« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

充電の年

先日、ピティナの地区予選のお手伝いに行ってきましたの 毎年の事ながら、コンクールには独特の緊張感と活気があり、参加者の皆さんの意気込みも伝わってきます。この日のために、たくさん練習を重ね、時には涙を流したこともあったかもしれない、練習したくない日だってあったかもしれない。けれど、なぜかみんな明る~い表情で受付にやって来るのよね パワーが漲ってる感じで、とってもいいなぁ~

審査はとっても重~い雰囲気の中で進行していきますが、どんなちっちゃな生徒さんも、みんなの~びのび、自分の持ってる音楽を表現しようとしてるところが素敵!! みんな実は心の中は緊張で押しつぶされそうになってるはずなんだけど、凛!としてるところが凄い。緊張にも負けないくらいに練習を積み重ねてこられたということでしょう。 こんな経験や、頑張ったぞ、っていう達成感は、きっと将来自信につながるのではないかしら

さて、今年は我が家の生徒サンたちにコンペ参加者はいらっしゃらなかったので(勧めた生徒サンは数名いらっしゃったけれどフラれた) 私はこれまでとは全く違った気分でコンペを迎えましたし、客観的にコンペを観る事ができました。コンクールは勉強の場ですから、音楽なのに点数を競わなきゃならないところが、辛いところでもあり、発表会と違うところ。ピアノを楽しく弾くためにコンペをやるのか、コンペに出るからピアノをやるのか???  みたく、焦点がブレてしまったこともあったなぁ~(最悪でしたわ)  子どもをお花に例えるなら・・・パッと咲いて散ってしまうお花ではなくて、少しづつ咲き続け、やがて満開を迎えるお花であって欲しいと思います。(←これが超難しい!!)  そんな訳で、多くのことを考え、学ばせていただいたコンペでした めでたし、めでたし

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

幅広く・バランスよく

今日は鹿児島県から来てくださったI先生のセミナーに行ってきましたの。 このI先生のセミナーというのは、今回が初めてなので”どんな先生なのかな~??” と、とてもワクワクしておりましたの。穏やか~で、淡々とした口調でいらっしゃるのですが不思議と話に惹きこまれてしまい、あっという間の2時間でしたの。

さて、今日の内容は"4期の時代を知って弾くための確認ポイント"  音楽の4つの時代の時代背景や音楽の特徴、ピアノという楽器の進化なども交えて紹介してくださる。 今更ながら、初めて知った内容なんかもあり、新鮮  考えてみると、4つの時代の話って、しているつもりでいるけれど、意外と抜けている部分もあったりするのよね。(近・現代の話なんて、ほとんどしたことがなかったりする・・・) 

四期の基本となるバロックは大事!ということなのでしょう。特にバロック時代を重視してお話されるのですが、これがまた・・・ ものすごく面白かったのです。 音楽は教会とは切り離せないから、神様とか宗教とかとも深い関わりがあることや、バロックは古典舞踊の音楽なので、実際にその踊りを踊って体験してみるのがわかりやすいとか~ さすが!! やはりこのI先生もバロックに関してはかなりのこだわりをお持ちのようでしたわ

音符のルールがわかり、読譜ができるようになったら、テクニックの方もしっかり身につけていかないと、楽しく弾けるようにはならないので、このバランスをとるのはとても難しいことだと思います。加えて、4期の音楽をちゃんと理解して、バランスよく弾いていくことで音楽性とか表現力がついてくるので、常に4期を意識して曲を弾いていくことは大切なんだなぁ~と、改めて感じましたの。 ついつい、生徒サンが大きくなってきて自分の意志を持つようになると、本人の好みの曲に偏ってしまいがちですけれど、そこで敢て4期をすることに意味があるのかもしれないなぁ・・・ 長く音楽を好きで、心から楽しんで欲しいと思っているからこそ、幅広く・バランスよく なんだね これを実現させるためには、どうやってレッスンを進めていけば実現するのか~これを考えるのは時には楽しく、時には頭を悩ませます。が、これを考えられなきゃ音楽教える資格なんてないじゃん  ・・・ということで、少々やる気を与えていただきましたワ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

梅雨は苦手

毎日、ジメジメ・じとじと  梅雨ってイマイチ苦手だなぁ 

私的に、一年中で一番苦手な季節は寒い冬。何をするにも寒さで億劫なのがとってもイヤですの。その冬に次いで梅雨が苦手なのですね~。

苦手理由その① ピアノが湿気で弾きにくい! 音がヘン! とってもヘタクソに聴こえる!! ので、練習もあまりしたくなくなっちゃう これはイカン。

苦手理由その② 洗濯物が乾きにくい やっぱり洗濯物はお日様の下で干さなきゃスッキリしないよね 部屋干しは邪道。

苦手理由その③ 何をするにも、ジメジメしていて気分良くない。

先日、レッスンに通ってくれてるNちゃん(3歳)が、我が家の庭でだんご虫を捕まえるのに夢中になっていたのを見て、”だんご虫退治しなきゃ”と思って、庭に薬を蒔きましたの・・・ところが、その数時間後に雨 効果なし 梅雨って、ロクなもんじゃないわ

エコ&運動不足解消のため、近くのスーパーまで歩いて行ったら帰りに雨降っちゃって大急ぎ  ってこともあったなぁ

何せ、このちょっとどんより、ふやけたような感じが苦手ですの。

反対に、大好きな季節No.1は、夏 何事にも熱く燃え上がる夏!! カラリと熱い夏は、なんか気分も赤るくなれるような気がしますわ  ・・・と、そんな訳で、早く梅雨の季節は過ぎていってしまって欲しい~と思う今日この頃・・・ どうぞ皆様、この不快な季節も快適に乗り切る方法をご存知でしたら、是非教えてくださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

諦めない勇気

昨夜、小惑星探査機「はやぶさ」が、7年もの長い宇宙旅行から帰ってきましたわね。小惑星 宇宙 スケールが大きすぎる ので、星空を眺めるのは好きだけど、宇宙のことはどーでもいいわ的に思っておりましたの。 ところが、先週レッスンに来て下さったIっちゃんが、”来週、はやぶさが帰ってきますね~” なんて教えてくれたものだから、妙~に気になる、胸騒ぎ (秘かに帰ってくるのが待ち遠しかった)

といっても、私、はやぶさについてそんなに詳しい訳ではなかったので、7年もの長い旅が終わって帰ってくるのね~どんな旅をしてたのかな?? とか、イトカワ・・・誰がつけた名前 くらいにお気楽にしか思ってなかったの 

朝になって、TVや新聞でこの”はやぶさ”のニュースを見ると、実は背景にはものすごいドラマがあったんだなぁ~と感動してしまいました。当初4年間、45億km飛んで帰ってくるはずだったものが、いろんなトラブルがあって7年間、60億km飛んできたとか。何じゃ、その○億kmという単位は!?!?  燃料漏れ、バッテリー切れ、エンジン切れ・・・と、トラブルもハンパじゃなかった様で・・・そんな状態でよくぞ帰ってこられたものだと、ただただ驚きましたの。まさに奇跡の帰還よね。

何よりも感動したのが、教授さんや研究員さんたちの絶対諦めない執念。これだけ次々にトラブル続きだと普通の感覚の人なら”もうダメだ” と諦めてしまうと思うけれど、この方々、トラブルとか故障の度にあらゆる対処を考えて施してこられたのですね。凄い根性  きっと研究の先が見えなくて大変な7年間でしたでしょう。 諦めてしまったら、全てが終わってしまう・終わらせてなるものか!! とひたむきに頑張られたのでしょうね 

それにしても、長い長い旅から帰ってきて燃え尽きてしまうなんて・・・感動的だけど、何か切ないものを感じてしまいましたわ。 はやぶさくん、お疲れ様でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

CDができた♪

先月から、またまた頭を悩ませていた問題がありました。来月のミュージックステージで、原曲は14分もの大曲なのですが、コンクール用に4分そこそこにカットしてCDを作りたかったのです (私ってつくづく、メカには弱いくせにあれこれ贅沢なことをやりたい) 

んで、音楽編集用のフリーソフトをダウンロードするところまではナントカ自力でできましたの で、いざ編集を始めようとしたら・・・  マニュアルが全部英語 なんじゃ、こりゃ。解読できない~ 野生のカンで、いろいろトライしてみても、さっぱりわからない×××で、日ばかりが過ぎ、とっても気分は焦っておりましたの。今回はもうお手上げかな~と、半ば諦めておりましたの。

と、ところが 世の中、うまい具合にできているのよね いつもお世話になっている楽器屋さんのお兄さんに、”こんなことしたいんだけど・・・” と相談してみたところ、”ハイハイ、OKですよ~” と、お気軽なお返事。私のPC持参で診てもらったら、英語ばっかりのソフトも、ちょちょっと触ってるうちに、しっかり解読された様子。だんだん、原曲の中から私が欲しい部分だけが取り出されていくからすごい!!(信じられないわ 私は1ヶ月近く使いこなせなくて悩んだ) 

でも、音楽って時間の芸術。 一瞬一瞬が緊張の連続なのですね。 ”ここからここまでカットして” とか、”ここで切って” などなど、注文はとってもシビア&わがまま    にもかかわらず、”ハイハイ~”と楽々やってくれちゃうお兄さん 心から感謝しております ありがとうございます(^.^)

お陰さまで、この曲を演奏する予定の2人の生徒サンにもCDを作って渡すことができました。曲のイメージも伝わるし、このCDの存在は大きい!! ああ~、私ももっと現代のハイテクをうまく使いこなせることができたら、レッスンにも活用できるんだろうなぁ~ と思いましたの。 いや、語学力をもっと磨く方が便利なのかな  (笑)どちらにしても、もっと頭を使いなさい、ってことだね わははははっ。

ふと気がつくと、もうミュージックステージまで1ヶ月とちょっと・・・こ、これは、間に合うのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

観察日記

今年は5月のお天気がイマイチよくなかったから、我が家の庭の苺はダメ20090601081245 かな?? と思っていたのですが、遅ればせながら、ただ今旬を迎えたようです  

今年も小粒ながら、いっぱい実をつけてくれているので、楽しく観察(!?)しておりますの 面白いもので、実というものは一日で急成長するのよね。毎朝、赤くなった実を摘んでいるのだけれど次の日の朝になるとまたまた真っ赤な実がたくさんできている!! 更に、お天気の良い日に赤くなった実は、甘さも全然違うのよね まさに自然の恵みをいっぱいに受けてる感じで、この観察はとっても面白いです(いつもながらオタッキー

せっかくできた実も、放っておくとアリとナメクジに食べられちゃうので、彼らに獲られちゃう前に私がいただく  こんなことを毎朝やっているので、結構苺は食べ飽きてきました (よそにお裾分けできるほどのシロモノでもない) きっと、例の果実酒大好きのMさんなら苺酒とか漬けるんでしょうけれど・・・私的に、苺は生のまんま食べるのが一番美味しいと思いますの。変に手を加えた、苺味の食べ物はあまり食べないなぁ~。

この結実の時期が過ぎると、次々に新芽を出して更に増えていく苗。暑さにも寒さにも負けず、一年中マイペース  なんとたくましい私の苺ちゃんたち~    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

るんるん梅酒♪

Dscf0058_2  ←今日は梅酒というものを漬けてみましたの(生まれて初めて!) 

先日、果実酒大好きな友人Mさんと話をしていたら、梅酒はもちろん、グレープフルーツ酒、さくらんぼ酒、etc. いろいろつけると楽しいよ と教わり、どうしてもやってみたくなりましたの まずは最もオーソドックスな梅酒から・・・と思い、早速チャレンジ。 

なぁ~んだ、意外と簡単にできちゃうんだ・・・  けれど、ここからは最低3ヶ月間熟成させなきゃ飲めないそうで 待ち遠しいなぁ~ 

次はグレープフルーツ酒を作ってみようと思っておりますの  こちらは梅ほど熟成に時間がかからないそうなのでお手軽っぽいですわ~  

以前、実家の母も、梅酒をよく漬けてましたわ 何年も漬かったものらしく、梅とは思えないこげ茶色で、どろんとした(得体の知れない)物体を”飲んでごらん” と勧められたけど、ちょっとコワくて飲めなかった記憶がありますの 後になって、周りの方から ”それが美味しいんだよ” なんて教わり、あまりの意外さにショックでしたの この梅たちも、何年も漬けておいたらあのようになるのかな・・・ 

こんなことを書いていると、私は相当お酒飲めるみたいに思われそうですが、実はあまり飲めない。飲むと、すぐに寝てしまう 何で果実酒なんか漬けようと思ったのか我ながら謎??? ですが、これもまた、いつもの気まぐれ  

熟成が進んだ頃には果実酒パーティーでもしましょう~(笑)  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »