« 学習参観  | トップページ | 家庭訪問 »

2007年4月22日 (日)

恐怖のお弁当作り

Dscf0002 今日は日曜日だというのに、いつもより1時間近くも早起きしてお弁当作り(+_+;)akaの小学校では今日が年度初めの学習参観なのです。それもお弁当を持って!

うちのダンナサマ、お昼は会社の社員食堂を利用しているので、私はお弁当を作らなくていい分楽させてもらっているのです。めったに作らないモノをたまに作るとなると、おかずは何がいいかな?どのくらい食べられるかな?・・・と要領がつかめず、考え込んでしまう。

ニガテなおかずは絶対に食べないaka。リクエストは肉団子だったんだけど、そんなモノじゃお弁当箱のスペースはうめられない。何とか見栄えもよく、かつ効率よくスペースを埋められるメニューを考える・・・といっても大体パターンはいつも同じなのですよね~彩りを保つためのプチトマトと冷凍枝豆は毎回必須アイテム。後はメインのおかずと、冷食の何か1~2品(ここがポイント!)、野菜のおかず、デザート。毎回このパターンで、作るのですが、何故にお弁当というのはこんなに手間がかかるのでしょう~?限られたスペースの中にバランスよく、見た目もできるだけかわいく・・・とかなんとか考えてしまうからでしょうか?

子供時代のお弁当の思い出を思い起こしてみると・・・いろいろありますねぇ~。私の母の作るお弁当っていつも緑色がなくて、卵焼きと、ウィンナー(茶色いヤツ)が必ず入っていました。時には焼きソバやお好み焼きなんかも入っておりました(-_-;)・・・想像してみて下さい。なんか茶色系のおかずばかっりだったのです~。それに気付いたのは、中学生ぐらいだったと記憶しています。それ以来なんかご飯とおかずっていうお弁当をもって行くのがイヤ~になり、私の作戦が始まりました(笑)それは、サンドイッチを作ってもらうこと。今から思えば・・・なんてヤツ!!それなら「自分で作れ」だよね。母もきっと面倒だったろうなぁ~。

なぜか、みんな自分のお弁当のおかずをふたで隠しながら食べてた時代もありました・・・あれは一体なんだったんだろう!?

お弁当作りが、こんなにも大変なことだったなんて、自分が作るようにならなきゃわからなかったことでしょう。にも関わらず毎朝何人分ものお弁当をひとりで作っておられる方もいらっしゃる訳ですから、私なんて、まだまだぬるま湯です。そんな方を見習わなくっちゃ!!渇!!

P.S 余談になりますが、昨日から無料占いコーナーをつけてみました(^0^)お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが。是非日々の運勢をごらんになってくださいませ~

|

« 学習参観  | トップページ | 家庭訪問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きゃ~あ、おいしそうなお弁当!!akaちゃん、当然残さず食べていただけたのでしょうね^^たまに作るお弁当は子供たちのリクエストに応じて好きなもののオンパレードでいつもお決まりのかなり偏ったメニューでした。しかぁ~し、この春からお弁当生活の始まった娘のために毎日奮闘中です。今まで嫌いなものは、給食に頼っていました。給食がなくなったからには心を鬼にして嫌いなお野菜などをバランスよく(勝手なおもいこみですが・・)入れていますが、帰ってきたお弁当箱にはお野菜君たちがシナシナとなんとも情けない姿でのこってきています。めげずにチャレンジしてみますが、連日のこの状態にこまっています。どーしたら良いものでしょうか?お野菜をおいしく残さず食べれるいい方法あってら教えてください!!
授業参観、お疲れ様でした。今度は家庭訪問ですね!ウチは今日、これからですよ・・・・どんな話になるのやら・・・・彼は逃げる!!といってます!なんで・・・???

投稿: yumipiyonn | 2007年4月24日 (火) 13時38分

>yumipyonnさんへ
そういえばyumipyonnさんも毎日お弁当作りの苦労をされている一人なのですね~。きっと大変なご苦労をされていらっしゃることでしょう(=_=;)高校生の頃はお弁当タイムってすご~く楽しい時間だった記憶があります。女の子同士ぴーちくぱーちくおしゃべりしながら、テスト前には問題を出し合ったりして食べてたなぁ~。それから、雑誌なんかをチェックして、ダイエット弁当やらビタミンたっぷり弁当なんかを母に注文してました。きっと、そのうちMちゃんもいろいろ気になるお年頃になったら、美肌のため・・・とか何とかいう言葉に反応して自発的に食べるようになるのでは!?(甘いかな~)Mちゃんはもとが美しいからそんな必要はないのでしょうか。それにしてもMちゃんも野菜ニガテちゃんというのは意外。うちのakaももちろんニガテちゃんです。食べないとわかってはいるけど、野菜も必ず入れなきゃ気がすまない鬼母です。給食があるということは、ホントーに有難いですね(^_^)

投稿: KV.ひさまる | 2007年4月24日 (火) 23時13分

かわいいお弁当。給食と違って子どもたちはまたお弁当っていうのも楽しいと思いますね。中学時代、「いとうちゃんのお弁当って銀紙だね。」といわれてかなりショックを受けた記憶が、、うちの母は一つ一つアルミで仕切る人でした。それにきれいなお弁当の子が羨ましかったものです。中身交換なんてこともしてましたぁ。うちはむすこなので私には全くコメントなし。かなり寂しいのです。

投稿: いとう | 2007年4月25日 (水) 09時18分

>いとうさんへ
お久しぶりです~。「銀紙」って(^_^;)言葉は超笑えますが、いとうさんのメカに強そうなイメージにピッタリよ(注・ほめているつもりです)
実はいとうさん、すごーい凝ったおかずや盛り付けしておられそう・・・幾何学模様のおにぎりとか!?気になるなぁ~。
男の子って本当にコメントなしですよね(笑)何にも考えてないのでしょうかね~ shinは、幼稚園~低学年の頃はお絵かき弁当をとても喜んで、ピカチュウとかウルトラマンの顔を作っていましたが、今や、そんなことしても喜ぶ訳はない、’いい加減やめてくれ’と叱られたりして(+_+;)男の子は見た目より中身重視になるのかな~。寂しい・・・

投稿: KV.ひさまる | 2007年4月25日 (水) 23時26分

初めてコメント書きま~す♪
可愛いお弁当!!特に女の子のお弁当は、蓋を開けた時の見た目がかなり大事かもしれません(^^;)
うちの娘は小2ですが(誰だかバレるかしら‥?)、まだ幼稚園の頃、週1でお弁当の日があって、小さいながらにおかずや小細工の注文を付けられて困った記憶があります。
うちの場合、見た目を考えて、茶・黄色・赤・緑の4色をおかずを揃えるのが定番のお弁当になっていて、茶は肉か魚のメインのおかず、黄はお察しの通り、卵、赤はプチトマト、緑はブロッコリーやアスパラ、きゅうりなど。ご飯はわかめご飯にしたり、ゆかりご飯にしたり、おにぎりにしたり。
今考えたら、当時はよくやっていたなあと思います。卵はリクエストによってゆで卵を何かの形に変えたものや、ほうれん草やネギが入った卵焼きにしたり、ハンバーグの日はハンバーグを何かの形にしたり、海苔を使う日は、のりパンチを使って可愛い形にしたり。でも、お友達で冷食のグラタンや、同じく冷食の星型ポテトを入れてくる子が結構いたみたいで、自分もそれを入れて欲しいといった時は、レンジでチンするだけだからラッキー♪って感じで、私も少し手間が省けて助かりました。冷食サマサマです!!
今は娘のお弁当を作る機会も滅多にないので、かなりラクになりましたが、もともと旦那チャマのお弁当を毎日作ってるので、私のお弁当業は延々と続くのであります(泣)。

投稿: にかっち | 2007年4月28日 (土) 23時05分

>にかっちさんへ
(爆笑)何で”にかっち”なの~!?あのたまごっちのにかっちのことでしょうか?
それにしても、ものすごいお弁当を作っていたのね!私にはまねできませんわ~愛情たっぷりだよね!パパさんのお弁当もやっぱり手間隙かけてキレイにおいしく作っておられるのかしら?
そんなお弁当を毎日食べられるパパさんは、いいなぁ。奥さまに足を向けては寝られんよね!

投稿: KV.ひさまる | 2007年4月29日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖のお弁当作り:

« 学習参観  | トップページ | 家庭訪問 »