« イメージング・コンサート | トップページ | 只今、模索中 »

2009年3月 5日 (木)

もうすぐ卒業式

レッスンに来てくれたM君&Rちゃん兄妹、+お母様。ドアを開けた瞬間から、なんか3人の雰囲気が明らかにいつもと全然違う。とても重々しいものを感じていた~ 一体何事か!?とドキドキしていると・・・お母様から怒りの一言。”兄妹ゲンカが激しい!”  こ、これは、どこのうちでも良くあることですね~出掛けなきゃならないときに兄妹ゲンカ。それを見ていたら自分までハラ立ってきちゃって雰囲気最悪! っていうヤツね。私もそんな経験たくさんあります~

今日のお2人さんは話を聞いていると、それぞれにイライラしていたらしい。まあ、人間誰だってそんなことはあります。・・・が、妹Rちゃんのイライラの原因というのが笑える。”学校で、卒業式のピアノ伴奏をすることになり、その譜読みが大変” だったのですって~。兄M君の方は、比較的冷静で売り言葉に買い言葉的に怒っていたのかな???

音楽が原因でケンカするなんて~とても悲しいことですが、逆にそれだけ真剣に取り組んでいた、とも言えるわけですから物は考えよう。Rちゃんは、楽譜をもらったのがほんの2日前で、そこから必死で練習したのでしょうね。責任感の強いRちゃんなので、きっとそれはそれは頑張って練習したのでしょう。歌との全体練習までには弾けるようにならなきゃならない、でも難しくてなかなか思うように弾けない、気分は焦る~そんなところからイライラは始まっていたのでしょう。・・・でもね、伴奏譜というのは、そんなカンタンに弾けるものではないのです。それなりにじっくり時間をかけて譜読みしなきゃね。そういう時間の読み方の点で、学校の先生は時々ムチャクチャ言うなぁ~と思います。  とまあ、そんなこと言っていても仕方ない。引き受けることになったからには弾くしかないのですね。ここからは時間との戦い。合唱の子達が気持ち良~く歌えるような伴奏目指して頑張りましょう。Rちゃんなら大丈夫!

そういえば、先週も今年小学校を卒業するYちゃんが、卒業式のピアノ伴奏やりたいから(学校内の)オーディション受ける、といって伴奏を持ってきてました。卒業式の歌というと私たちの時代は”仰げば尊し”とか”蛍の光”だったと思うのですが、現代は違うのですよ~。卒業式の定番というものはなく、学校の先生方は、メッセージ性の強い曲を毎年とても上手に選ばれるのです。今年は中越地震の被災者がその体験を素に創ったオリジナルソングで”私にできること”という曲。とてもシンプルなメロディなのだけど歌詞が力強くて、泣けてきちゃった。”どんなにつらいことがあっても、くじけないで前を向いて行こう~”という内容の歌詞で、なるほど、卒業式にはもってこい。

またまた今日もお話が激しく脱線しちゃった 春は出会いと別れの季節  もうすぐ1つの節目を超えようとしているのだと思うとちょっと切な~くなることもありますね。楽しくもあり、大変でもあった今年を振り返りつつ、整理整頓しましょ。 

« イメージング・コンサート | トップページ | 只今、模索中 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ卒業式:

« イメージング・コンサート | トップページ | 只今、模索中 »