« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

ミュージカル

今日は、「第一回とやま世界子ども舞台芸術祭」という演劇祭でオーバードホールへ言ってきました。その名の通り、世界各地で演劇や舞台芸術に研鑽を積んでいる子どもたちが集まり、お互い異文化に触れ合おうという催し。

私が観させていただいたのは「夢の時間」というミュージカル!?モダンバレエ!?・・・だったのですが、この舞台、出演者はもちろん、音楽を演奏するのも全て子どもの力というからすごい!当然ながら指導や裏方に当たる部分には大人の援助があり、長い準備期間を経て今日の本番を迎えられたのですが・・・ 「子どもの力で」とは言うけれど、とても本格的で、完成度も高く、まさに舞台芸術なのですよ~

素晴らしい音楽と、ダンス。本当にステキなので観ていてうっとり。踊りにもソロあり、群舞ありで、やはり本物が与える感動は深いものがあります。こうやって華やかな舞台にたどりつくまでこの子達とその家族はどれだけの努力を重ねたのだろう。努力している・・・なんていう感覚もなく過ごせた子もいるかもしれないけれど、中にはやはり「苦しい」とか「大変」なんて感じた子もいるのではないかしら? そんなことも何もかも乗り越えてたどり着いた本番は本当に楽しく、達成感もあるのでしょうね。これぞ舞台芸術の神髄!

演奏者の中にも、バレエを踊っている子たちの中にも知り合いの子が数名いらっしゃって、ワクワクしながら鑑賞させていただきましたワ。きっと出演者の皆さんもこの舞台を通して多くのことを感じ、学ばれたことでしょうね。

20080731134841 さて、あの広いオーバードホールも、外国の方々や何かエラそうな来賓の方々でいっぱいに埋まり・・・私達が案内された客席は、5階席 ホールの天井がすぐ上にあり驚いていたのですが、もっと驚いたのは下に広がる舞台 5階まで来ると、断崖絶壁で目がくらみ、はっきり言ってコワい 私って高所恐怖症だったのかしら・・・  何はともあれ、何事も本物はすごい~ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

住民運動会

今日は地元の住民運動会があり、とても暑い・熱い一日でした。

運動会は久ぶりなので、朝からちょっぴり心ウキウキ 以前、変足百足競争やらビール早飲み(女性はジュース)やらに参加したこともありましたが、今年は”湯飲みでタッチ”という競技 湯のみに水を汲んで、離れたところにおいてある一升瓶を満タンにする速さを競う競技です。なんということもない競技なのだけど、”よーいドン”とピストルがなると、何故か燃えてしまいます いくつになっても大人気ないというのか、負けん気だけは強いというのか・・・

一方akaの方もお友達と、一緒に大縄跳びに参加先日の練習では15人で38回跳べた!と喜んでいたのですが、今日の本番では・・・!?!? なかなか練習のときのように跳ぶのは難しいようですが、まあとりあえず3位。 

そして、運動会といえば手に汗握るリレー!! 小学生から大人の方まで、町内の代表選手がバトンをつなぎます。 私は、当然ながら観戦専門。がんばれ~と叫んでいると~むむっ ウチにピアノのレッスンに来てくれてる中学1年生のNちゃんが走ってるさ、更にアンカーは小学3年生のAちゃんのママだ~!! みなさんとっても駿足で、2位とは大差をつけてダントツ1位 見ていても気分爽快なレースでしたわ。それにしても知らなかった、このお二人がこんなに走るのが速かったなんて!!! とってもステキ!! 脳ある鷹はツメ隠す・・・ってヤツかな? 生徒さんの知らなかった一面を見ると嬉しくなっちゃいます 

さて全競技が終了し、総合成績は3位 やはりいくつになっても優勝できなかったのは悔しい!! そして、ご近所の方々と一致団結して取り組める運動会ってやっぱり楽しい次回もまた頑張りましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

夏の道場

今日は、夏休みに開かれる”きらめき未来塾”という県のイベントの開講式へ この事業は小学5,6年生を対象としていて、落語文学に親しみ、楽しさを理解する「お笑い道場」、数学的ものの考え方を学ぶ「思考道場」、言葉の伝え方について考える「日本語道場」、直感的ひらめきとイメージの世界を広げる「右脳活用道場」と、4つの道場に分かれていて、自分が興味のある道場を一つ選んで参加するのです。そして、それぞれの道場では、その分野のスペシャリストが子ども達をうま~く方向付けて導いていってくださるらしい・・・私としてもちょっぴり興味あるところ

もうすぐ始まる子ども達の長い長い夏休み。40日近くもウチでゴロゴロされてちゃ、毎日母が滅入ってしまう・・・少しでも有意義に過ごして欲しい!! と言うわけで、この”きらめき未来塾”へいくことになったのです。市内のいろんな小学校から子どもたちが集まってくるので、akaにとっても新しい出会いがあり、刺激的なのではないかしら?子どもたちの”知りたい意欲”とか好奇心がうまく花開くことを期待したいものです。果たして結果はいかに・・・・・!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

みんな頑張ったね!

いよいよやってきた!Music Stage 2008 Joifull Live今日に向けてみんな、本当によ~く頑張ったね 

今年に入ってからウチにレッスンに来てくれるようになったRちゃん。今まで関わることのなかったジャンルの曲に始めて取り掛かり、悪戦苦闘しながらもよく頑張りましたね。普段からコツコツやってくるタイプではあったけど、最後の最後になってから底力を見せてくれて、演奏にどんなにいっぱい注文つけても、決して逃げ出さず、諦めず、よく頑張った(^^♪ なんといっても中学生になってから初めてコンクールにチャレンジするということで、持っている力をステージで100%発揮できるかどうか・・・が最大の不安だったのですが、意外にもあっさり、軽やかに弾いちゃう(いや、ホントは緊張しまくってたのかしら!?) ステージで弾く楽しさを十分味わってもらえたのではないかしら? 初めてのコンクールとしてはバッチリの出来栄えだったと思います これをきっかけに更に大きく羽ばたいていってね 

そして、今回初めてアンサンブルにチャレンジした、小学5年生トリオ。主としてクラシックを中心に日ごろのレッスンをしてきた彼女らにとっては、SWINGのリズム乗ることがなかなか難しくて、苦戦しましたね。(これまで経験もないものを突然コンクールに持ち出す私が悪い) でも同じ年齢のお友達同士、一つの目標に向かって一生懸命に取り組めたってことはなかなか楽しかったのではないでしょうか?当然ながら辛いこともあったでしょうけれど・・・ 前日の最後のレッスンではなんだか3人とも今までにないくらいノリが悪く、重~い気分で迎えた今日 これまた、なんだか意外にも弾けちゃった 更に、表彰式ではエキサイティング賞までいただいちゃう  あらら~!? な、なんということ?  演奏の途中、場面の変わるところで、自然に会場のお客さんから手拍子が湧いてきたのも嬉しかったよね 

今年はこのイベントにどうやって取り組むか~私自身が少々迷いもあり、取りかかりが遅く、実質準備期間はたったの2ヶ月 にも関わらず、みんなよくついてきてくれました。お疲れ様でした。そして、ご父兄の皆様、ありがとうございました。 皆様のお陰で、私もとてもよい勉強をさせていただきましたし、次への課題もた~くさん見えてきました。~そして、つくづく、私はこうやって生徒さんたちに音楽を伝えていくことが好きなんだ~と感じたのでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

美容院にて

今日は久々に美容院へ 伸びきった髪をカット。

何かと気ぜわしい日が続き、随分とご無沙汰していたので、いつもお世話になっている美容師のNさん「あら~!随分お久しぶりなんじゃない~??」 更に「もうちょっとマメにお手入れした方がいいんじゃないの?」と一言  わはははは、長年お世話になってる方なので、気心も知れているのです。私がどんなにズボラで無頓着な性格なのかもよ~くご存知で、こうやって時々渇を入れてくださるのです

いつもここに来るとなんとなく話が進み、気分も軽くなってくる上に髪もスッキリできるので、一石二鳥、いや三鳥!?!? 今日はひょんなことから、長男shinの話になっていき、この反抗期で扱いにくい時期の母の憂鬱を聞いていただきました。推測するに、私より6,7歳お姉さんだと思われるNさんは、このお店の店長さんでもいらっしゃるので、若い新人さんの教育などの経験もあってか今時の家庭での教育理念のあり方とか、しつけとか、なかなか深く考えておられるようなのです。

今日の話のテーマは、「片付け」。要は気配りする力が足りないからできない片付け。大半の人は、自分自身に責任を任された時に初めて気配りができるようになるのですって~。なるほど!そういえば自分自身もそうだった。だから、子どもには小さいうちから何でもお手伝いさせなきゃならなかったのですね。私は完全に手のかけすぎ、先回りしすぎ・・・子どもが育つわけがない!

さて、このNさんは、独身でいらっしゃるのですが母親の気持ちとか、子どもの心理状態とか本当によ~くわかってくださっているのです。更にご自分の反抗期の頃の思い出話なんぞもしてくださってあっという間に時は過ぎていったのでありました。・・・カットも終わって帰り際、「次は3ヶ月か、せめて4ヶ月ぐらいのうちには来てね」わはははははは、痛いところつかれた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

あと10日

ヤマハミュージックステージジョイフルライブまで残すところ10日間をきってしまいました。先日ピティナが終わった(^^♪と、ホッとしているのもつかの間、次々にイベントは押し寄せてくるのです。

今週は、エレクトーンソロとアンサンブルの生徒さんたちのレッスンで手一杯。・・・いやいや、その生徒さんたちのFDが立て続けに2枚壊れちゃったので作り直しに手がかかったというのが正直なところ。電子楽器の修理担当のMさんによると、フロッピースロットの汚れが原因で、FDにキズがつき楽器がデータを読み込めなくなってしまうのですって。そんなこととは知らず、日々のお稽古に励んできたRちゃんとMちゃん。お2二人のFDがほぼ時期を同じくしてこわれてしまったときには私、もう目の前真っ暗でしたワ(-"-)  ・・・とは言っても家でも最良の状態で練習させてあげたい・・・と思うのが指導者としての思い というわけで、知り合いのK先生のご自宅にこもらせて頂き(我が家のお教室にはSTAGER1台ポッキリしかない)、せっせとデータ作成。

本番まであと10日間なので、今一生懸命作っているこのFDも、もしかしたらあと10日間で使わなくなってしまうのかも知れないなぁ~なんて思いながら・・・悲しいことにたった4分弱の曲のデータを作るのに2時間近くもかかってしまうのです。それでも当然ながら完璧ではなくあちこちと手直しを入れたくなるので終わりはありませんそれを2曲分。考えただけでも気が遠くなります。

その様に昼間を過ごし、夕方近くからはいつものようにレッスン。ミュージックステージ出演の生徒さんたちのレッスンは当然気合が入ります。アンサンブルの3人組は3人がピッタリノリを揃えることが難しく・・・先ずはリズムを体で感じることから始めようとあの手この手。みんなでリズムステップをしてみたり、曲に合わせてお手玉を投げてみたり・・・効果はあったのか、なかったのか・・・ビミョーなところ。自分の弾く音を追いかけるので精一杯だった頃から見ると、少~しずつではありますが心が一つになってきているみたいね

さて、ソロのRちゃん。かなりいい感じにはなってきているのですが、彼女には何か足りない、と感じるものがあった・・・それは”音楽を感じているんだぞ”という動き!「何かお地蔵様がエレクトーン弾いてるみたいでマズイよ」 ということで、今日のレッスンでは無理やり動きをつけて演奏してみる。最初は音をはすして、バタバタだったRちゃんも根気よく練習するうちに何とか自然な感じになってきました。あと、もうちょっと自信を持って楽しそうに弾けるようになるともっといいね

FDも完成したことだし本番の日が、ちょっぴり楽しみになってきました(私にとって、こんなことは珍しい!!いつも2週間ぐらい前から焦りと心配でどんより気分が重い)。私は直前まであちこちイロイロ注意しまくりますが、最終的に弾くのは生徒の皆さん。先生がこう弾けって言ったから無理やりそう弾く・・・っていうんじゃなく、本当に自由に弾きたいように、楽しく弾いてくれることを心から願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »