« エレクトーン・サウンドクロス | トップページ | 卒業ソング »

2010年2月26日 (金)

みんなが注目していた!!

今日のトピックといえば、やはり女子フィギュア・浅田真央ちゃんでしょう。 真央ちゃん本人はとってもとっても残念で、悔しかったでしょうけれど、観ている私たちにはものすごい感動を与えてくれましたわね。

安藤美姫ちゃん、キム・ヨナちゃん、浅田真央ちゃん・・・と3人が続いたのですけれど(フィギュアの神様はこんな時にヘンないたずらするのね) 安藤実姫ちゃんのあのアラビックな演技を観ながらなんかうるうるきていた。前回のオリンピックから、4年間頑張り続けてきたんだろうなぁ~なんて思うと泣けてきましたの 続いてキム・ヨナちゃんの時には、とっても完璧な演技でしたので感動して泣けてしまいましたの。 そして、浅田真央ちゃん。あのジャンプの多さにドキドキハラハラしながら観ておりまして・・・後半の惜しいミスの後にも冷静に演技を続ける真央ちゃん観てたらもう号泣。 真央ちゃん相当悔しかったでしょうに、そんな時にあのいじくらしいインタビューはやめてと言いたかったワ。

日本中が期待し、注目している中、あのキム・ヨナちゃんの完璧な演技の後に滑るっていうのはものすごいプレッシャーだったんだろうなぁ~。19歳の真央ちゃん、本当に良く頑張ってくれましたわね お疲れ様でした。そして、銀メダルおめでとう

それにしても・・・あの採点にはなんか納得できないような気がするのよね。何故に20点以上も差が出るの!? そんなのありかな?? そりゃー、キム・ヨナちゃんは素敵でしたけどね 

とか何とか思いながら午後からレッスンしていたら、今日レッスンにやって来てくれた小学生4人中4人全員が、フィギュアの感想(!?)を語ってくれましたの ”最悪だったよね!!”やら、”キムさんいや!” やら~ 彼女らなりに独自の意見を持っているようでしたわ。 でもね、やっぱり小学生でもあの点差が不自然だと思ってるみたい。”キム・ヨナさんと安藤さんが40点も差があるのはヘンじゃない!?” というコメントもあり・・・小学生とはいえど、鋭いところを観ているのよね。 おもしろい

それにしても、スポーツでありながらも表現力を追求するフィギュアって、奥が深い!! 美しさとか、表現を点数で評価するのは基準が難しいよね~。(音楽の世界も同じです

|

« エレクトーン・サウンドクロス | トップページ | 卒業ソング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

安藤美姫と鈴木明子も完璧で美しい演技だったんですけどね・・キムヨナと浅田真央の頂上対決ばかり取り上げられて、他の選手の扱いが小さ過ぎだった気もします。

開会直前に母親を亡くした地元カナダのジョアニ-・ロシェットは、キムヨナに圧倒的な点差を付けられながらも諦めず果敢に攻める浅田真央の滑りを見て、自分も悲しんでいる場合じゃ無い、やらなきゃ!という気持ちになれたんだそうな。自分が3位に入れたのは浅田真央のおかげだ、と。表彰式の後、浅田真央に抱きついてなかなか離れなかったんだそうですよ(笑
あの不自然な点差さえ無ければ本当に良い大会でした。

投稿: ネコサン | 2010年2月27日 (土) 20時11分

>ネコサンへ
うんうん、私もそう思う!!順位に対して文句があるわけでも、キム・ヨナちゃんが憎いわけでも何でもなく、あの点差が不自然なのよね~!! どーなっとんじゃ ネコサンさすがね
表彰式の様子観て、キムヨナちゃんと真央ちゃんって国境を越えて仲良しなんだなぁ~と感動していましたの。ジョアニー・ロシェットさんの話は知らなかった!! ・・・けど、美しいお話~

投稿: kv.ひさまる | 2010年2月27日 (土) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなが注目していた!!:

« エレクトーン・サウンドクロス | トップページ | 卒業ソング »