2018年2月19日 (月)

お騒がせ長男が成長していました

先週のことになりますが、長男の大学の卒業プロジェクト発表会(いわゆる卒論です)を聴きに行ってきました。

大学では4年間建築を学んできた長男。建築学科は95%男の子、私が学生だった頃の卒論発表会とは随分雰囲気が違っていました。なんというかみんな活気があるというか熱心というか〜
プロジェクトの内容によっては質疑応答が盛んだったりして、建築のことなんて全くわからない私でも観ていて楽しかったgood

高校時代、自分がやりたいことがわからない〜となかなか進路が決められなかった長男。
建築学科に入ってからは、その道にすっかりハマってしまって、珍しい建築物、好きな建築家さんの建築物、変わった街並みを見学しに日本中いろんなところに出かけて過ごしました。
冬の北海道に友人4人と建築を観に行った時のこと。
ここまで来たら日本の最北端を観なければ❗️ということになり、その道中、凍結した橋から車ごと転落、雪のおかげで体は無傷・車は廃車、救急隊に強制送還してもらった、という背筋も凍る事件もありましたtyphoon

子ども時代からそうだったけれど、いつもブッ飛んだ報告ばかり受ける4年間でした。
本人的には学業、友情、その他充実した学生生活だったようです。

そんなお騒がせ長男も無事大学卒業。
ちゃ〜んと、質疑応答にも答えていました。
ホッとしたようで寂しい。もうこの子のために私ができることはなくなっていくんだなぁ〜

2018年2月13日 (火)

バッハコンクール全国大会

96a7073c4cc64716847c4a047a1ec0a6先日、日本バッハコンクール全国大会を聴きに行ってきました。

会場は上野学園大学の石橋メモリアルホール。パイプオルガンが設置されていて、音の響きがとても綺麗な素敵なホールでした。

5・6年Bコースともなるとみんなお上手!インヴェンションとかシンフォニアをいとも軽々弾いちゃう。子どもの力ってすごいですね〜。

うちのお教室のMちゃん(小5)緊張しながらも頑張って演奏して、奨励賞をいただくことができました。
とっても嬉しいnote

昨年のバッハでも入賞できたMちゃん。今年はきっと昨年を超えたい、超えなきゃというプレッシャーを感じているんじゃないかな〜と実は心配していました。
けれど、お母様のMちゃんを見守る姿勢がすごいflair”賞とかよりも、全国大会で同世代で上手い人の演奏聴いて、自分も頑張ろうと思って欲しい”
というのをモットーに、芸創やレッスンの送迎をして下さったり、レッスンではマメに動画撮って復習・確認して下さったり。
本当に頭が下がる思いでした。

このバッハコンクールのおかげで、Mちゃんはインヴェンションを深く理解して弾けるようになり、私は2声3声の指導も怖くなくなりました。(いや、むしろ好きかも) 全国大会を聴いて、ますますピアノという楽器の音の謎に興味が湧き、もっともっと勉強したいと思いました。 今回もまた多くの恩恵と発見がありました。

43cd5437b5b545d39dc3786c141b771f
さて、コンクールとは言えど上野でちょっと時間が空いたので、ムスメと国立科学博物館を観てきましたcoldsweats01
面白いものがいっぱいup
2、3時間ごときでは観きれない。

2018年2月 2日 (金)

修了しました

2017年4月から通っていた生涯学習カレッジ共学講座が、本日修了の日を迎えました。

以前にちょこっと話題にしていたこともありましたが、オペラ、バレエ、ミュージカル、歌舞伎・・・
あらゆるジャンルの芸術作品を楽しく鑑賞してきました。

世の中には、自分の知らない素敵なものがまだまだた〜くさんあること、知っているつもりでもまだまだ奥があることを改めて実感した1年間でした。

新しい発見ができるということは、とても楽しく、新鮮な気持ちが蘇りました。

「いつかやりたいなぁ〜」なんて思っていても、そんな日は来ない。
その”いつか”という日は一体いつのことか謎。
もしかしたら今が一番時間に余裕がある時かもしれない。
やるなら今だsign03という思いで通い始めた講座。
やむを得ない訳があって2回ほどお休みしましたが
修了できて嬉しいnote達成感up

最終日の今日は、モーツァルトの生涯を映画にした「アマデウス」を鑑賞しました。
至るところにモーツァルトの名曲が流れて、壮絶な人生が音楽で綴られていました。
多くの苦悩と芸術は背中合わせ、苦しみなくして秀逸なものは存在しないと感じました。

さて、一年間のうちに共に講座を受講する方々とも、先生とも、楽しくお話できるようになりました。
音楽の輪って素敵だな

2018年1月28日 (日)

サウンドカーニバル2017

本日は、エレクトーン指導者協会のイベント「サウンドカーニバル2017富山支部大会」が開催されました。
我が家のお教室の生徒ちゃんも数名参加されました。
ウチみたいなjet教室はピアノかエレクトーンか・・・という楽器の垣根を越えて両方体験出来るところが特徴だと思っています。今日演奏された生徒ちゃん達も普段はピアノでレッスンをしているのですが今回は敢えてエレクトーンイベントにトライしてもらいました。

結果〜。
ギロック作曲「ガラスのくつ」を弾いたKちゃん(年長)が優秀賞、
外国曲のタランテラを弾いたNちゃん(小3)が奨励賞

やろうと思えばどんな風に飾ることもできてしまうエレクトーンですが、子どもたちのイメージにより近い音作りを心がけ、ムダな飾りは一切省略。生徒ちゃんの演奏そのものが生き生きするように・・・というこだわりがわかってもらえたようで嬉しいshine

音楽はどんなちっちゃい曲でも音色と表現というものがあります。そんな部分をわかりやすく多彩に伝えられるのがエレクトーン。これを通していろんな発見ができるはず!
どんな事を考えて弾いているのか探りながら、完成させていくのは本当に楽しく感動的です。

新年初のイベント〜今年も元気に始まりました。

2018年1月 8日 (月)

明日から❗️

あ〜あ。
楽しみにしていたお正月休みも、嵐のごとく過ぎ去りました。

私は明日から今年のレッスン開始ですshine
の〜んびり緩みきっていた気持ちも引き締めて再起動punch
今年も思いきりいこう。

typhoontyphoontyphoon

この年末年始はいろいろありました。
我ながら、思い出すと笑えます。

30日、だましだまし使い続けていた照明器具がついに使えなくなってしまうthunder
31日、大晦日だというのに、帰省中のムスメが体調不良。新年を目前に夜救急へ
3日、これもまぁ、だましだまし使ってた照明器具が寿命を迎える。←ムスメ用のレッスンルームその1。
4日、ムスメのレッスン室が照明点かないからしょ〜がないと、私のレッスンルームその2へ行ったらなんとこっちはエアコンが不調down

一体全体、この不調・故障の連鎖は何でしょうか。それも誰もが忙しい年末年始に。ピアノのお部屋ばっかり集中攻撃みたいなところも気に入らないbomb
でもね。これも電気工事を専門職とする友人のお陰で、本日全て見事に復活。
明日からは何事もなかったかのようにレッスン再開できるのですflair
すごいsign01つくづく、持つべきものは友sign03絶ってはならない人との繋がり。

とまぁ、こんな訳で
これまでになくドタバタと迎えた新年。
笑笑、きっと今年はロクでもない年になるんだろうね〜、我が家では諦めのモードです。
わはははははは (注・冷笑)

2018年1月 6日 (土)

㊗️成人式

Image_2本日、娘が成人式を迎えました。
自分のことのように嬉しく、晴れやかな気分です。

つい、いつまでも手がかかる・・・と思ってしまう我が子。
けれど、いつまでも子どものままいられる訳はなく
この子も新成人として、自覚と責任を持って新しい一歩を踏み出す節目。
自分の目標に向かって情熱的であってほしいと思います。

中学校卒業以来、5年ぶりに再会する娘の同級生。
みんな5年間の間にすっかり立派に成長されて、キラキラ輝いていましたshine
これから先も、さらに強くたくましく充実した人生となりますように。


2018年1月 1日 (月)

2018年が始まりました

新年 あけましておめでとうございます。
 
一年が過ぎるのは本当に早く、近頃は加速度付きです。
昨年の元旦から今日までの日々は本当にあっという間でした。
 
これからの一年もありのままの自分と向き合い
自分らしさというものを追い求めて行きたいと思います。
 
今年もこれまでと変わることなく、どうぞお付き合いくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

2017年12月24日 (日)

本日はイブです

47a08ebc7678485695f0ff7c9d85a9d1本日は夏にピティナを頑張った生徒さんたちによるクリスマスコンサートがありました。
我が家のお教室からは5人の生徒さんが出演されました。

まずは今年ピティナデビューを果たしたKくん(小2)
なにせ今年デビューということで何もかも初めて。
ギロック作曲の「森の妖精」と「魔法の木」を弾きました。
回らなかった指も動くようになり、一つ一つの音を大切に弾けるようになりました。

続いてHちゃん(小3)カバレフスキーの「やさしい変奏曲」を演奏。
どこがどうやさしいのか?と考えさせられるこの曲。Hちゃんらしく楽しく弾けました。
テクニックを要する曲を頑張って弾いたねgood

続いてSちゃん(小3) 安倍美穂さんの「放課後のソナチネ」を演奏。
Sちゃんは偶然YouTubeでこの曲を見つけて“弾きたい”とリクエストしてくれました。
とても多彩で展開の速い曲。私もハマりました。また一つ成長できたね。

お次はMちゃん(小5) チャイコフスキーの「四季」よりクリスマスを演奏。
普段超絶元気なMちゃんが時々見せてくれる女子力高そうなかわいい一面とこの曲は何か通ずるものがありました。ちょっと大人っぽく素敵に弾けたね。

最後はNちゃん(小5) 三宅榛名作曲「赤とんぼ変奏曲」を演奏。
曲は感動的なんだけど。素敵なものは難しい。
こんなふうに弾きたい、という気持ちがよく伝わる演奏でした。

Eb2e148b22a6446f8904a0cd1a25c7e9毎年の事ながら、皆さんお上手shine こんな中で自分の生徒さんが演奏できるということは、私自身とても勉強になります。選曲ひとつをとって見ても、学ぶ事・考えさせられる事は山ほどあるんですね〜。まだまだ精進しなければと感じさせられます。

さて、今年のイベントもこれでおしまい。
ピティナの先生方には大変お世話になりました。
来たる年もまたさらに頑張りたいと思います。


2017年12月 8日 (金)

芸術鑑賞♪

早いもので、12月ももう1週間以上過ぎてしまいました。今年も残りわずか・・・

今年の始めに、「お仕事パワーアップしよう!」と新年の誓い(sign02)を立てたのですが、いざパワーアップ・・・と言っても何からどうしようtyphoon みたいな感じでしたの。漠然としていたし、そんな一朝一夕にできる事ではない。

そんなところへ、生徒さんが‘県民カレッジ’という講座を紹介して下さり、4月から週に一度某高校へ自分磨きに行っております。
音楽、舞台、映画、いろーんなものを鑑賞する講座で、普段自分一人では絶対観ないだろうというものや、舞台裏なんかも解説して下さるんですよ〜。
これまで、ミュージカル、オーケストラ、オペラ、バレエ、歌舞伎、といろんなジャンルのものを視聴してきて、今日は宝塚🌹 どの世界も、美しいshine 感動sign01 演じるということは、なーんて深いことなのかと、改めて思いましたの。華やかな舞台ではあるけれど、そこに至るまでは数々の努力も苦悩もあっただろうなぁ〜。

今の私にとっては毎週1回講座に出かけるというのは結構大変な時もあります。が、ここでいろんな芸術作品を視聴することで、気分が前向きになれ、元気が湧いてくるのです。忙しくて美しいものを美しいと感じる心すら持てない、という状況は脱出flair
(結果に繋がっているのかはさておき)パワーアップにむかって、努力しているのではないかと自己満足note
何歳になっても学ぶ機会を持ち続けたいと思います。


2017年12月 3日 (日)

いやだ

本日はがん検診。晴天に恵まれたこんな日だというのに。

いやだなぁ〜、行きたくないなぁ〜と思っていたら、ついに12月になってしまったthinkタイムリミット。
特に長生きしたい訳ではないけど
まだ家族がこんな状態で死んでしまう訳にはいかない。さらに、お仕事もまだまだ育てたい生徒さんたちがいるんだからpunch
とは言ってもイヤなのよね〜sweat02

何がそんなにイヤなのかというと、バリウムannoy
あの どろん とした重〜い感触。風味。
想像しただけで ぞぞdown いやーtyphoon
初めてバリウム飲んだ時、ゲップしてしまっても一回飲んだthunderという黒歴史。
あの辛い経験は絶対忘れなられない。
そんな訳で、毎年バリウムを恐れておりますsweat01必要以上に。

さすがにこの時期になると、やってるところは少なくて本日は遠〜い山間部。
引きこもり気味の私にはちょっとした外出、さらにこの町に足を運ぶのは10年ぶりぐらいなので、とても気分転換になりましたの。建物やお店が以前とは全然変わってしまっていたり、以前のまんまの部分もあったり。 時の流れを感じましたわ。

でもね。考えてみたら、こんな遠いところから(私的にですけどdash)我が家にレッスンに通って下さる生徒さんも数名いらっしゃるんです。有難いな、とか偉いな、と思う反面、しっかりレッスンしなきゃ‼️という緊張感も湧いてきます。

笑笑、がん検診にやって来てこんなこと考えるとは!変だね。
来年からは、こんなギリギリではなくて、もっと余裕を持って受診しよう!と心に決めましたの。


«錆びついた身体を鍛える!