« 音作りは永遠のテーマ! | トップページ | もうすぐ卒業式 »

2009年3月 3日 (火)

イメージング・コンサート

行って参りました。サウンドフォーラム・イメージング・コンサートinNAGOYA。

1月末、ウチのお教室にレッスンに来てくれてるS君、Mちゃん、Iっちゃん、娘akaの4人がこのコンサートに出演することになり、生徒の皆さんも私も、またまた楽器とにらめっこの日々が始まりました。東京の審査会には1月に送ったFDでエントリーなのですが、今回はなんといってもリアルタイム演奏会&ビデオ録画あり・・・ということで、気合も入る!

出演が決まってからの1ヶ月間は嵐のようにバタバタ~と日が過ぎていってしまいました。演奏や音の手直しも4曲となるとなかなか手ごわくて、直しても直してもあちこち気になり、終わりはない。レッスンも4人全員がいつも快調というわけではない、それぞれに山あり谷あり。さらに、コンサートに向けていろんな準備なんかもあって、あっという間の2月でした。

さて、1月のお店の大会の時でさえ、もうこの曲に飽き飽きしていたS君。はじめはインフルエンザにかかったりして、レッスンに気合が入らず、私も細かいところを追及したいけどできずにいたのですが、10日前ぐらいからエンジンかかり始めとてもいい雰囲気に仕上がってきた!今はいつもの発表会とは状況が違うという、自覚が芽生えてきたのかな!? 今回はイヤ~モードになりつつも何とか乗り越えてくれたようです。・・・が、当日のリハーサルで顔見たときは、何か様子がいつもと違う せみの抜け殻状態。前回もでしたけど、これは彼なりの緊張なのですね まあ無理もない。演奏直前は心配だったので、舞台袖までついて行ったのですが~。そこでは、司会のY先生やコンサートスタッフの先生方となんか和気あいあいとおちょくってもらっていて、本人も明るくなり私も一安心。演奏もバッチリでしたね

お次はIっちゃん。Iっちゃんをめぐっては、毎回 ”え~っ” と驚くような事件の連続。今回もやはり  今回の事件は出張。お仕事の関係でイメージングコンサート直前に1週間もどっか遠~いところへ出張に行ってしまい帰ってこられたのはコンサート2日前。青ざめたのなんのって 直前にならないと気合が入らない性分の私は、”さあ~、そろそろエンジンかけよう!” と思い始めた矢先に彼は出張・さようなら~ という状態。そんな多忙ぶりにも関わらず、コンサート前2日間はレッスンに通ってくださってまたまた信じられないような大変身を見せてくれ、ちゃんと演奏もこなしちゃう。 素朴で、変に飾らないこの曲は演奏者のIっちゃんそのもの。私も本当に楽しませていただきました。今回のこの珍事件、大変反省させられましたし、良い教訓になりました!! いつもながらIっちゃん、ありがとう(こんな事件は長い指導者生活の中で、初めての経験でしたわ)

続いて、Mちゃん。Mちゃんは、演奏はそこそこできるのだけど、何とかさらに魅力的に弾けないものか・・・というのが課題でした。”タッチを深く”、とか”場面の移り変わりをちゃんと感じて”、”フレーズを大きくとって”などなど、私からの注文は山ほど。そんな中でも最大の課題・・・彼女は何もいわないでほったらかしとくと、お地蔵様のような弾き方をしてしまうのです。いつもリズムやフレーズを体で表現してみようとは言うものの、どうも硬い。前日のレッスンでも”硬い” やら”重い”やら散々言いまくる(Mちゃん、ごめん) ところが、なんだか本番になったらリズムノリノリで、とてもしなやかに、軽やかに引けちゃう。後から、お母様にお伺いしたところ”Mちゃんは大人から『やれ』って言われても絶対やらない。そのときになったらやる” のだとか~わはは、そういえば、私もそんな部分はありましたっけ。そうかそうか、さすが母は鋭い!

最後はaka。この人の曲は元は海やディズニー・シーをイメージして作ったのですが、なんとこのサウンドフォーラム・MySong部門には90秒という時間制限があり、完成した時点ではカンペキ時間オーバー!曲をカットするのはイヤだからと、ひたすら曲のテンポのみを速くして時間を縮めたのです。・・・その結果、もともとのディズニー・シーとか、豪華客船とかのゆったりした雰囲気はかき消され、あたかもモーターボートのレースのような曲になってしまう。FDはそれでも仕方なかったけれど、このコンサートでは自由に弾きたい、ということで、テンポをめぐってあーでもない・こーでもない、と考えまくりました。おもしろいもので、テンポが変わると曲は全く違った曲に変身しちゃうのです。本当はもっとテンポを落とせば、客船っぽかったのですが・・・一度速くしてしまったものを極端にゆっくりにするのはなかなか大変なもので~これが限界。でもよく頑張ったね

皆様、自分の音楽を創り上げるという体験はいかがでしたかしら?これまで期待とプレッシャーで、本当に大変でしたことでしょう。お疲れ様でした 私自身今回もまたこのサウンドフォーラムを通して多くのことを学ばせていただきました。富山、愛知、岐阜、静岡~ところ変われば町並み・人・服装~すべてが変わるように、音楽の雰囲気さえも全く変わってしまうものなのだということが、よ~くわかり、とても新鮮でしたわ  

これからもどんどん羽ばたいていってね。そして何より音楽を楽しんでね

ご協力くださった指導者の皆様、見守ってくださった保護者の皆様、暖かい励ましを下さった友人の皆様、本当にありがとうございました

« 音作りは永遠のテーマ! | トップページ | もうすぐ卒業式 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イメージング・コンサート:

« 音作りは永遠のテーマ! | トップページ | もうすぐ卒業式 »