« 習い事をするなら・・・ | トップページ | 偶然とは »

2009年11月 7日 (土)

ホールともお別れ

今日は娘のピアノの発表会。夏から今日に向けてバッハの”イタリア協奏曲”を練習してきましたの。

この曲って娘にとっても私にとっても大曲で 弾いても弾いても思うようには弾けない。協奏曲、というからにはソロの部分もtuttie(合奏) の部分もありで、それをピアノ一台で表現するわけですから、どう弾けばそうなるのかと悩みました~。単に強いとか弱いとかの問題ではなく、音質・タイム感、そしてバランス・・・う~んつくづく大曲。何でこんな曲を選んだのか!?と言いたかったけど、娘の強い強い意志でしたので、私は口出しできませんでしたの

これまで、いつも手取り・足取り練習してきたのですが、もう年齢的にも私の言いなりにはなれない娘。”自分で考えて思うように弾きたい” とのことで今回は私は極力手をかけず、言いたいときもグッと我慢して、娘の意志を尊重(?)してきたつもりでしたの。始めの2ヶ月くらいは、何も言わないで聴いているのがホントに辛かったのですが・・・それも慣れてしまえば全然平気になっちゃうから不思議。そうなると、逆に娘のほうから”今日は聴いていてね” と言ってきてくれたりもするので親子の平和は保たれたかな  考えてみれば、これが普通。気付かなかったけど、仕事柄今まで線路を敷いてひっぱりすぎていたんだね。習っている先生と、娘、私、のトライアングルでレッスンは進んできたけれど、もうそれはとっくに卒業するべきだったのね。遅ればせながらの親離れ・子離れというヤツです。

年に一度の発表会。毎年毎年先輩やお友達が成長していく様子が楽しみな演奏会。今年も”え~っ!?”と驚くような大曲が勢ぞろいで、聴き応えもたっぷり。お世話になってるT先生の音楽に対する情熱の集大成ともいえるでしょう。余裕で4時間以上かかる演奏会なのですけれど・・・そんなに聴いてるのも苦じゃないところがこの発表会のすごいところ。年々お友達の輪が大きくなっていくのもうれしい

余談になりますが、この発表会の会場Mホールが使えるのは今年限り。音響設備が古くなってきているから、という理由で、来年からはシンポジウムや会議での使用のみになるのですって。なんか寂しい~思えば私が新講師だった頃からお世話になってたホールですから古いといえば古いけれど・・・そんなに老朽化してるようにも見えない。ここのスタインウェイも、どこかに引き取られていくんだろうなぁ・・・欲しいな

« 習い事をするなら・・・ | トップページ | 偶然とは »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホールともお別れ:

« 習い事をするなら・・・ | トップページ | 偶然とは »