« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月27日 (木)

残暑お見舞い申し上げます

お盆明け、レッスンを再開してから今日で1週間が経ちました。そろそろ全員の皆さんのお元気そうなお顔を拝見できたかな・・・と思いきや、そうでもない ず~っとレッスンお休み中の方もチラホラ・・・。みんなそれぞれ忙しい日常や、家庭の事情があるので、しょうがない・・・ お~い、みんな元気かな?

さて、世間では新型インフルエンザが流行しております インフルエンザなんて、本来冬のものだったはずなのに、こんな真夏にも猛威を振るうなんて・・・イヤーな世の中になってきちゃいました。感染予防にマスク着用・・・とかなんとかいうけど、この季節マスクして過ごすのはかなり苦痛です

我が家は、細々とは言えど、大切な生徒さんたちが出入りするところなので、予防対策は万全にしておきたいところ。でも、一体何から始めたらいいの!? の状態なのです(な、情けない) とりあえず、みんなが触る鍵盤やドアはマメに消毒しておこう・・・と、消毒用のアルコールと、水なしで手を消毒できるキレイキレイだけは購入してみましたの。効果があるのかどうかは謎。

そんな訳で・・・他にも効果的な予防対策や、これだけはやらなきゃ!!的な方法があれば、是非お知らせくださいませ。こんな小さなレッスン小屋が感染源何ぞになっちゃったら大変大変!!。

おや~ なんだか今日はクラい雰囲気になってきちゃったのかな そんなことを書きたかったわけではないのよ~ 

楽しかった夏休みも残りわずかとなってしまいました。宿題がまだ残ってるーと気分重そうに言う派、夏休み前半の時点で”もう全部終わっちゃった” と涼しい顔して言ってた派、宿題なんかないも~ん!という幼稚園・保育園派、いろいろあって本当におもしろいですね もうすぐ始まる2学期も、元気に頑張っていただきたいものです。

しばらく会えずにいる皆様も、どうぞ体調管理にはお気をつけくださいませ~。早く元気そうなお顔を見せてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

楽器・いろいろ

20090824121306 今日は、グラスハープ体験講座というものに行ってきました。グラスハープというと、皆様ご存知かしら? 水を入れたワイングラスのフチの部分を指でそ~っと擦ることで音が出るのです。グラスの中の水の量や、ワイングラスの大きさを調節することで、音階を作っていくのです。

TVの新春かくし芸大会なんかで、その演奏は何回か聴いたことがありましたが、本物は見るのも触るのも初めて!! はじめはなんか怖くて、触るのも恐る恐る・・・だって、どこを触ったら音が出るのかとか、どのくらいの強さで触ったらいいのか、とか全く判らないのでもの~。 で、グラスから出てくる音は、ふわ~っと響く、なんとも神秘的で本当に素敵な音色なのですよ~。

講座では、「崖の上のポニョ」を参加者の先生方と、アンサンブルすることになる。今回は初心者ばかりということで、ハンドベルやトーンチャイムと同じように、一人一人担当の音を決めてのアンサンブル。 幸か不幸か、私の担当は、一番低い低音、いわゆるベースですね 常に恐る恐るやっていたので、ビミョーにリズム感がなかったりする・・・演奏には、その人の人柄がよ~く表れるもので・・・これのおかげで私が小心者かつ集中力が全くない!ということがよ~く皆様に伝わったのではないでしょうかお恥ずかしい限りです。

このグラスハープとは、本来楽器なわけではないのですから驚き。楽器屋さんに行って”グラスハープくださ~い”なんて言っても買えるものではないのですよ~。これもまた求める音に向かっていろいろグラスの大きさ、水の量などを試行錯誤を重ねられたのですって。そのうちに出てくる音域が広がっていき、それにつれてレパートリーの幅も広げていかれたのでしょう。楽器ではないものを楽器に作り上げていく・・・これはすごい年月と手間がかかっていることはお話を聴いていたらよくわかった!! 

私たちが普段弾いてる鍵盤楽器は音階がはっきり目で見えるので、それが当たり前だと思っていたけれど、他の楽器では音階はこんなに判りやすくないのです。私は子ども時代に実はトランペットの経験が少々あるのですけど、まず音が出るようになるまでが大変・やっと音が出るようになったら、次は音階を覚える。これがまた大変。曲が吹けるようになるのはそれから・・・なのですね。今振り返る、当時は何を思ってやってたのかな?なんで続けなかったのかな??

さて、少々話が脱線しちゃいました このグラスハープやっていたら、またまた血が騒ぎ出した  鍵盤楽器を通して育ったみんなの力をいろんな風にお料理しちゃおう 鍵盤だけではもったいない!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

お気に入りメニュー

今年は冷夏で、夏らしい日が少ないですね。夏・・・というと私は毎日生姜をたっぷり入れた素麺ば~っかり食べて過ごしていたのですが・・・今年はそんなに素麺が食べたい、とは思いません なんか、夏らしくないなぁ~ 皆様はいかが?

私は結構前から気になっていたお料理がありまして・・・なんとなく食べる勇気がなかったのよね。その名も”盛岡冷麺”。先日友人が、”おいしいよ”と勧めてくれたのがきっかけで、さらに興味がわいてくる!!  スーパーで乾麺(半生かな?)の状態で売っていますが、そのパッケージの写真を初めてみたとき、ぎょっとしました。麺の上にキムチとスイカやら梨やらがのっかっているのよね ”そんなヘンな組み合わせはゼッタイ食べられない!!”と思っていたけれど、毎年夏になるとスーパーに登場してくるのよね。なんかここまでくると気になってしょーがない!食べてみないと気がすまない!!

今日は、”これを作る”と言ったら、家族みんなが猛反対しましたので、しょーがないからフDscf0040 ルーツはのせないで作ることになる。調理そのものは、冷やし中華と全く同じなんだけど、やはり具の組み合わせがちょっと冷やし中華とは違うのです。マンネリ防止にはもってこい。さらに麺の感じがコリコリ・もちもちしていて、この食感はなんとも珍しい感じ。・・・ですが私はとても気に入りましたの♡次は是非スイカも一緒にのせたい

暑い夏、ひんやり冷たい麺とピリ辛のキムチはなかなかの組み合わせでよいのではないかしら?キムチは多めにのせると良いでしょう 皆様も、是非お試しあれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

新地開拓

明日(20日)まで、レッスンはお休み~、とは言いつつも何かコマゴマとしたお仕事ってあるのよね。 今日は、今月末に迫ってきたバスティンコンサートの打ち合わせ。

”バスティンコンサート”というのは、このバスティン先生の教材の特徴を紹介しながら、実際にこの教材で音楽を学ぶ子どもたちによる演奏を綴っていくコンサート。本当の音楽の入り口の部分では、ついつい”まだ習い始めたばかりで何も出来ないから・・・” と篭ってしまうけれど、逆にこの”始めたばかり”の力でもこんなにすごい事が出来ちゃうよ~と発想の転換をしていただきたいものです~

私はこの教材を最後まで使いきって生徒さんを育てたわけでもないのに、コンサートの一部司会と解説なんぞをすることになりずーっと頭を悩ませておりましたの。自分自身が実際の現場というものを体験していないものを人に伝えるのは難しく・・・こんな仕事をお引き受けしてしまったことを何よりも後悔しました。 ・・・が、これまたいつものように不思議と事態は進んで行き、当然ながら周りの先生方に助けていただきながら、とりあえず司会原稿らしきものができてきたような気がする  ここまで来れば、一安心できるかな     堅苦しい解説を堅苦しくなさそうに伝えるのは難しいので、会場の皆さんも参加型の解説にしたら・・・あらら、皆さんを巻き込む練習をしなきゃならないじゃない  一つ解決したと思ったら、また一つ新しい問題が・・・ 結局悩みは尽きない。

私はこのバスティンピアノメソッドの研究を一昨年からはじめ、実際に教材を使い始めたのは昨年になります。とても特徴的なこの教材を使ってみて、だんだん中身が分かってくると、今まで別の教材を使ってきた中で気付かなかった部分・見落としていた部分がはっきり見えてきます。そんなこともあって、使いやすい・使いにくいはヌキにして、この教材を勉強してみてよかったなぁ~と心から思っておりますの。いろんなメソッドを使いこなして、自分の引き出しをたくさん持ちたいなぁ~と強く感じました。さらに、今回のこの司会事件もまた、マンネリしつつある頭に刺激を与えてくれることでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

カキ氷談議

カキ氷というと・・・やっぱりいちご味よね~

昨日・今日と暑い日が続きます。我が家では、昨日になってからやっと今年初めてのカキ氷機が登場しましたの。今年はあんまり暑くないから、カキ氷も作らないだろう・・・と思っておりました。 娘が突然”(お友達と)カキ氷を作る!”と言い出したのだけど、予期せぬ事態にカキ氷用シロップなんかないし、氷もフツーのものしかない。そんな訳で2人にお遣いがてらスーパーに買いに行ってもらいましたの。

もうそんなに何回も作らないだろうから1本で充分、と言ったものだから、お2人さんは味選びに迷ったらしい。メロンにしようかレモンにしようか、ブルーハワイもいいな~と・・・。で、結局レモンを買ってきましたの。???彼女らに言わせると、”いちご味は赤ちゃんっぽいからイヤ、みぞれはおばさんくさいからイヤ”なのだそう。 なにそれ  私にはレモン味のよさが理解できない ブルーハワイなんて問題外 やっぱ、カキ氷はいちご味よね~練乳かけていちごミルクとか バニラアイスをのっけたり 暑かった昨年は、いろいろバリエーションを楽しみましたけど、今年はもうダメだ

そんなことを話していたらおもしろかき氷の話になっていく・・・。前にブドウ味を食べたことがあるよ、とかオレンジ味を見かけた・・・とか。パイナップル味も見かけたことあります。怖くて食べようとは思えなかったです もう何年も行ってないけど、”山川のいもや”さんのカキ氷。よくグルメ本なんかにも戴ってます。氷がシャリシャリしてておいしいのよね 抹茶ミルク(だったかな?)が大好きで、当時、スーパーに行くと抹茶シロップを探したけれど、意外なことにどこのお店に行っても見つからなかったのよね~。

今度おもしろカキ氷を見つけたら、ぜったい食べるぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

ママさんたちへ~

8月に入ってからウチのお教室には、3~4歳のおちびちゃんがチラホラやってきてくれるようになりました。面白いもので、生徒さんたちは他人同士でありながら、同じような時期に同じような年齢の生徒さんがレッスンを始められる~というのは良くあることで、いつも不思議だなぁ~と感じております(笑)

3~4歳のお年頃というと、幼稚園・保育園で言うと年少さんにあたるので、まだまだ幼い♡かわいい♡無邪気♡ そんな子どもたちが初めて音楽と出会って、育っていくわけですから私としては責任重大。 音楽の入り口の部分でつまづいてしまうと大変ですから、始めの部分には最も情熱を燃やしたいところ・・・とは以前にもお話しましたかしら。

ところが、こんなお年頃の子が、じーっと座ってピアノに向かうわけがない。同じことを何分間も続けられる訳がない! のですよ ですから、歌を歌ったり、リズム遊びをしたり、時には数字のお勉強をしたり(指番号に結びつけるため) 絵本を読んだりするのです。 はっきり言ってピアノのレッスンに来ているのに、ピアノ以外のことのほうが多いじゃん~ の状態ですけれど、今やっているコレが、実はとてもとても大切なことなのです。今は断片的で、何をやっているのかわからないようなことも、いずれ全てつながっていきますから、ご安心

このお年頃の我が子のことを”これで良いのかしら”と心配したり、自信をなくしてしまったり~のママさんもいらっしゃることでしょう。・・・でもね、よ~く考えてみよう。社会経験まだわずかな子どもたちにとって、家族でもない、幼稚園の先生でもない、同年代のお友達でもない、”(お稽古事の)先生”という存在を理解するのはなかなか難しいのよね。まずはコミュニケーションを取れるようになることを目的に色塗りなんかもしているわけですから、焦らないで進めていこう お宅のお子ちゃまは、決して出来ない訳ではないですよ~

今お預かりした生徒さんたち~真っ白なキャンバスに自由に一筆ずついろんな色をのせていくのと似てるね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

弦楽アンサンブル

今日は、”N響メンバーによる名曲コンサート”というコンサートに行ってきました。弦楽アンサンブルによるコンサート。

まずはハイドンによる弦楽四重奏曲代77番「皇帝」。弦楽アンサンブルは、そんなにたくさん聴いたことないので、聴く度に新しい発見があります。四重奏というと、低音がない小編成で軽やか~な感じがとても素敵です。この曲って、とても有名な曲なのですけれど・・・お恥ずかしながら1楽章ぐらいしか知らなかった全部で四楽章まであるのですが・・・こんなにまじまじと全楽章聴いたのは初めて どの楽章も特徴がハッキリしていて、とても面白かった

続いて弦楽のほうにはコントラバスが入って五重奏になり、ピアノも加わってショパンのピアノコンチェルト。これを今日はどうしても聴きたかったのです~。このピアニストは、高校1年生。長男shinが、ちっちゃかった頃からいつも憧れ、慕ってきたお兄さん的な存在だったT君というお坊ちゃまで、いつもそれはそれは素敵な演奏を聴かせてくださるのです。今日のコンチェルトも、とっても感動。N響メンバーの弦の中でこんな演奏が出来るなんて~すごすぎる。音楽次から次へと溢れ出てくるみたいで、とにかく感動しっぱなしでしたの。 このT君自身はもちろんすごいけれど、彼を支え続けたご家族も素晴らしいなぁ~ 

このように自分があまり詳しくない分野の音楽を聴くと、とても新鮮で、しばらくはそれにはまってしまいます。音楽講師たるものこうやって視野を広げていかなきゃね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

久々のサッカー観戦

昨夜、電話にて長男shinの部活の顧問の先生からお呼び出し ”○○○君(長男)が39℃の熱を出されましたのでお迎えに来ていただけませんか~”  え・・・ 

長男は、部活の北信越大会で新潟に宿泊中でしたの。出発する日、何か体調悪そうかな~??? とは気付いていたけど、引き止めることは出来なかった。中学3年生・最後の大きな試合で(スタメンとは程遠かったけれど)お休みするのはイヤだった気持ちもわからんでもない。3年間一緒にやってきた仲間たちとの大切な思い出になるはずだった~。けれど、やはり ヤツはもともと扁桃腺が大きくてすぐに高い熱が出てしまう。

あらら~やはり、ムリさせるべきじゃなかった、と後悔しても後の祭り。周りの皆様や顧問の先生にも迷惑かけるわけには行かないので、しょーがないから迎えに行く。今回の宿泊先は新潟県の月岡温泉。山形県よりの新潟県なので、片道4時間約300キロの道のりらしい。それをなんと、朝の7時に宿に着くように迎えに来て~と言われるので笑っちゃう な、なんじゃ・・・そのクレイジーな時間は

さて、月岡温泉とは・・・なんかとってものんびりした風情があって、素敵な温泉街でしたの。朝6時半過ぎに現地に着いたのですが、あちこちからなんか煙が出ていて何かな?と思っていたら、なんとお饅頭屋さんがお饅頭を蒸す湯気だった。そんなところもまたほのぼのしていて素敵 聞くところによると”美人の湯”だとか。こんなバタバタした状態じゃなかったら、絶対浸かってみたかった!! 

Dscf0036_2 こんな遠いところまではるばるやってきたので、長男の体力が続く限りサッカーの試合を観戦してから帰ろう!! と思い試合会場へ行ってみると、富山から応援に駆けつけた方々も結構いらっしゃるじゃないの~。ここ一年ほど、ゆっくり試合観戦なんてしていなかったので、久々の試合はなかなか面白い!! さらに、さすが北信越大会ともなると、みんなうまくて迫力が違う!! 3年間一生懸命練習してきて、楽しいことばかりではなかったでしょう。悔しかったことも辛かったこともあったでしょう。いろんな思いで迎えた今日の試合なのだと思うと、ちょっとじ~んときちゃった 強豪が集まる試合ということで残念ながら初戦突破ならず~でしたけれど、総勢50名の部員たちが一致団結して、かけがえのない経験を出来たことでしょう。本当にお疲れ様でした。

新潟からの帰り道・・・試合を見た後の感動と余韻からか長男の体調はしばらく小康状態を保っていたかのようだったのがドンドン悪化 やはり、病は気から、なのですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »