« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月21日 (火)

焦ってま~す

今日は、楽器道楽のK先生のお宅へお邪魔してきましたの。 今週末に迫ってきたエレクトーンのイベント、オン・ステージにて、突然ですが、オープニング演奏というものをデュオでさせていただくことになり ただ今、非常に焦っておりま~す  で、今日は、お相手のN先生との初の音合わせ 

ある日突然演奏することが決まって、選曲に少々手古摺りましたので、練習期間はとても短い。よくぞ今日の音合わせまでたどり着いたものですわ アンサンブルは、合わせると一人で弾いている時とは全く雰囲気が変わっちゃうところが、とてもおもしろいですね 音の広がりや掛け合いを感じられるのはアンサンブルや、連弾ならではのこと 一人で弾くより楽しさも倍増してきますわね

・・・と、いいことばかりではナイ!! 今日の私たちのアンサンブルはなんといっても、合わせたらどうなるのか・・・って事がさっぱりわからなかった!!(参考音源というものはナイ) N先生と私、各自がそれぞれ自分のパートを練習していて、どんな曲なのかはわかっているつもりでしたの。と、ところが、いざ2台で合わせてみると、 いつもは聴こえない音が聴こえてくる→ ”私これであってるの” とパニック状態に陥る→ 間違える   もう、本番まで日がないのに、これは猛練習しなきゃ というわけで、非常に気分は焦っておりますの。 ちなみに何を弾くのかは、内緒です。

一日一日、迫ってくるオン・ステージ。これ以外にも心配事は山ほどで、久々に胃が痛いです まじめに胃に穴が空くのではないかしら。 出演される皆様もきっと今週は落ち着かない日々をお過ごしのことでしょう。どうぞ体調管理にはお気をつけ下さいませ  

さて皆様、26日(日)は、是非お買い物がてらイオンモール高岡へお越しくださいませ エレクトーン・オン・ステージは13:00 startです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

絵本

今日は、某小学校の読み聞かせボランティア(今年度から2校にお邪魔しております) の”絵本ミーティング” というものに参加してきました。長く続けている地元の小学校では、気心の知れた方々とともにいつも和やかに、マッタリと絵本を読んできているのですが、新しく始めた小学校の方は毎月1回この”絵本ミーティング”があり、絵本の内容や読む対象の子どもの年齢、補足説明が必要かどうか・・・などなど、綿密な計画を立てて実施されるのです。(ハッキリ言っていつも行き当たりばったりの私には堅苦しい

おもしろいもので、ボランティアの取り組む姿勢が違えば、お話を聴く子どもたちの雰囲気も全く違うものなのですね~。これがいわゆる”その学校の個性”というものなのでしょう。

さて、今日のミーティングでは、皆さん”こんな本があるのよ~” 的に読み合いをするのです。 こんな本があったのか!! とかこんな読み方素敵だわ(*^。^*) という風にとても勉強になるのですが、自分が読み手のときはもう最悪・・・ 当てられないように、ちっちゃくなって隠れていたい!!  

その中で、原爆のことが出てくる絵本がありましたの(タイトル忘れた) その絵本の内容と、ものすごく感情こもった読み方聴いてるうちに、ポロポロ泣けてきちゃった・・・ (私だけじゃないのよ!その場にいた方は、ほぼ涙) 絵本読んで泣けたのは久しぶりのことで、本当に感動的でしたの。きっと、このお話を聴いた子どもたちにも心に残る一冊になるだろうなぁ~

絵本って、大人になった今読んでもいろんなことを感じさせてくれるから不思議です。何度でも読めちゃうし  し、しかし・・・子どもの心に絵本を届けたいと思うなら、そういう読み方をしなきゃ届かない~そんなことを実感させてくれる絵本ミーティングでした  これも求められるのは表現力。 音楽のみならず、ここでもなのですね。 深い。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

私はわがままな客だ!!

今日はレッスン室のピアノの調律の日。 お世話になってる調律師のYさんとは、もう随分長いお付き合いで、我が家のピアノのこともよ~くわかって下さっているので、いつもあれこれ注文つけまくり その度に私の言いたいことを理解してくださって、ピアノの音も変えてくださるので、本当にありがたいのです。 

調律師さんが代わると、ピアノの音は全く違うものに変わっちゃうって事は皆様ご存知のことと思います。我が家では2台のピアノ、それぞれの音に気に入っている部分があるのと、それぞれが別の部屋に入れてあるので、調律師さんも別々の方、調律の時期も別々なのです。(面倒くさいけど) 

今日のピアノは、音色がとても明るくて、スカッと音が通るところがとっても気に入っておりましたの。けれど、明るすぎてタッチがものすごく軽く感じてしまうところがありました。生徒サンたち見てると、軽すぎるから、指先で音色をコントロールできないし、音を聴く余裕がないように見えましたの。・・・で、今日の調律オーダーは ”ちょっと鍵盤重くできますか?”  これって、要は音の明るさとか立ち上がり方で鍵盤が軽く感じたり重く感じたりするものなので、”重くして”って事は、音を暗くする・・・って事なのですよね ・・・それってビミョー。明るい音が気に入っているって言うのに~

・・・とその様な不平・不満もこのYさんには思い切り言えちゃうんですね いつもありがとうございます 調律が終った後のピアノは・・・やはり少々音が地味になったような気もする。タッチは確実にちょっと重く感じるようになりました 

レッスンはやはり、いつもいいコンディションでやりたいのでピアノの状態はとても気になります。レッスンに来てくださる皆様もこのちょっとだけ変身したピアノを弾いてみてのご感想をお聞かせくださいませ どんなことでもかまいませんから  ちなみに、今日レッスンに来てくださったAちゃんと、Nさん。2人とも”全く気付かなかった”んだそうです わはははは 何も感じなかったって事は、弾きにくくもなかったってことだよね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

定期演奏会に行ってきたよ

今日は、長男の高校の吹奏楽部の定期演奏会へ行ってきましたの。  我が家の長男というのが・・・  中学時代はサッカーをしていて、”ピアノはもうやってられん”といって中2で辞めてしまっていたのです ところが高校生になって、サッカー部には入らず何故か吹奏楽部へ この思考回路は、一体何なの 読めない

またしてもあの広いオーバードホールへ~。 3部構成のこのコンサート、一部は吹奏楽のスタンダードナンバーを数曲。中南米の雰囲気が漂っていたような・・・  二部になるとディズニー・メドレーや映画音楽などなどポピュラーに楽しめる曲が続きます。 そして、三部になるとガラリと雰囲気は変わってマーチングの始まり~ そんなにマーチングに詳しかった訳ではなかったので、その華やかさと楽しさに驚きましたの それまでのステージとは全然別物。音楽を演奏しながら演奏形態が常に変化するので、目も耳も楽しめるのです。 さながらマーチングショー 知らなかった~吹奏楽ってこ~んなに多彩なことができるんだってこと!! なんて楽しいの~

我が家では、長男は夏休み前から、朝から晩まで本当に部活一色の生活でしたの。 合宿に行けば熱中症になって帰ってくるし、体調良くない、と言いながらも部活は休めないと出かけていってしまうし 見ていて時には不安になったり、腹立たしかったりの繰り返しでした。 男の子って本当に何も話さないので、こちらから探りを入れないと様子がわからない。いい加減探りを入れるのにも疲れてしまって、”何をやっていても生きていればいいわ”的に近頃は本当に放置状態でしたの 今日、この定期演奏会を聴きに行くまで、どんなことをしているのかも全く読めなかったのです~(なんという母親) 中2のときに反抗期ってことももあってピアノを辞めてから、音楽にはもう背を向けてしまっているんだと思っていたけれど、なぁ~んだ、実は音楽大好きなんじゃないの。ということで、少し安心しましたの。

さて、定期演奏会もいくつかの高校を聴かせて頂きましたが、それぞれとっても個性があっておもしろいものなのですね~ ”吹奏楽”と一言に言っても、こんなに違うものだったなんて、やはり音楽は無限の可能性を持ってるんだなぁ~と思いましたの そして、一つのステージを創り上げるために、高校生が自分たちで構成や内容を考え、一生懸命練習を重ねてきてやっとたどり着いた演奏会 本当に素晴らしかったです~。感動、感動(拍手)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

運動会に行ってきたよ

今日は娘の中学校の運動会へ行ってきましたの。 暑い暑い一日でしたので、じっと観ているだけでも日差しの強さが突き刺さる感じ この炎天下の下で競技をしている子どもたちは相当大変だったんだろうなぁ~

運動会も幼稚園、小学校、中学校、高校・・・と、子どもの成長とともに、随分雰囲気が変わっていきますが、何であんなに燃えるんでしょうか?? 出る方も観てる方も 不思議です~。 

娘の通う中学校は、小ぢんまりした学校なので運動会もちんまりしてるのかと思っていたら、とんでもなかった!! 規模が大きくないからこそ、一人ひとりが自覚と責任を持って一生懸命なのです。フツーのオーソドックスな競技であるにも拘らず、ものすごい盛り上がりを見せてくれましたわ 騎馬戦、綱引き、団別リレー etc.  ここに向けられる拍手と歓声はまさに”青春” って感じよね いいな~

さて、娘akaにとっては、今日は初の吹奏楽デビューの日でもありましたの 開会式での行進曲から始まって、ファンファーレ、校歌、君が代。これもまた、今日に向けて夏休みからずっと練習を重ねてきておりました。 練習の甲斐あってみんな心を一つに素敵な演奏でしたわ 何事も団結するって事は素敵なことだなぁ~と思いましたの。

いつも日々何かに追われていて、充実しているのかと問われると、、正直ちょっと戸惑うと思うけれど、この若いパワーからは、とってもやる気を与えられましたの 中学生の皆さん、どうもありがとう 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »