

そんな様子を見て、私もいろいろ反省。

レッスンで、私の信念をもっとしっかり伝えることができれば

子どもは伸びる力を持っている!

この子の個性だから〜とか、この年齢ではこれで満足

なんて絶対思っちゃいけませんね😑

自分の意識を変えなければ。

 

という訳でとにかく駆け巡った熱い8月。

つくづく時間の使い方について思い知らされました。

さ、9月も。

2019年7月21日 (日)

衝撃のレッスン

世間では夏休み目前🐬

うきうき⛱るんるんといった頃でしょうか。

 

PTNAもだんだん修羅場を迎えてきました。

今が頑張り時なのかな。

先週は松本和将先生、今週は秋山徹也先生のアドバイスレッスンがあり、

3名の生徒さんが受講されたので、私も聴講させていただきました。

 

この2週間レッスンがとても衝撃的だったことは言うまでもありません。

多くを学ばせていただきました。

・・・というか、つくづく自分て力ないよなぁ〜

と思い知らされた感じ。

ま、それは今回のみならず毎回のことなんですけどね。

 

先週、今週と続いて最も衝撃的だったのは

先生のタイプも雰囲気も、ぜーんぜん異なる🌗

もう、これは楽しいというのかなんというのか・・・。

深いなぁ〜と思いましたわ。

伝え方は一つだけではない、ということを目の前で見せてもらえた感じ。

レッスンの中に先生のお人柄も垣間見え

お陰様で私はピアノに釘付け。

あーでもない、こーでもない、と考える・・・キリがない😶

 

この連チャン❗️アドバイスレッスン で学んだこと。

生徒ちゃんと共に過ごした時間が長くなると、

無意識のうちに「この子の音はこんな感じ」「この子の弾き方はこんなの」

と、思い込んでしまっているけれど

そこについて考えるのが私の役目。

出てくる音を見逃してはならない、と思いましたの。

この子の個性だ、と考えることは、単なるオマケとか妥協で終わってしまうこともあり。

 タッチ、姿勢、は音に大きく関係がありますから?

当たり前のことに、今更気付く。

 

またしても、締め切り前に

課題がたくさん出てきました。

笑笑。

 

 

2019年7月 6日 (土)

短冊に願い事を書く♪

明日は7月7日、七夕。

織姫様と彦星様は会えるのかな。

 

先週、レッスンに来た年中ちゃんの、

保育園で短冊に「ピアノが上手になれますように」って書いた🎀

という報告を受けて超絶喜ぶ私。・・・つくづく単純。

 

けれど、このちっちゃな生徒ちゃん

年少さんからレッスンに来てくれていたけど

最初からレッスンに乗れたわけではなく、

私も毎週ドキドキハラハラしながら過ごした時期がありました。それもかなり長く。

その子が‼️一年経って、こんな願い事をしてくれてると知ってしまったら

そりゃ〜嬉しくないワケがないでしょう🙆🏻‍♀️

 

で、ここで味をしめた私。

片っ端から生徒ちゃん達に「短冊の願い事は何書いたの?」

と聴きまくる。←アホだね

笑笑、みんな結構「ピアノが上手くなりたい」と書いてくれてることが発覚。

そうか。

つまり、みんな大なり小なりピアノへの想いを持ってくれているという事ですわね。

とっても些細な事ではありますが

そんな生徒ちゃん達の意識を垣間見られたことが、私にとってはパワーの源。

頑張りたい気持ちも湧いてくるんですね。感謝🙏

 

私も子ども時代、短冊にイロイロ願い事書いてました。

自分自身の記憶ではずーっとエレクトーンとかピアノとかの先生になりたい

とか上手になりたい、と書き続けていました。

高校時代にちょっとよそ見をしたこともあったけど?

でも巡り巡って結局は音楽。

 

私自身も、それなりの回り道をしてきたとは思いますが

そんな時代があって今がある。

これから先もたくさん回り道はアリでしょうね。

 

最後に。

今自分が一枚だけ短冊を書くなら

「私のまわりの音楽の笑顔がより多く見られますように。」

 

願い事はあちこちたくさんありすぎて、一つには絞れない。

けれど、これが私の生活の主軸なのです。

自分が音楽好きであったのと同様に愛する生徒ちゃん達にも

音楽大好きであってほしい。

 

 

2019年6月15日 (土)

いくつになっても子離れできない私

先日、娘の教育実習が無事終了しました。

特に何をしてやれるという訳ではないけれど、

私も落ち着かない気分で過ごした3週間でした。

毎日5時30分起きで学校へ行ったり、

指導案に頭を悩ませたり、研究授業の練習をしたり・・・

精神的にも肉体的にもハードな3週間だったと思います。

ムスメは、毎日の出来事を事細かに話してくれる子なので、

とても楽しく聴いて過ごしました。

つくづく教育と芸術とでは方向性が180°違うなぁ〜ということを

再認識しながら、複雑な気分で話を聴きました。

 

そんな中で、こんな私でも心打たれたエピソードがいくつかありました。

最も印象的だったのが、教頭先生のお話。

体育の先生で、かなりの経歴をお持ちのベテランと思われますが

いつも先生は  「生徒に体育が嫌いな子にはなって欲しくない」と思って

これまで過ごして来られたそうです。

こんなベテラン先生でもこんな基本的なことがモットーなんだ❗️と感動しました。

一見当たり前(みんな体育は好きに決まっているでしょう)と思われるこの話ですが、

いろ〜んな社会情勢が子どもを取り巻く現代。

決して当たり前ではないということを念頭に置かなければならないのですね。

音楽においても全く同じで、みんなが自分のように「音楽大好き」という意識ではないのです。

初めから美しい音を🎵 という意識ではない場合がほとんどで、

無の状態から心を耕し、音楽の種を蒔き、肥料をあげ、芽が出るチャンスをじっと待つ。

ここが最も大切な部分なのに、つい見落としてしまうことも・・・

ヘタすると、それこそ“音楽が嫌いな子”を輩出してしまう訳で、

それは絶対に避けなければならないことですわ。

 

おおっと、話が脱線しましたわね。話を戻します。

予想通り、感動の教育実習だったようです。

生徒達がとても可愛く感じられ

ピリ辛だった担当の先生の温かさを感じたり

周りの先生方に感謝したり

涙、涙の最終日。

学びの多い3週間だったようです。

あんなに、嫌だ、不安だ、自分には出来ない、

と叫んでいたムスメも、今や別人。やり切れた喜びを感じております。

どんな事でも、出来ることには積極的にトライしてみるべきですね。

この変身ぶりには、観ている私も感動。楽しかった🎀

 

でもね。明日になったら、ヤツは東京に戻って行ってしまうんです。

見送りでは絶対泣かないぞ、と心では想ってるんですけどね・・・😔

 

2019年5月30日 (木)

ちっちゃいお客様

近頃では、かつての教え子だった生徒さんがママになって

かわいい赤ちゃんを連れて訪ねて来てくれたり💕

そのお子ちゃまをレッスンに通わせて下さったり🌸

私としてはとても嬉しい✨

 

36e7dd25212f4b7eb2c1ff2d462696ce

本日もかつての生徒さんが1月に生まれた赤ちゃんと

我が家に足を運んで下さいました。

いや〜‼️赤ちゃんってなんであんなにかわいいのかな。 

ちっちゃいけど力持ち

まだおしゃべりするわけではないけど存在感抜群。

なぁ〜んか目が離せないのよね。

抱っこすると、やわらかいけどずっしり重く

ほわっとあったかくて  これまたかわいい😊

 

いろんな可能性を持って生まれてきた赤ちゃん。

健やかにたくましく成長してね

そして元教え子であったママさん。

毎日忙しく、赤ちゃんの成長とともに

心配事や悩み事は出て来ることでしょうけれど

大半は過ぎてしまえばよき思い出。

ちっちゃい子との生活を存分に楽しんでね

 

こうやって、かつての生徒さんたちがママ・パパになるということは

嬉しい反面

それ程に自分も歳を重ねていくのを感じる。

 時の流れというものは、ほんっとに容赦ないです😔

2019年5月23日 (木)

教育実習の思い出

突然私ごとではございますが。

ただ今娘が帰省中。

ヤツが帰って来ると、とても賑やかで心もほっこりできますの♨️

反面、なかなか部屋が片付かない

(美容にうるさいから)食生活に気を使う

私の自己中生活ペースを貫くことができない

など、様々な影響があります。

まぁ、家族とはそんなものですわね。

大学の話  お友達の話  音楽の話

尽きることなく永遠にしゃべり続ける

お友達の間ではラジオみたいな人、と言われてるんだそうです😔

 

そんな娘は、来週から教育実習生として母校の中学校でお世話になります。

もう卒業してから7年目で知っている先生は全くいらっしゃらないそうです。

本物の中学生さん達を相手に授業をしたり

部活動の顧問をさせてもらえたり

生徒さんたちと給食食べたりするんだそうです。

いろいろ揉まれて逞ましくなってくれることを祈る。

毎日、不安だ〜と1日100回ぐらいつぶやいております😅

私もその昔、教育実習の経験はあります。

やっぱりめっちゃくちゃ不安でしたが、終了した時には感動して号泣した記憶があります。

子どもたちがめっちゃくちゃかわいかったし🌸…けれどもう一回やりたいとは思わない💦

 

来週からは、ムスメの教育実習のとばっちりが

私にも来ると思われます😔ぜったい🌋

 

2019年5月19日 (日)

アドバイスレッスン

本日は、奈良井巳城先生のアドバイスレッスンがあり、

我が家のお教室でも3人の生徒さんが受講されましたので

私も聴講させていただきました。

ピティナも、もう2週間もすれば、早い地区では予選が始まります。

もう今年もそんな時期がやって来たのですね。

 

本日レッスンを受講された3人は、

日頃からコツコツと練習し、

曲についていろんなことを考える力と

集中力、粘り強さを持った生徒さん達です。

そんなことも奈良井先生は一瞬にして全てお見通し。

この子に今必要なのはこれ❗️

というのがすぐ伝わってきて

ド直球投げられているような気分でした。

男性の先生なのに、ちっちゃい生徒さんのこともとってもわかって下さってるし。

予選に向けてパワーが湧いてきました。

 

アドバイスレッスンについては 色々な考えがありますが、

私的には、ある程度演奏が仕上がってきていて、

曲想のつけかたに迷いがある

さらに一歩踏み込んだレッスンが受けたい

音の刺激が欲しい

という思いが心の中に少しでもある生徒さんにお勧めしています。

たった1回のレッスンなのにとても内容が濃く、

私も生徒ちゃんも(多分お母様も)、ピアノ弾きた〜くなるんですよね。

さ、今年も‼️

«平成最終日