« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

才能ある人

先日、朝の特ダネ!で、中国の天才ピアニスト牛牛くん(にゅうにゅうくん)が出てた~。彼は、まだ12歳という若さにもかかわらず並々ならぬ才能と輝かしい実績を持っている。年齢制限に引っかかるため有名どころの国際コンクールに出場できないけれど、いずれ間違いなく注目を浴びるピアニスト!!・・・と噂されているのですって~

番組の中では、”くまんばちの紀行”、”トルコ行進曲”、”キラキラ星変奏曲”の3曲を演奏しておられました。 その中で”トルコ行進曲”が、ものすごかったこれは、一体全体何本の手があるの!?っていうほどいろんなメロディが同時に聴こえてくるの~ それも弾いてる本人はいともラクラク 私たちが普段弾いてるトルコ行進曲の何倍も難しそうでしたワ きっと、この映像はYou tubeで観られることでしょう。皆様、是非ご覧下さいませ~

キラキラ星は、とってもステキな演奏で思わずうっとりしちゃった その前の2曲が華麗なテクニックを披露するような曲だったので、シンプルにうたい上げる場面がとても対照的でジ~ンときちゃった。何せよく動く指!! 「何弾いてるのかわかってるのかい?」と聞きたくなるほどよく動く。決して大きくないあの体のどこからあんな音が出てくるの~!? ・・・と画面に釘付けになってしまいましたワ。

彼は、中国の貴族の家系の出身なのだとか・・・そういわれれば、なるほど、12歳とは思えないほどの落ち着きと、品があって、なんかオーラが出ているような気がする 3歳のときに、誰も教えてないのに初心者用の教本を1冊自力で弾いてしまったのですって。それでお母さんが我子の才能に気付いたとか。1日の練習時間は4時間くらい。これって、決してピアニストとしては多くない練習時間なのですが、牛牛くん曰く「集中して能率よく練習すればこれで十分」なのだそうな ピアノのほかに、ヴァイオリンや水泳も得意なんですって~

世の中、ものすごい才能を持って生まれてきた人はいるものなのよね。きっと牛牛君の場合は努力もぜ~んぜん苦じゃなくて、音楽が好きで楽しくてしょうがないのでしょうね。終止笑顔を絶やさず何事も前向きで、凛々しい少年。 でも、こんな風に若くして注目を浴びてしまったら、この後のプレッシャーってものすごいんだろうなぁ~とも思いましたの。何せまだ12歳。ここからは、更に視野が広がって、いろんなことに気付いていくことでしょうから。   こんな並外れた天才にはそんなもん関係ないのかしら??? ・・・ま、とにかくこのステキな演奏、いつまでも聴かせてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

信じる?信じない?

家の窓が汚れていると、幸運を保っておく力がなくなっちゃうの 皆様そんな話ご存知でしたかしら??

今日、ひょんなことからそんな話を耳にしちゃったものだから、凝り性の私は気になってショーがない。何だろうこれ?風水かな?はたまたなんかの開運術?

誰でも、玄関は何かと気になる場所ですから、毎日お掃除されることでしょう。”幸運が入ってくる場所”とも言うしね。 でも、正直言って窓って、あまり掃除しないのよね~特に一年に一回しか掃除しない窓なんかもあったりして(笑  こんなことでは良くないらしいので、これからはちゃんと窓もマメにお掃除しよう!!と心に決めましたの。またいつもの○日坊主の可能性大!

そういえば・・・以前に風水に少々ハマっていたこともありました。この方角にはこの色、この場所には観葉植物、という風に。でも・・・だんだん飽きてきちゃうのよね。特に私って模様替えが好きで、何故か春と秋には無精に血が騒ぐ。そうするとだんだん風水からかけ離れてきちゃって、断念。

さらに、風水的には家具の配置など大掛かりな模様替えやってると、その家の長男にとばっちり(病気・けが等)がくるという話も聞いたことあり・・・気分は複雑。ホントの話かな!? といっても、そんな大掛かりな模様替えは私にはできないんだけどね

窓といい、模様替えといい、どこまでが真実なのかは謎ですが、とりあえず人並みにお掃除しておこうっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

星に願いを♪

皆様、流れ星ってご覧になったことはありますかしら?・・・私はこれまで生きてきた中で、たった2回 いずれも突然の出来事過ぎて”今のって流れ星だよね” と確認することのほうが先で、願い事どころの騒ぎではなかった~ よく、10分間星空を眺めていたら絶対流れ星1つぐらいは観られる・・・というけれど、ホントかな? 

世間では、オリオン座流星群というものが見ごろを迎えているそうで・・・昨日、例の天体オタクの娘が、「今日は流星群をみなくちゃ~」と、とても張り切っておりましたの。昨日は、とても寒い寒い夜だったにも関わらず、10時ごろベランダに出て夜空を見上げておりました。結構たくさんの星が出ていてとてもキレイだったのですが、何せ寒く しばらく観ていたけどダウン

今日になったら新聞にも記事が載っていて、お恥ずかしながら初めて詳しい内容を知る・・・夜10時過ぎから、1時間ぐらいの間に東の空に多く観られる、23日頃までが見ごろ、とのこと。私たちは南の空を眺めていたよね~、そりゃーダメだったね~と大笑い。で、今日こそは!!と張り切っておりましたの。

今日は、昨日と比べると随分暖かくて過ごしやすい夜でしたので、準備万端・張り切って10時に外へ出てみる・・・あれれ今日の空は雲ばっかりで星なんて全く見えないじゃないの ”せっかく10時まで起きてたのに”やら何やらぶーぶー文句言う天文オタク。  

23日頃までが見ごろ・・・ということは、まだもう少しチャンスがあるようですが、問題はお天気なのですね。天気予報によると、夕方~夜にかけて曇りみたいで、イマイチ 

正直言って”流星群”といわれても私はピンと来なくて ??? の世界だったのですが、新聞記事や娘の話を聞いてるうちに、何故かどうしても観たくなってきた!!(単純) たった1つの流れ星を観ただけでもなんか感動していたのに、それがいくつも観られるなんて  そりゃー観なくちゃ 明日も絶対チャレンジするぞ ちなみに、娘は、流れ星に願い事したいから観たいのですって~ 女の子だね 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

久々にエレクトーン練習したら・・・

先日、3人の大切なお子ちゃまたちを我が家の音楽教室に預けてくださっているM家にD-deckというコンパクトタイプのエレクトーンが納入されたのですって。楽器をめぐっては随分迷い、悩まれたようです。お買い替えにはタイミングってものがあり、将来性、嗜好の問題もあるし、そりゃ、当然よね。でも、子どもたちの年齢や、レッスンの進度を考えると最良の選択をされたと思います

このD-deckという楽器は、本当に優れものなのですよ~。(私も実は欲しくてたまらない!!)楽器としての機能はSTAGERのスタンダードと全く同じなのですが、気軽に持ち運びができる。STAGERも持ち運びができるとはいえど、2人以上の大人がいないと運ぶことはできないのです。運搬もワンボックスの車なら1回でいいけど、それ以外の場合は2回(又は2台)必要。一方D-deckのほうは、一人でラクラク持ち運びでき、車も一台でOK!! 魅力的だと思いません~!? そんなもん、私が買ってどうするの!?楽器はあっちにもこっちにもゴロゴロあるじゃん!! と家族は言うけれど  いやいや、ホントーに欲しい一台なのよ!! 絶対何とかするぞ!!

さて、ここからが本題・・・今日は、そのM家のD-deckを一日も早く使いこなせるようになってもらおうと、練習用フラッシュメモリーを作る。とりあえず発表会の曲を楽しく弾けるようになってもらいたいのだけど・・・データの使い方から教えていかなきゃならない訳です。ついあれもこれも・・・と欲張りたくなってしまうのですが、そこはぐっとガマン!! きちんと手間隙かけて進めていこう~

発表会の曲を録音して、いつでも聴きながら練習できるようにしよう、と思いついた。・・・のはいいけれど、最近またまたピアノ弾きたい病で(例のピアノの先生の本の影響か!?)エレクトーンはご無沙汰でしたので、ミスタッチ続出 はっきり言って、我ながらヘタクソ。で、朝から猛練習。ちょっと前にやってたドラマ”ブザー・ビート”のテーマソング ”イチブトゼンブ” と”アルルの女よりファランドール”を録音することになっていたのですが・・・この2曲、あまりにもジャンルがかけ離れすぎ 弾き方もノリも、全く別物だ~  と愚痴っていても仕方ないので、ひたすら弾く いざ録音するとなると、妙に緊張しちゃうし、ちょっとしたミスも気になるしで、弾いて弾いても満足いくものはできないのよね。今日も、3分弱の曲を2曲録音するのに所要時間3時間 はたから見ると異常に見えるかもしれないけれど、そういうものなのですよ  

3時間弾いてたら、疲れちゃった けど、若かった頃は楽器弾いて3時間なんて別にどうってことなかったよね。(同業の方、そうだと思いません?) 私なんて一日パジャマ着たまんま楽器の前で過ごしてたことも日常茶飯事。ボサボサでもワヤワヤでも全く気にならなかったんだろうね(笑) 母なんて”女の子なのになんてカッコしてるの!?”とかナントカ言って激怒してたけど。あんな時代が懐かしいなぁ。夢中で弾くことができた時代~もう戻れないのかな? (~戻っても困るか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

学ぶ・・・

今日もまた某セミナーに行ってきました。素晴らしいF先生の講座です。今日の内容は、初期のアプローチについて。例のバスティン・メソッドがお話の中心となっているのですが、これって、バスティンだけに当てはまる内容ではなく、全ての音楽指導者が聴いて勉強になるお話だったように思いました~。

今日、最も刺激的だったのは・・・全調メソッドの意味。 私は、バスティン先生のテキストに出会う前から、ことあるごとに何でも全調に移調して生徒サンに弾かせていました。それこそ、メリーさんの羊とか、ぶんぶんぶん のあたりから。 私自身もそうやって育ってきたし、移調することはそんなに苦ではなかったのです。さらに、”初期の段階で、黒鍵を積極的に弾かせたほうが良い”っていう話を聴いたことがあったし、どんな調の曲も抵抗なく弾けるようになって欲しい、という思いからそうしていたのです。・・・が、今日のF先生のお話を聴いていて・・・”あ~、なるほど!!” と思った。

作曲家は、曲に想いを込めて曲を作ったけれど、実は調そのものからもう表現は始まっているのですね。例えば、明るく軽快な曲はFdur(ヘ長調) 力強く堂々とした雰囲気はEsdur(変ホ長調) というように。そんな作曲家の想いを知る近道としての意味が全調メソッドにはある~というお話。

これは、私、なるほど~ と感動してしまいました。そんなことは考えたことがなかった!! 私も少々作曲の勉強したり、作曲を教えたりもしてきたけれど、”調”の持つイメージって、考えたことなかった けれど、言われてみればその通り。目からウロコ・・・ あまりにも当たり前すぎて気にもしてなかった~

・・・と、なんともオッタッキーなことばかり書いちゃったので、ここらで一息。今日は、F先生Dscf0048 がセミナー中にお勧めの(!?)書籍を紹介してくださいましたので、思わず購入してみる。わはは、なんじゃ、この本!? すご~いピアノの先生が出版された本なんだって。チラリと中身を見る。これはきっと、”女性とはいえど しっかり自立した人生を” ・・・って言う内容の本なのかな!? 今週はちょっと研修やら何やら忙しかったけれどー ここからはしばらく読書に耽りましょうかしら なんたって秋だものね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

私流とは・・・!?

今日はヤマハのエリア研修。朝、高速バスに乗らなきゃ!! とバタバタ大忙しのときに限って友人から電話が立て続けにかかってくる、一緒に行く予定だったK先生が突然行けなくなったと連絡がくる、さらに今日履こうと思っていた靴のカカトが壊れちゃってる・・・とハプニング続出  ~にも関わらず何故かバスに乗れちゃう 不思議~!! バスの中では、自分が運転しなくてもいいので心行くまで爆睡させていただきました

さて・・・今日の研修は中級の指導についてでしたの。そういえば、私っていつも初期が最も大事、と思っているけれど、大切なことをおざなりにしてた・・・。丹精込めて育てた芽でも、芽のまんま放置しておいてもきれいなお花は咲かないわけで、芽が出たらその後も手抜きは禁物なのですよね。音楽の場合は・・・初期で音楽の基本やルールを理解し、自分の力でとりあえず曲の形ができるようになることが目標。(これが音楽の芽ね) 中期では自分の意志を持って音楽表現をできるようになっていって欲しいと思うのですが・・・これは本当に難しい!! いかに、欲や個性を引き出して、音楽性に結び付けていくか・・・というのが私たちに求められる所 これを深く追求しないと・・・生徒サンに楽譜を教えるだけになっちゃうのですね 音は間違ってないかな?リズムはどうかな?テンポは・・・??? みたいな それはマズイでしょ!! 私は楽譜を教えたいわけではなく、音楽を伝えたいのですから~ 私的に思うに、曲の背景とか、作曲家の思いを理解した上で、自分はどう弾きたいか~と方向を見つけて欲しい。で、自分の思うように弾く、思う音にするための奏法を私も一緒に考える・・・というのが理想的かと思いますの。(手や体のつくりは一人一人違うわけですからみんなに判子で押したような奏法が当てはまるわけはないでしょう。)そんなことをしていたら一曲に膨大な時間がかかるのですよね。それじゃ進まないからどこかで線を引かなきゃならない・・・(そこがツライところ) 

音楽表現や、音楽を感じる気持ちを育てるにはいろんな方法があるのですね。私は、お話やイメージの世界でちょっと視覚的に音楽を伝えていくタイプだと思っておりますが・・・時には音楽論理で伝えていくことも必要なのかな~(なんかヤだけど)いくら言葉ではわかっていてもなかなか音につながらないっていう現実もあるのですよ~  ホントに難しい!!

どんな先生もいろいろ工夫して試行錯誤を繰り返していらっしゃるのでしょうね。 私流の指導法とは・・・ またまた迷っちゃうじゃないの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

親睦深まる♪

爽やかな秋晴れの空の下、今日は年に一度の住民運動会。 数日前から、”○○の競技に参加してね”と役員さんから依頼されており・・・少々億劫ながらも出かける・・・

グランドに到着したときには、もうすでに競技が白熱し、砂埃なんかも上がっており~ チラッと観てるだけで気分が盛り上がってきちゃう。つくづく単純  

こうやって町内対抗の競技の様子をじっくり見つめていると・・・友人・知人の普段見ることのない素顔を見ることができるのですね ちょっとお話したことある程度の知人や、最近ご無沙汰してしまっている方にもなんだか親しみがわいてきちゃう。 ので、なんか今日はお友達が増えたような気分。(実は勝手な一人よがりね

さて、肝心の競技のほうなのですが・・・ 私にお呼びがかかったのは、湯飲みで水を運び、一升瓶が満タンになるまでの速さを競うものでしたの。 なかなか参加者が集まらなくて人気なさそうな競技なのですが、いったん競技が始まるとみんな真剣になって燃えてしまう、結構盛り上がっている!! これは私的に思うに、単にこの競技のネーミングが悪くてみんな引いちゃうのではないかしら? その名も”湯飲みでタッチ”    わははっ~ 余談になりますが、湯飲みの水をこぼさないように走るのはなかなか難しいのです

さらに、変足百足競争にも出場することになり・・・3人4脚で走る!! 何の打ち合わせもなく、突然決まった3人4脚なので、当然練習はナイ。・・・にも関わらずちゃんと止まらず走れてしまうところが面白い

ちょっと走っただけでも息が切れるし、体は動かない。これは、体を動かすように心がけなきゃ、と思っていたところ・・・百足を走った後ぐらいからなんか腰が痛い 腰痛とは無縁だった私が・・・腰が痛いって、こんなことを言うのね・・・ 初めて知ったかも ホントーに運動不足なんだなぁとつくづく反省しましたの。動かなきゃスポーツの秋だものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

いろんなスタイルを楽しんでね

久々に音楽の話題です。

世間では小学校は学習発表会、地域の連合音楽会、中学校では合唱コンクールと、行事に追われております。毎年のことなのですが学校行事のピアノ伴奏をレッスンに持ってこられる生徒サンが数名・・・

話を聞いていると、この学校のピアノ伴奏の世界もなかなかシビアな様子。今や、ピアノを習う子はた~くさんいる時代ですので、伴奏を希望する子は山ほど。その中から誰よりも弾きたい意欲を持った生徒さんが伴奏者として選ばれるわけです。選抜方法は校内オーディション 思わず、げ・・・

これでも私某合唱団の伴奏を務めていた経験がありますので、伴奏に関してはちょっとうるさい!! これだけは譲れない、という部分も少々あり。

中学生のYちゃんは、先日オーディションを受けたいから~というので伴奏のレッスンを1回見させていただきました。伴奏者の役割みたいなものをコンコンと語ったところ・・・その甲斐あったのか(!?)めでたくオーディション通過。良かった良かった。今年の合唱コンクールはなんとあのオーバードホールで開かれるとのことなので、弾き応えもバッチリでしょう そんなことはめったにできる経験ではないので、頑張って欲しいものです

さらに小学5年生のMちゃんは、学習発表会と連合音楽会で合唱の伴奏をすることになった、と楽譜を持ってきたのですが・・・こ、これは!! オクターブやらトレモロやらの連続で、はっきり言って手もあまり大きくない小学5年生の弾ける曲ではない!! 一体どんな人が弾くと想定した伴奏なのかな!?!? しょ~がないから、Mちゃんの手にあわせて、ちゃんと聴き栄えするようにアレンジしましたの。その結果少々弾けるようにはなってきました。・・・が、何せ難曲、テンポのキープが大変な様子。がんばれ~!!

伴奏とは、歌やメロディを演奏する方が、気持ち良~く音楽を表現できるためのお手伝いをするものなのですね。そのためには、テンポのキープ、曲の中の場面の切り替え、音のバランスは、とても大切な要素なのです。 なにはともあれ、伴奏はとても勉強になるので、ホントに頑張っていただきたいものです。当日を迎えるのが楽しみ楽しみ こんな風に、ピアノソロ以外のことをやることで、音楽の幅が広がっていってくれるといいね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

歯の健康

先月から歯医者さんに通っておりますの 実は奥歯の詰め物が取れた状態で1年半ほど放置しちゃってた(我ながらズボラ) 

そんなに長い間放置していた歯を治さなきゃ!! という気にさせてくれたのは、何気な~い世間話の中で”近所のお医者さん”の話題が出てきたのがきっかけでした~ もし、あの時そんな話をしていなかったら、きっと未だ放置の状態だったことでしょう。Iっちゃん、ありがとう

10年ぶりくらいで、恐る恐る歯医者さんに行くことになり、きっとあっちもこっちも虫歯だらけなのかな~と覚悟を決めておりましたが、意外にもそんなに虫歯はなかったらしい。 詰め物の治療のほかに虫歯一本。 なぁ~んだ、そんなのすぐ治るじゃん と思っていた・・・。

ところがその数日後・・・別の歯の詰め物が取れる!! ま、治療のついでだからいいや、なんて思っておりました。 歯医者さんで、その取れた詰め物をもう一回くっつけてもらってOK。・・・と安心していた矢先、今日またまた別の歯の詰め物がポロリ・・・ 一体どうなってるの~ こんなに短期間の間にあちこち取れるってことは、相当ガタがきてるってことなのかな 10年以上前に治療してもらったものだからムリはないのかもしれないけど・・・なんだか常に歯のどこかに穴ぼこがあいてて、不快なのよね~ これを機会にちゃんと治してもらおっと。 歯の健康は大切ですものね。 たった2本の治療のはずが、最終的には一体何本診て頂くことになるのやら・・・ レントゲンやら型取やらで、実はまだ一本も治ってない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

これはラッキー!!

実は私、ネットオークション大好きなのよね~

ここしばらくご無沙汰しておりましたが・・・また燃え始めた。いつもながら気まぐれ オークションは、買うのも売るのも好きでこれまで数々の売買をしてきたのですけれど、最近はすっかり買う方専門(というよりもう売れるようなものが我が家にはナイ)。

今回も・・・一昨日、たまたまオークションのコーナー見ていたら前から欲しいなぁ~と思っていた○○が(店頭で買うと5000円相当)100円からスタートしておりましたの。もちろん新品。これがドンドン競り合って価格が上がっていくわけですけど・・・。こりゃー落とさなきゃ気がすまない!!

プロのオークションなので、同じ製品が100円スタートでいっぱい、チャンスたくさん! まず一昨日夜。だんだん価格が上がっていって3000円くらいまでいっちゃったので、諦める。1時間おきぐらいで次々落札されてたけど大体どれも同じくらいの価格でしたの。そして昨日昼間再チャレンジしてみる。あんまり時間がなかったのでじっくり待てず2200円くらいまでのところで私が時間切れでダウン。昨日深夜、やはり3000円前後で落札されていた・・・やっぱりこのくらいの金額までいくのか~と半ば諦めモードで、今日昼間再トライ。(なかなかしぶといでしょ) これが・・・時間帯がお昼頃の穴場でちょうど良かったのと、最後まで競った相手が初心者っぽかったのでラッキーなことに1500円で落札しちゃった なぁ~んとラッキー  2日間もPCの前でじーっと待って良かった 多分同じ製品で10個以上のオークションに出入りしまくったと思う・・・(アホだね)  

・・・さて、この1500円でゲットした製品も、送料と代引手数料合わせると3500円位になっちゃうんだよね~ なんじゃ、そんなことならお店で買うのとそんなに変わらないじゃん と思われるでしょう!? いやいや、それがね~ この、いくらで落札できるかドキドキ・ワクワクっていう感覚が、またスリルあって楽しいのよ~ プラス、今回のようにず~っと観察してきた中で一番お得にゲットできちゃうと、さらに快感 

そんな訳で・・・またしばらくオークションに燃えそう(笑  

皆様、お得にゲットする裏ワザについて共に語り合いましょう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »