« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

気分爽快

とうとう今日がやってきてしまいました。数日前から私にとって悩みの種だったミュージックステージ・・・どんな演奏会でも毎回のことなのですが、今日のこの日を迎えるまで、日々平静を保つことができず、そう装うのが精一杯だった。つくづくまだまだこの道のベテランとは程遠い~。

今回頑張りぬいたのウチの教室の出演者の生徒さん達。

ピアノソロのTちゃん。今週に入ってから、めきめきと力を伸ばしてきて底力を見せてくれましたね。本番ではちょっと緊張気味でしたが・・・よく頑張ったね~ ソナチネの左手がどうしても大きくなってしまうので徹底的に特訓していたら、アドバイザーの先生からの講評では、”あの子は左利きなの?左手のほうが上手だった”と言われてしまった~。そ、それって・・・要するに右手の練習が、お留守だったということですよね(-_-;)反省!

ピアノ連弾で参加したYちゃん&Mちゃん。昨日のリハーサル前のレッスンでは今までにないほど演奏が乱れまくり、私も彼女らも泣きたい気分だった・・・にも関わらずリハーサルではそこそこに演奏し、今日の本番では意外にもちゃんと弾けちゃった!?!? こんなことはあり!? 更にはグッドプレイヤー賞(いわゆる銀賞)まで頂いてしまうという・・・なんとも笑えるコンビでしたね~\(-o-)/ でも、よかったよかった♪おめでとう!これを励みに、さらに音楽好きになってほしいと心から願っています(^^♪

そして、エレクトーンソロのMちゃん。彼女もリハーサル直前から超乱れまくり、本当に気が気じゃなかった!! 口では”落ち着いて、焦らないで・・・”なんて言いながらも一番取り乱していたのは私でしょう(-_-;)  私のエレクトーンの音作りにもかなり不安があり、いちかばちかの賭けだった。なんと危険な・・・。これもまた、直前にあれだけ乱れていながらも何気に本番はサラリと過ぎてしまうところが不思議。さすがは子供。

当然のことながら、子供達の性格というものは一人一人全く違うわけで・・・昨日から今日にかけてのリハーサル、本番で数々のドラマがあり~この子にはこんな面があったのね~、と気付くことも多々。それぞれの性格が演奏に見事に反映されていたように思います。最後までネをあげずに良く頑張ったね!!

そして、私自身の反省。本番の日が近づくにつれてクラ~くなっていくようじゃ失格なのですよね。そんなことでは子供達を目標まで引っ張っていくことはできないじゃないの!! と深く深く反省いたしました。どんな時も決して諦めないで!と自分に言い聞かせながらも弱虫モードでしたわ~。

一言に音楽と言っても、いろんなスタイルがあり、”これが音楽だ”という決まりなどないのだということを実感できた今日のミュージックステージ。自分自身が心から音楽を楽しみ、音楽で心と心をつなぐ!をモットーにこれからも頑張ります(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

これが今時

世間では期末テストの時期です。学生さんたちは1学期に学んだことをしっかり復習してテストに備えているようですね・・・お恥ずかしながら我が家のshinも今さらながら焦って勉強しておりますが(-_-;) 日ごろからコツコツやっていれば、こんな直前だからといって焦る必要はないのですが・・・その”コツコツ”というのが難かしいのですよね~。加えて彼の場合は、直前にならないとできないのは母親譲り・・・ごめんなさいね~。

それにしても、テストというものはいつの時代もイヤなもので・・・自分が受けるわけじゃないけれど気分は重い母です。自分も若かりし頃はやってきたことのはずなのだけど・・・○十年も経てば、記憶というものは跡形もない~理科や社会なんて、さ~っぱり分かりません(・・;) でもね・・・勉強の内容も、今時の子供達と私達の時代では明らかに違うのですよね。

一番ジェネレーションギャップを感じたのは、技術・家庭科。今時の中学生って男の子も女の子も両方やるのが当たり前。技術というのはパソコンの世界なのです。かなづち・のこぎり・・・だった私達の時代とは全く違う(・・;) ハードウェアとかソフトウェアとかナントカいう内容と格闘している子供達・・・私にとってもチンプンカンプン。こんなことを授業で扱ってくれるのか~と驚き!! 更に、家庭科。男の子も当然テストがあって、その内容というと・・・食品について。最初は、えっ!? と思ったけれど、確かにこれからの子供達には男女関係なくお料理はできなきゃ生きていけない。

授業の内容も、時代とともにこんなにも変わるものなのですね。その時代ごとに必要なことは変化するのだから当然なのですが・・・。いくつ年を重ねても、自分が若かった頃はこんなふうだったから。それが当然!なんて思っていると、完璧に時代から乗り遅れ、”頭の硬い人”になっていくのですね(-_-;) いやだな~それだけは避けたい。何事も臨機応変に取り組んでいけるようでありたいと、強く感じたのでありました。

一方、昔と内容がほとんど変わってない科目もあるのですよ。○十年ぶりに中学生の教科書をのぞいてみるとなかなか懐かしく、楽しいものだということも発見しました(^^)v 音楽なんかは昔のまんま!フォスターから始まって、シューベルトの”魔王”や、ビヴァルディ・・・変わってないじゃん(^o^) 「教養として、身に付けておきなさい」ってことなのでしょうか? さて、ここでクイズです。皆さん覚えていらっしゃるかしら!? かの有名な作曲家シューベルトの師匠は誰でしょう?  フフフ・・・これはごく一般的な教養ですよね~(^o^) 期末テストに絶対出るぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

残り1週間!

今日は今週末の生徒さん達の演奏会に向けてのリハーサルに出かける。本番までとうとう1週間をきってしまった・・・このイベントが、近頃の私の憂鬱の原因No.1だったりもする(-_-;) ・・・失礼。こんなこと言っちゃいけませんね、かわいいかわいい生徒達の晴れの(!?)舞台だというのに。

今日のリハーサルの目的は、本番を一週間後に控え気持ちを新たに練習に取り組んでもらうこと。練習に疲れが出てくる頃だからこそ自分以外のお友達もこんなに頑張っているんだ、と刺激を受けて欲しかった。そんな私の願いは彼女らには通じたのかしら!?!?         

まだ心のどこかに"1週間も先のこと"というのんきさがあるところが恐ろしく・・・今日は渇を入れまくる。”今日はなんかいつもと違うぞ?” と感じてくれたことでしょう。アメとムチの使い分けは本当に難しい~。

ところで、昔から何気無く”リハーサル”とか”ゲネプロ”という言葉を使ってきましたけれど・・・その意味もよく分からないままにここまで来たな~ということに今更気付く(な、情けない!) そんな訳で、先日頂いた電子辞書がまたまた活躍(^^)v

リハーサルとは英語のrehearsal からきている。予行練習、とか直前練習とかいう意味で、繰り返し行うというような意味も含まれるのですって。

それに対してゲネプロとは、ドイツ語のgeneralprobeが語源。generaleとは総合、probeが稽古の意味。 クラシック音楽や、オペラ、バレエなど全ての舞台芸術においての「通し稽古」を意味する。つまり舞台照明や衣装などももちろんゲネプロには必要となってくるわけですね。

まじめに調べてみてよかった~。昔から何でもかんでもそのときの気分によって”リハーサル”と言ってみたり”ゲネプロ”と言ってみたり、でかなりいい加減だったけれど~両者にはこんなに意味の違いがあったのですね(笑)皆様ご存知でした!?

さて、今週1週間はハードな週になりそう。でもみんな、最後の仕上げの週ですね。前日の”ゲネプロ”もあることだし、気合を入れてがんばって~~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

元気をもらった言葉

母として、主婦として、そして音楽教室講師として・・・日々悩み、迷い、時には心を傷め~近頃は心穏やかに毎日を過ごせる日がなんと少ないことか(-_-;) 心のバイオリズムが低迷しているのかしら!? 

今月末のミュージックステージに向けて、出演者の皆さんのの~んびりした様子を見ていると出演者よりも私のほうが焦って気分もどんより。お~いみんな、そろそろおしりに火をつけて練習しようよ!! 今が練習しなくちゃならない正念場だということ・・・気が付いているかな?

更に日々のお稽古も壁にぶつかり、スランプに陥っている生徒さん・・・。私も何とかしてあげたいと考えているのだけれど~どうすることが脱出の糸口なのか考えあぐねている・・・私の考え方や指導法が解決する部分はもちろんありますが、その子の年齢が解決する問題もあり、保護者の方の方針が解決する部分もあり~で、つくづく音楽の種を蒔き・育てることは難しいと感じる。おそろしく頼りない指導者ですが~。

今日はそんな最近の心のもやもやを晴らしたくて~とある先生の音楽雑誌に寄せられた記事を読む。

「夢は必ず叶う」   大切なことは目標をしっかりと持つこと。目標は必ず実現すると信じて、それに向って精一杯頑張ること。可能性は無限大!

近頃は周りの人がみんな活き活き・キラキラ☆彡して見えて、それに比べて私は先の見通しが立たないから、気分も沈んでいたのですが。

夢はかなえるためのものなのだから達成しなくちゃね。どんなことでも努力なしに夢をつかむことはありえないのですものね。”夢”で終わらせてしまうか、そうでないかは自分次第。努力したことは必ず自分の中に残るわけですから、決して惜しんじゃいけない!! 一度やると決めたからには最後まで頑張らなきゃね(^^)v  そんな訳で今日もレッスン頑張ります~ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

横断歩道で物思いにふける

今日は、小学校の朝の交通当番。子供達の通学路上の横断歩道の見守りですね。

嵐のように身支度を整え7時35分、お天気はあいにく曇り空で雨が降ったらどうしよう・・・と思いながらも自転車に乗って出発~!!

全校生徒のうち200~250人くらいは通るのではないかと思われるこの横断歩道。ご近所のお友達、子供達のクラスメイト、サッカーや卓球(akaは卓球チームに所属している)のお友達、更にはウチの音楽教室に習いに来てくれているレッスンメイト・・・来るわ来るわ~。そんな子供達に朝から会えるこの日はなかなか楽しい気分で1日のスタートを切れます(^o^) 「おはようございます!!」なんて、元気いっぱいのご挨拶を頂くと、本当に嬉しくなってきて、私も「おはよう!! 行ってらっしゃい~!!」

それにしても、子供の成長というのは本当に早い。特によその家のお子ちゃまは!!久しぶりのお友達とほんの3ヶ月ぶりぐらいで会ったら何だか突然背が伸びて大人っぽくなっていたり、つい最近までまだちっちゃい幼稚園児だと思っていたお友達が、いきなりランドセルかついだ小学生になっていたり・・・おもしろいですね~時代が止まっているのは私だけなのね・・・(-_-;)  

でも子供達の成長とともに、友人関係も変化していくわけで・・・加えて、子供達だけで遊んじゃうから母は出る幕ナシで、最近ちょっとご無沙汰気味のお友達の姿を見ると、ちっちゃかった頃が懐かしく、いろんな思い出がよみがえってきます。思い切り手こずらせてくれたやんちゃ時代から一緒だったお友達を見ると、その成長ぶりに驚かされます。

つくづく、子供が大きくなるということは・・・手がかからなくなってラク~になっていくことでもあり、反面さみしいことでもありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

今日の頂き物・・・

今日、思いがけず電子辞書を頂く。これはとてもウレシイ頂き物(^o^)  最近、文字や言葉がここだ!と思うときに出てこなかったり、漢字を書けないことが多く、脳年齢の高齢化をひしひしと感じていた。本当に昔ほど頭を使うことが無く、(いろいろ悩むことはあるけど・・・)確実に機能は退化している。

これって、あるととても便利なのですよね。1つの中に英和・和英・国語・漢和・・・その他もろもろの辞典の機能が備わっているわけですから~分からないことがあれば、何でもお任せできる。辞書何冊分もの置き場所のことを考えると、とてもコンパクトでお気軽。

さて、新し物好きの私は、早速中身を取り出し、電源を入れて使い方を研究してみる・・・。おや~!?すごい!面白い!この電子辞書・・・「手紙の書き方」とか、「冠婚葬祭のマナー」、更には「サプリメントについて」なんていうものまで調べられるのです~。・・・これって今時当然なのかしら・・・!?我が家に既存の電子辞書には、そんな機能は無かったから驚いていますが・・・!!

早速いろいろ調べてみる。「医者要らずの食べ物辞典」というコーナーを発見し、これは面白い、と読んでみる。私の大好物、スイカで検索・・・  

へぇ~「西瓜」と書くのは、古代にエジプトで栽培されていたものが、中国の渡来人によって伝えられたから、西から伝わった瓜、ということで、この名前が付いたのですって。更に、効能は腎臓、肝臓、心臓の病気に効くのだとか・・・なかなかの力持ちな食材のようですね。今年も暑くなったらたくさん食べよう!

おっと、イケナイ本題にもどらなきぁあ~

さて、この電子辞書、私の大切な、パートナーとして・・・と思っていたのですが。。。

akaが嬉しそうに、「これ私専用?」とニコニコ聴いてくる。(-_-;)  「これは、ローマ字完璧に分からなきゃ、使えないよ~」 と一言・・・。aka「じゃ、私これでローマ字を勉強するわ」と、すっかり我が物~ 。あらら・・・(-_-;)持ってかれちゃった。でも、これがきっかけで、ローマ字を覚えられるのなら、まあこれもたまにはよいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

随筆

先日、とある御説法を拝聴する機会があった。穏やかなやさしい話しぶりに、こんな私でも悟りの世界へ・・・

人の人生というのは、明日が全く保証されていない。もしかしたら明日は普通に過ごしていないかも知れない・・・。そうであるからこそ今このときを大切に一生懸命過ごさなければ、後で悔いが残ることになるだろう~

こういう内容のお話は学生時代によく耳にしていたことでしたが、今改めて言われると心に沁みる。学生時代、自分の目標にたどりつきたくて燃えていた時代はいつもキトキト一生懸命だった・・・ 常に何かに追われて毎日がめまぐるしく過ぎていく今は何か宙ぶらりんで平凡さを感じる~

最近は北陸でも地震が多く、加えて四季の移り変わりが昔と変わってきていたり、異常気象や温暖化・・・一体この先地球はどうなっていくのか!?とも思う。そのうち大爆発でも起こすんじゃないかしら!? 御説法で語られていた”明日の保証”とはきっと予期せぬ病気や事故のことを意味していたのだろうけれど・・・そもそも地球そのものにも保証というものはあるのかしら(-_-;)  

そうこういいながらも、今まで生きてきたお陰で大切なものがたくさん!! 家族、友人、音楽、それを通じてできた経験・・・本当に自分ひとりだけでここまでやってこられたのではないのですね。感謝の気持ちを心に、ここから先も自分らしくあり続けたいものです~。それこそ後で悔いが残らないようにね(^_^)

余談になりますが・・・もしも今、予期せぬ地震や天災で、命は助かっても避難生活をしなきゃならなくなったら~ 我が家にはペットボトルの水しか置いてない~。それも家族4人が生き延びていけるような量ではナイ!! もし何かあったらいち早く命を落とすのは我が家かもしれない!!なんと無防備なことなのかしら。明日の保証がない地球、まさかの時に備えて防災グッズは揃えておかなくちゃいけませんね~、反省反省!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

出発前に・・・

明日から宿泊学習に出かけるshin。今日になってからやっと、その準備を始める(-_-;)

中学生ともなると宿泊の準備なんてカンタン!持ち物は小学生の時ほど多くなく、体操服ばかりなので、頭を悩ませる必要は全くナイ。自分でサッサと荷物を準備している様子を見ていると、”あ~、やっと自分でできるようになったのね”と今更ながら感じる。荷物の準備完了までの所要時間、約40分くらい!?

先月のakaの小学校で初めての宿泊学習の時のことを思い起こしてみると~ 数日前から荷物のことが気になって気になってしょうがなく、毎日買い足すものはないかと考えていた。荷物の量も小さな体になるべく負担にならないように・・・といろいろ試行錯誤していた。今回の中学生のパターンとは大違い~。

明日の行き先は妙高高原!定番の山歩きや、キャンプファイヤーなど、プログラムは盛りだくさん。更に、バスの席順のこと、活動班のメンバーの話、野外炊飯のメニューのこと~楽しみな話がいっぱいで、明日になるのが待ち遠しい。そういえば、私も子供時代、宿泊や遠足の前日って、楽しみで時間がなかなか過ぎなくてじれったかったなぁ~と思い出す。

突然、shin「ねえ、宿泊学習って火、水だよね?」   私「うん、そう。」   shin「木曜日ってピアノのレッスン!?」   私「うん、そう。」   shin「・・・・・。」 

無言で、ピアノに向かいバッハを弾き始めたshinでありました~(笑) よくぞ、出発前に気が付いてくれたね~(*^。^*)   週末は部活が忙しくてあまりピアノは練習してないことに・・・でもバッハは一夜漬けじゃムリだよ~(・_・;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

若さVS幼さ

我が家の家族4人は、全員が実際の年齢よりも若く(いや、幼く・・・!?)見られることがとても多い。主人と私はまぁ、この年なのでそれは喜ぶべきことと解釈しておりますが、お年頃のshinにとっては深刻な問題のよう。

今日はshinと床屋さんへ。あまり時間が無かったので、いつもの行きつけの床屋さんではなく、自宅近くの初めてのお店へ。日曜の夕方というのは意外とお客さんが多く、忙しそう。早く終わるだろうというあてがはずれる。受付で、女性の店員さんがshinを見て、「小学生?」と一言。 私「いえ、中学生です」  店員さん「OK、小学生ね~」  私&shin「・・・・・。」この時点では、お店が忙しいから、この店員さんパニックになってるんだわ、と思っていた。

ところが・・・shinの番になり席に座ろうとすると、この店員さん、ご丁寧にちっちゃい子用の補助いすをセットしてくれている!!断ることもできず、勧められるがままにそこに座るshin。完璧に小学生・それも低学年と勘違いされている。部活の帰りで、中学校の体操服も着てるのに何で小学生に見えるの~!? と、おなかを抱えて笑いたいのをガマンしていた。鏡越しに写るshinの複雑そうな表情を見ていると、私のガマンも限界に達し、つい独り笑ってしまう・・・はたから見るとブキミ(-_-;)

shinのカットは男性の店員さんが担当してくれたので、部活の話やら勉強の話やらしているうちに、どうもこの子が中学生であることに気付いてくださったようだった。実はこの店員さん、日本の方ではない様子。最初はイマイチ気が付かなかったけれど、お話の様子から単なる早口なのではなく、流暢だけどちょっと違和感のある日本語なのだということが分かってきました。

そんな方にちびっ子扱いされたのなら、そんなにショックなことでも無いわ、と開き直る母。・・・それどころか、ちびっ子扱いとは言えど、思いやりを持って下さる気持ちが逆に有難くさえも感じる。お客さんも多く忙しい中で、なんと親切な~。・・・単純すぎるかしら!? 

いつも1,2年は学年を下に見られるshinも、ここまで下に見られたのは初めてで、大笑いしたのは言うまでもありません。(完璧にショックを通り超えている)

しきりに「身長伸びたい!」と口にするshinですが~彼が幼く見えるのは決して身長のせいだけではありませんよね。顔の雰囲気、絵に描いたような幼児体系、などなど。幼く見える要素はいっぱい!そのうち、いわゆる年齢あてコンテスト系のものにでも出場してたりして・・・そんな彼でも、いずれ年相応に見えるようになっていくのでしょう・・・ま、あせらず、ゆっくりね(^^♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

絵本を探しに

今日はフラリと図書館に出かける。明日は小学校での絵本の読み聞かせボランティアの日。明日は4年生のクラスにオジャマすることになっているのですが、4年生くらいまではどんな本を読んでも結構笑ってくれたり聞き入ってくれたり、と反応がはっきり返ってくるので楽しいのです。そんな訳で、絵本選びもお気楽お気楽(^o^)

一言に絵本といってもいろいろありすぎて、迷います。どんなテーマにしようか・・・物語系、お笑い系、感動もの、知識・科学系・・・定番の絵本、初めてお目にかかる絵本、本当にたくさん!観ているとあれもこれも面白くて、飽きない。絵本の中には、大人にとっても子供にとっても心にグッとくる印象深い内容を持ったものもあり・・・そんな絵本と多く出会えると心が温まります。

今はあんまり感動ものを読みたい気分じゃないから却下。4年生くらいなら知識・科学系のものを喜ぶのでは・・・と思うけれど私にはそんな本を読みこなすことはできないので却下。などなどあれこれ悩んでいるうちに見つけました~。今日の掘り出し物。

Dscf0003 絵本の題名は「たまごからうま」 お笑いと教訓が少し混じったなかなか面白い本なのです。が、なんと"ベンガルの民話"なのですって。私、ベンガルって一体どこ!?の世界なのですが・・・皆様、ご存知!?

この本を15分間で読み終えることができるのだろうかという一抹の不安もあり・・・超早口で息を切らせて読むことにもなりかねない。そうなると口が回らなくなり、ドツボにはまるのですよね~。そんなことにならないように、練習しとかなくちゃ~!!

しかし!!明日の4年生はまだまだカワイイ(*^。^*)これが5・6年生ともなるとみんなシ~ンと静まり返り寒々とした雰囲気、話を聞いてくれてるのか聞いてないのか、はたまた楽しんでいるのかそうでないのか、とにかく判定不能(-_-;) つくづく、子供がぎゅ~んと成長する様子がはっきり見える小学校って面白い**

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

放課後の中学生

今日は、shinの部活動の様子を見学に出かける。

中学校の校門を一歩くぐると、そこには体操服姿の中学生がワイワイ~それはそれは楽しそうなのです。お友達と話をしていたり、楽器を手に持ち熱心に練習していたり。グランドの方では野球部とサッカー部の生徒達が所狭しと駆け巡る・・・。

中学校に入学して以来、部活命になっていたshin。なるほどね!これは命にもなる訳だ~。大好きなサッカー。小学校までのサッカーとは練習の内容もレベルもぜんぜん違う、憧れの先輩達のレベルに何とか追いつきたい!そんな思いでいっぱいなのでしょう。そして、部活の仲間みんなが上手くなりたい!と心を一つに、真剣なわけで・・・これがチームワークなのですね。こんなふうに一生懸命練習に取り組む姿を見られてとても嬉しかったのは言うまでもありません。3年間の中学生活、部活動をやってるからこそ得られるものも多いわけですから、思い切り頑張って欲しいものです。

さて、わが子のいるサッカー部のみならず他の部活動の様子もちょいとのぞいてみよう・・・野球部、卓球部、陸上部、テニス部~みんなそれぞれ頑張ってますね~(^^♪ご近所のM君は小さい体ながらもバスケ部で頑張っているし、数年前登校拒否だったakaに親切にしてくれていた中3のHちゃんは陸上部、テニス部では何故か知り合いのお友達がた~くさん頑張っている。みんな小学生だった数ヶ月前よりたくましく、大人になって見えるのは決して気のせいではなく、まさに成長期でぐんぐん大きくなってきているのでしょう。これからの成長と活躍が楽しみだね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

裏方仕事もやってみると楽しい

だんだん世間はピティナのモードになってきました。5月末から、金沢をかわきりに各地で予選が始まり、昨日・今日が富山地区予選。今年は我が家の子供達はピティナをお休みするので何かさみしく感じておりました~。が、その分ピティナを受ける生徒さんの方に力を入れようと考えていたところ・・・予選の裏方に回ることになる。

私の仕事は受付。緊張した面持ちの出場者の皆さんを見ていると思わず、”頑張ってね”と声をかけたくなる。みんな、今日のために一生懸命努力と練習を重ねてきたわけですから、思う存分力を発揮していただきたいものです。遠く県外からも受けに来ていらっしゃる方々もおられ、少しばかり顔なじみのメンバーもいらっしゃり・・・。仕事してるのかおしゃべりしてるのか!?!?!?ビミョー。

予選には幼稚園児から高校生まで、いろんな年齢層の生徒さんたちが多く訪れるので、心身の成長や音楽的成長、更には音楽との関わり方も変わっていくということがハイライトで伝わって来る。ちっちゃなA2級の生徒さんたちを見ていると、わが子たちにもそんな時代があったなぁ~と、とても懐かしい気分。何をしていても愛らしく、思わず微笑みかけたくなるような幼稚園児でも、一旦ピアノの前に座るとぷち・ピアニストに変身。その演奏は真剣そのもの・・・つくづく子供ってお料理のやり方しだいで(!?)七変化するのよね~。

中学・高校生ともなるとだんだん生活スタイルが忙しくなってきてピアノを続けるのが困難になってくるのか(さみしいことです)グッと人数も少なくなるのだけれど、内容はとても充実していて、聴き応えもたっぷり!やはりコンクールは独特の緊張感と、集中力が求められるところがいいのよね・・・と改めて感じる。土壇場で自分の力を最大まで発揮できると、気分爽快でその後も益々頑張る気持ちになれるのでしょうね。”キビシイ練習はかわいそう”なんてつい考えてしまうけど弾きたい気持ちと憧れはあるのに、それだけで終わってしまうのはもっともっとかわいそう。ということで高岡予選に向けてやや沈みがちだった気持ちもよみがえって来ました。

余談になりますが、shinが幼稚園のときからずーっと仲良く、音楽で辛いときも嬉しいときも一緒に頑張ってきたT君。D級にて見事予選通過!!良かった良かった!!中学生になって生活も変わり忙しい中で、よくあんな演奏ができたね~というほど素敵な演奏だったのです(^^♪  

我が家ものんびりなんてしていられない!と渇をもらったのは子供達よりも母のほうでした(-_-;)そして何よりも高岡でチャレンジするMちゃん!!!頑張りましょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »