« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

めでたく完成!

新年度が始まってから、早いものでもう3ヶ月。先日もお話しましたが、今年は私地元の小学校のPTA役員を引き受けるハメになってしまい、日々悪戦苦闘しております 

私のお役目は、PTA広報誌の作成。春から始まった20人の役員の方々との活動は、最初20080630201339 は不安と迷いでいっぱいだったのですが、不思議なことに何とか事態は進んでいって、今日めでたく第1号目を発行するに至りました。

役員さんや学校、印刷会社とうま~く歩調を合わせ、締め切りに追われながら過ごすのは、私にとっては本当に至難の業でしたわ。私なんて、大学を卒業してから音楽教室の仕事しかした経験がなく、こんな分野は初めてのことだったのです~つくづく自分が知っている世界が、な~んと狭いことか、と感じる。会社にお勤めする方にとってはきっとこんなこと当たり前のことなのでしょうね。今更そんなことに気付くなんて、情けない(-_-メ) 世間を知る、とてもいい勉強にはなりましたが

手に取った広報誌は、20人の努力の結晶。ここまで来るには当然ながら先が見えなくて辛い時期も、うまくいかなくて気分が沈んでしまうようなこともありました。・・・が、やはり努力の結果がこうやって形になってくると嬉しいもので、みんなで力を合わせれば何でもできるのだということを実感しました。皆様、本当にお疲れ様でした。そしてご協力ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

さて、ウチの小学校は年3回広報誌を発行することになっているので、まだあと2回こんなことを繰り返すわけです考えるだけで気分が滅入ってしまいます。何とか無事に1年が過ぎて、早くお役御免したいと、切実に願っている今日この頃です(溜息)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

待ちに待ったコンペ!!

久しぶりの更新となります。大変ご無沙汰しておりました。

昨日・今日とピティナ富山予選が開催されており、長かったピティナもとりあえずひと段落。私もこの2日間スタッフとしてお手伝い。

幼稚園児から高校生までこんなにも多くの人たちが今日の日に向かって練習を重ね、頑張ってられたのですね。みんな大なり小なり苦労もあったことでしょう。それらを乗り越えて、今日はそれぞれ全力で演奏するのですから、ここにはひとつの大きなドラマがありますね フレッシュで、エネルギーがみなぎっていて、独特の緊張感がある。自分的には長くコンクールを見てきているつもりですが、この緊張感はいつになっても重圧を感じます。・・・なのに終わるとまた恋しくなるところが不思議~

ウチのお教室の生徒さんも今日に向かって頑張ってきたのですが・・・ なかなかエンジンかからなかったAちゃんとまあ地道にコツコツやってきていたMちゃん。最後まで、よく頑張ったね。今回は思う結果が出なかったのがとても残念ですが、いつも言っているように、コンクールは結果が全てではないのですね。コンクールに向かって、自分を磨き、何かを発見し、感じ取ることに意味があるのですから、これに一喜一憂することなくまだまだこれからも諦めずに頑張って欲しいものです。本当にお疲れ様でした

今年は遠く県外から受けに来られている方がとても多く、そのせいもあってか全体的に演奏レベルが高かったように思います。みんなそれほどに意識を高く持って取り組始めているということで、とても喜ばしいことではないでしょうか。私自身も今後の指導について、考える良いきっかけとなりました。本当にコンクールに来ると、自分の心の中のとっても愚かな部分が見えてきて、原点に戻るぞ!という気持ちになれます。今回頑張ったAちゃんやMちゃんも子供心ながらに同じようなことを感じてくれているのではないかしら~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

初めてのホール!

今日はjet(全日本エレクトーン指導者協会)の定例会へ。今からちょうど1ヵ月後に迫っているヤマハミュージックステージの最終打ち合わせ。楽器の配置やリハーサルの時間割り生徒さんたちのお辞儀の手順などなど~1つのコンサートを成功させるためには、しっかり打ち合わせしておかなきゃならないことって本当にた~くさんあるものなのですね。

毎年、同じような内容の仕事を担当しているのだけれど、なぜか不安(-_-;) いつもこれで完璧、ということは絶対なく、後になってから「ああすればよかった~」と後悔することばかり。今年のミュージックステージは、福岡町Uホールというホールで、いつもの慣れたホールではないので、不安は更につのる。なんたって場所すらわからないのですもの・・・

そんな思いでいたのは私だけではなく、他の先生方も皆同じだった様子で、会議終了後に数名の先生方とホールを見学しに行くことに。これはラッキー!!と車を飛ばす。

これは一体どこまで行くの!?!?と思う頃にホールに到着。福岡町というところはこんなにも遠いところだったのですね。少々驚き(-"-) 客席数300余りと聞いていたので、小ぢんまりしたホールを想像していたのですが、着いてみてびっくり!結構広々、ゆったりしたホー20080613131436 20080613131723 ルで、ステージも思っていたより広い。こんなホールもあったのですね~。音は以外にも響かないようでちょっとこもった感じがするので、電子楽器にはまあ使いやすいのではないでしょうか?ミュージックステージ参加の皆様、今度のホールは、こんな感じなのですよ(^^♪ 

とりあえず、このようにホールの下見をできたことは、とても良かった!音作りに頭を悩ませることは間違いないですが、イメージがつかめたので多少は不安もなくなりましたワ。さあ、いよいよ1ヵ月後。ここからはあっという間に日が経ってしまいます。皆様エンジンかけましょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

調理実習

今日は、娘akaの調理実習!!これまで総合の授業で調理実習らしきお料理の経験はあるのだけれど、家庭科の授業としての調理実習はこれが初めてなのです。

今日のメニューはサラダ(*^。^*) なるほど、野菜は健康のためにも、美容のためにも(!?)食卓になくてはならないメニューですものね。気軽に自分で作れるようになると、食べるのも楽しくなるかもね  今日のために子どもたちは何日も前からグループのメンバーと、どんな内容にしようか、誰が何を担当しようか~、どんな手順で・・・などと計画を立ててきたらしい。

さて、帰ってきたakaに「うまく作れた?」と訪ねてみると、ニコニコ顔で「楽しかったよ~♪」。聞くところによると、千切りキャベツとブロッコリーをボイルし、野菜にトマトとハムを盛り付けて・・・ドレッシングは担任の先生が作られたらしい。ボイルキャベツを除けば、とても美味しかったらしい(-_-;) そりゃ、私もニガテだわ。 でもとっても楽しかったと喜んでおりました 

akaも調理実習するような年になったのか・・・  私は、基本的にはお料理は嫌いではなく、気が向いたときにはお料理するのだけれど、近頃は努めて子ども達にもお料理をさせるようにしておりました。食事の好き嫌いの克服にもなるかな・・・という期待もむなしいのですが、食への感謝の気持ちは少々芽生えてきているのではないかしら?? 自分ひとりで何でも作れるようになるのは、まだまだ先のことでしょうけれど、何でも作って経験して欲しいと思っています。お恥かしながらレトルトカレーを作ることすら彼らには!?!?!?の世界のことなのですものね。私も、もう少しレパートリーを広げてみよう・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

今日のレッスン

今日は、娘akaが黒田亜樹先生という先生のピアノ特別レッスンを受ける。

akaが今練習中の、フランスの作曲家デュティユーの「田園詩」という曲は、のんびりしていてとってもステキな曲なのだけど、どう弾いたらそんな風にのんびりした独特の雰囲気に弾けるのか・・・親子で行き詰っていた所だったのでとてもタイムリーなレッスン。

こんなレッスンをして下さる先生とは、とてもパワフルで、本当に鋭い感覚を持っていらっしゃるのです。一度生徒の演奏を聴いただけで、その子の特徴、力、性格までも見抜いてしまわれる訳ですから~ただただ、尊敬! 母としてはドキドキ・ハラハラ(・_・;) 少々こっぱずかしくさえもある。

akaの演奏に対する先生のコメントは、なかなか高度でキビシイものもあり、私も痛いところをつれた気分。けど、本当におっしゃる通りなのですね。脱帽。私は聴くポイントが甘かったらしい。 そして今日の発見、先生が「ここを直そう」と思われたところは、超徹底的に教えてくださるのです。時には基礎の基礎まで立ち戻り、判りやすく、惜しみなく時間をかけて納得いくまで直されるのです。 妥協という文字は全く見当たらない。先生の音楽に対する情熱とか姿勢が、うかがえるよう。

そんなレッスンを受けたaka。レッスンが終わる頃にはくたくたに疲れておりましたが、さすがに演奏はレッスンを受ける前とは明らかに偉うのです~。ちょっとお上品で、センス良くなったような気がする(^^♪  よくダイエットの宣伝でbefore→afterとかやってるけど、それと同じ系統(^_^メ) 気のせいではナイ!

これまで、いろんな先生のレッスンをうけさせて頂きました。そのたびに本当にそれぞれの先生、み~んなタイプがちがっていて、先生方の個性を見せていただけたと思う。先生は個性的であっていいのだということでちょっと私も安心。けれど、生徒の演奏をこうやって魔法にかけたように変身させてしまうという点ではどの先生も同じ。これが本物の指導力というものなのですね~。ああ、つくづく私には、まだまだ精進が足りない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

うれしい再開

今日は母と2人、フラリとお買い物へ・・・ お目当ては、コスメ(^_^) 

私は20歳ぐらいの頃からず~っと使い続けているブランドがあり、それ以外のもに換えてみようかな~なんていう迷いは全くナシ!(単に考えるのが面倒なだけ)なので、私はお肌のお手入れ品を購入するのに全く時間はかからない!「あれとこれください」で終わり。さすがにカラー物のときは多少迷うけど・・・とにかく早い!

と、ところが!母ときたら いろんなブランドを使いまくっているためか、あれにしようか、これがいいか・・・と迷いまくり!! 日焼け止めが欲しかったらしいのですが~いつになったら決まるのかしら!?!? ま、いいや。お買い物は女性にとっては一つの楽しみ。私も他のコーナーを見てみよう・・・

店内を見ていると、なんだか懐かしい顔の店員さん。10年ぶりぐらいの再会のEさん!!! な~んと懐かしい!! 10年ぶりぐらいにもかかわらず、全く変わってないのですぐにわかっちゃう(^_^) 相変わらずおしゃべりで、人なつこい~(^_^) 不思議なもので、そんなに長いこと会ってもいなかった方なのに、話したいことは次々に湧いてくるものなのですね。 10年前の頃のことが頭の中を駆け巡る~ つくづく10年なんてあっという間!! 我が家の子ども達のことを覚えていてくださったのも嬉しかった(*^。^*) まだまだお話したかったけど、Eさんはお仕事中。邪魔しちゃいけない(-_-;)

歳月が過ぎるとだんだん疎遠になってしまったお友達って、当時の自分に振り返らせてくれる大切な存在ですね。時には思い出すと恥ずかしくなってしまうような失敗や後悔もあったり・・・それもまたよき思い出(-"-) 会えなかった間に、自分も相手もこんな風にかわっていたのね~  これから先もこうやって思いがけないところで、偶然だれかと再会!ってことはあるだろう。そんな時に、元気に身の上話ができるようでありたいと強く、強く感じたのでありました(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »