« 金管5重奏コンサート | トップページ | うれしい再開 »

2008年5月31日 (土)

みんなに思いが伝わるといいな

今日は朝から長男shinはサッカーの遠征で福井県に行ってしまい(-"-) 長女akaは卓球の試合に行ってしまい(-_-;) 私は一人、ウチでレッスン。

6月、7月とイベント盛りだくさんなので、何か気分的に落ち着かず・・・だんだん私は焦ってきてるのに生徒のみんなはいたってのんびり、マイペース~ おいおい、そろそろおしりに火をつけて頑張らなきゃならないときがやって来ましたよ~。なんといっても富山のコンペまではもう1カ月を斬ってしまったわけで・・・ここから先は、驚くほどあっという間に日が過ぎてしまうのですよ~。1日1日の重みも増してきますしね~。・・・そんなことを、小学3,4年生の子に理解させるのは、つくづく難しい。これだけ長く1つの曲を引っ張ってくると、「なんで、こればっかりやらなきゃならないの!?」とか「いつまでこればっかりやるの!?」のモードになってきてしまいますものね。でもね、この1曲を集中して深く演奏することって、パラパラっとテキトーに弾く5曲よりも価値のあることなのではないかと思います。音楽ってこんな風に表現するものなのだ、とか一つの曲が弾く人によって全然ちがってしまうこととか~本当に多くのことを学べるコンペなのですよね。そして、そのコンペで、自分の思いを人に伝えるためには、今は練習あるのみ(-_-;)

そんな内容のことを3,4年生の子どもになかなかわかりやすく伝えることができずヤキモキしながら卓球の試合会場へ。私が到着した頃はもう準決勝くらいで、とても素晴らしい試合がくりひろげられておりました。卓球は個人競技なので、これもまた日ごろの練習成果が顕著に現れるのですね。・・・でも!! これを見ていて思った。全員が闘士をメラメラ燃やしているわけではないけれど、みんなそれなりの結果が出るとうれしいし、頑張りたい気持ちは全員が持っているのですよねヤル気ない~・・・なんていう子は一人もいない。これって、子ども達の素直~な気持ちなのでしょう。ヘンな見栄とかプライドとかもまだないみたいだし。

これってきっとピアノでも同じなんだろうなぁ~と考えた。どの程度真剣にやるかは個人差があるにしても、みんなできるようになったらうれしいし、練習が辛くたって頑張れるのでしょうね。決してやる気がないわけではなく、どうにかしたくて必死でもがいているところなのでしょう・・・切磋琢磨ってこんなことをいうのかな そんな状態を察して方向性をつけ導いていくのが私達のお仕事。う~む、荷が重い。

さて、我が家の子ども達。すっかりスポーツにのめりこんでしまっているので、私もほったらかしだったんだけどキミ達もそろそろ本腰を入れなきゃならない様だよ~渇!!

|

« 金管5重奏コンサート | トップページ | うれしい再開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなに思いが伝わるといいな:

« 金管5重奏コンサート | トップページ | うれしい再開 »