« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月26日 (土)

私の誓い!! 

早いもので、もう11月も終わり。今年ももう1ヶ月余りとなってしまいました。おそろしい勢いで月日が過ぎていってしまいます 

今年は年末がちょっと慌ただしくなることがわかっているので年末のこと全てを早め早めに終らせるぞ ・・・なんて思っていたのですが わはははは、とんでもない 友人とのランチやら、学校の行事やら、駆け込みレッスンやら~毎週、想定外のスケジュールばかりが増えに増えて、現在日々を過ごすだけで精一杯 年末の仕事どころの騒ぎではナイ

けれど、こんなことを言って延ばし延ばしにしていく訳にはいかないのが現実。今年もどんどん残りわずかになっていってしまうのですね~

ということで、今日は誓いをたてましたの 私ごときの誓いなんて、つまらんもんなのですが、紹介させていただきます 何事も、なんとなく思っているだけじゃ達成できないもんね。

① 11月中に年賀状の印刷を終らせる ←懲りてない

② 3人分のサウンド・カーニバル作品は12月15日までにゼッタイ完成させる!! ←これまでの経歴からは考えられないぺースだわ

③ 12月に入ったらコツコツ掃除を始める

④ 忘年会・レッスン・その他~無理なスケジュールは組まない!! 体力を考慮する

⑤ 「時は金なり」の精神を持つ

と、こんなところかな 万一これが達成できなかった時には、どうしようかなぁ~。おおっと、そんなアホなことを考えてる場合ではない。 今のところ気持ちばかりが焦って、ちっとも進歩がないのですがとにかく頑張ります 皆様もお忙しいこととは思いますが、どうぞこれからの時期、体調管理にはお気をつけ下さいませ~。力いっぱい乗り切りましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

何事も”自分から”

今日はとても著名な先生によるセミナーに行ってきましたの このセミナー、お題がものすごい!! ”自分から進んで練習したくなる” これは、ピアノ指導者なら誰でも飛びつきたくなるようなお題でしょう。私も1ヶ月以上前からチェックして、絶対聴きに行くぞ!!と決めておりましたの。

今日の講師を務めてくださったI先生。お話を聴いていると、とっても温かくて抜群にユーモアのあるお人柄なんだなぁ~ということが伝わってきました 実際にピアノを弾きながら、上腕から指先までの使い方を説明してくださったのですが、これがとーっても面白かった!!! ”え”というような驚きもあり、新鮮さもあり、さらにものすごくわかりやすかったのとで、あっという間に時間が過ぎちゃった~。I先生を見ていると、おしゃべりしながらスイスイ~っと演奏されるので、自分にもすぐ真似できるような錯覚を起こしちゃうけど、あれはものすごい時間を掛けて習得された技なんだろうなぁ~  こんなに面白いと感じたセミナーは近年にはなかったかも・・・という程面白かったですわ

お話をきいてみて・・・ 結局、”自分から練習したくなる”ってことは、音に夢中なっているってことなんだろうなぁ~と感じましたの。音楽に限らず何事も”自分から~”っていうのは他人に言われて受身的にやるのとは相反する状態。 自分の強い意志で目標に近付こうという気持ちになることが最も大切なんだろうなぁ~と思いましたの。そんな風に気持ちにさせるのは超ムズカシイ フレーズがどうの・・・とかバランスが・・・とか、それはもちろん大切なことなんだけど、それだけでは音楽で魅了することはできないんだろうなぁ~ 多くを学ばせて頂けたセミナーでしたわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

やさしい曲こそ深い

今日は、某コンクール地区本選で金沢に行ってきましたの このところのピアノコンクールの過熱ぶりはすごいもので、今日一日で幼児から一般までで374人もの人が参加されているのです!! これって本当に驚くべき数字だと思いますわ~。 コンクールは今日のコンクール以外にも、一年中たくさん開催されている訳ですから、それだけピアノを愛する人が増えて来ている、と解釈しても良いのではないかしら?? うれしい限りです

さて、コンクールにもそれぞれ特徴があります。 今日のコンクールは、課題曲がとてもやさしい。誰にでも弾きやすい課題曲なので、高度なテクニックなんかを要する訳ではないのです。けれども、世の中には”カンタンに弾ける曲”なんてものは存在しないのです~どんな曲でも、真剣に弾いているうちに欲が出てきて、だんだん難しくなってきちゃう。シンプルで、やさしいものをきちんと弾くことって本当に難しいことなのですね~。この部分がしっかりしていなきゃ、どんな難しい曲も、素敵な曲も、弾けるようにはならない訳ですから。

今日は小学1年生のRくんと、小学3年生のMちゃんが、このコンクールにトライしました。課題曲はお二方とも16小節ぽっきり。この曲で、どうやったらそれぞれの良さとか個性を引き出せるかと、悩みました考えました・・・が、あれよあれよという間に月日は流れ、今日を迎えた訳です。お2人さんは、いささか緊張気味だったようにも見えましたが、それぞれ、しっかり弾いてくれましたのでホッとしましたわ Rくんはめでたく銅賞を受賞ノってるね~次は地区大会。ハードルはどんどん高くなっていきます・・・がFight!!

私自身、このコンクールは今年初めてでしたので、とても新鮮で勉強になりました。例えやさしい曲であっても弾く人によってこんなにも演奏が違うんです。こんな演奏もできるんだなぁ~っていう発見の多かったこと!! そして、自分の指導の足りない部分にも気付けましたし、新しい目標ができたようです。 がんばってくれる生徒サン、見守ってくださる保護者の方々には日々感謝の気持ちでいっぱいです いつも本当にありがとうございます  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

芸術の秋!! 音楽を聴こう♪

レッスンに来てくれるNちゃんは、只今 ”クーザ” にハマっておられます。夏休みにクーザ大阪公演を観にいって以来、すっかり夢中になってしまったのですって ”クーザ”というと、あの外国(どこの国の方々かわからない)のすごいサーカス。今、ちょうど名古屋公演が始まった頃なのかな?? TVでもCMが流れていますね~

619zjsxvvvl__sl160_sl90__2 先日、何気な~くAmazon. 見ていたらこのクーザのCDを発見してしまいましたの で、迷わず購入(超単純)。サーカスの音楽ってどんなもんかいな!?!?的感覚。 聴いてみると、さすが!! すごい!! 独特の雰囲気・カッコいい!!  感動しましたの。 

多分誰でもそうだと思うけれど、普段よく聴く音楽ってジャンルが大体決まっているものでしょう? 私なんかは、約70%はクラシック(ピアノ50・管弦楽20ほどの割合かな)、残り25%は映画音楽・ディズニー音楽・ポピュラー系となり、ヒットソングはあまり聴かないけれど、まぁ、とりあえず5%ほどは聴いてるんぢゃないかな?? このようなジャンルの偏りは、あってよいものか・・・とは思いますが どうにもならない   

そんな風にジャンルで分類すると、このCDは、一体全体何に分類されるのでしょう?? ビミョーに民族調っぽかったりもするけれど16ビートばりばりの部分もあったりするところがまた素敵 クラシックばかりの我が家には、とっても新鮮ですわ 

でもね・・・これ、輸入版なので解説が全てあちらの言葉(英語以外の言語と思われる)で、さっぱりわからん。そもそも、このCDのアーティストさんたちがどこのお国の方々なのかさえもわからないの!! 日本語訳をつけて欲しい・・・。円高の影響か、お手ごろ価格で買えたのは嬉しい~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

芸術鑑賞会

今日は、長男の高校の行事で”芸術鑑賞会”というものがありましたの 長男の話によると、音楽・お芝居・落語が毎年ローテーションしていて、今年はお芝居の年だったらしい。豊かな感性が育つ青少年期には本物の芸術を!! という趣旨なのですね これは心から賛成。

・・・で、今日のお芝居、演目はシェイクスピアの”ベニスの商人”でしたの。お恥ずかしながら、シェイクスピアといわれて、知っているのは”ロミオとジュリエット”くらいで、この”ベニスの商人”は、タイトルは何か聞いたことあるけど、お話は知らなかった きっと、名作なんだろうなぁ~無知とは恥ずかしい!! 

友情と愛情がテーマのこのお話なのですが、今日はちょっと現代風ギャグのアレンジが入っていて、笑いも交えながら楽しく鑑賞させていただきました。こうやってお芝居観るのと、原作を読むのとでは感じ方がきっと全く違うことでしょうから、是非次は原作を読んでみたいと思いましたの 

私がお芝居観ながらいろんなことを感じ、ちょっと元気をもらったのと同様に、学業やら部活動、その他の活動で日々忙しい高校生にとっても、こんなお芝居は心癒され、頑張るパワーの原動力となったのではないでしょうか 意外と高校生って、ギャグ(?)の反応もいいし、お芝居に熱心に魅入っているし結構カワイイ 

やっと11月らしく秋も深まってきました。芸術の秋。心豊かに多くの美しいもの・感動させてくれるものを味わいましょう

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

本物は素晴らしい!!

Cau4zbre 今日は、「マーチングバンド・バトントワリング北陸大会」というものを観に福井に出掛けてきましたの。マーチングやバトントワリングというのは、そんなに全体の人口が多くないので、幼稚園児から一般の部まで、全てをひっくるめて大会を開くのです。 今日は、12月末に開催される全国大会の出場権をかけて、各チーム全力でがんばっているのですね 学生さんのチームというのは、各学校の部活動であったり、地域で結成しているクラブチームみたいなものだったりするのです。それに対して一般の部というのは、かつて学生時代に吹奏楽や、バトントワリングをやっていた・・・という人が寄り集まって結成しているチームばかりなのです。学生時代に夢中になって取り組んだこと、体験したことをいつまでも続けるって、本当に素晴らしいこと (だけどなかなか実現できない)まさに生涯教育ですわね。 

申し遅れましたが、この大会に長男が高校の部で出場しているので、観にいこうかどうしようか~と散々迷った挙句、行くことにしましたの。高校2年生の長男。もう、あと何回もこうやって演奏するところを観られる訳ではないんだなぁ~と思うとちょっぴり哀しかったりもするのです。・・・が、一つ笑えた話。5連ぐらいのタム(太鼓)を担当している長男が、ほんの一瞬ですが、パーカッションソロをする場面があったのを、私今日まで知らなかったんです さらに、実は1ヶ月前の県大会の時にも同じことをやっていたと 一体全体、私は何を観ていたのかしら ・・・そして、そんな重大なことを話さない長男は、一体何者

さて、県勢は一ヶ月前の県大会のときと比べると随分磨きがかかったチームも多々!!でCa0hml9w 、とても感激しましたの。 マーチングにしても、バトンにしても表現の世界ですから、真剣に取り組めば深みも増すのですね。何の世界でも本物には感動させられます。 ここにいる方々は、みんな学業やお仕事の傍らでこんなに凄いことを継続してやっていらっしゃるわけです。そして、たった一人でできることではなく、「仲間との絆が目に見える」みたいなところも素敵!! 身体や心に、ものすごい財産となっていらっしゃるのでしょうね。

自分を振り返る・・・ 私が、今音楽をこんな形で続けられているということは、当たり前のようで実は当たり前のことではなく、これまで多くの出会いがあり、学んだり感動したりする機会も多くあったことに本当に感謝したいと思いましたの。 超つまらんことをイジイジ・マイナス思考で考える場合ではありませんね。切り捨てましょう。  

何歳になっても、感動する心や夢中になる心を持ち続けていきたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

今日は文化の日♡

文化の日の今日。皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか? 

私にとっては今日は久々のOFFでしたの で、やりたかったことは山ほどあって何から手をつけようかなぁ~!? と考える

まず頭に浮かんだのは、庭のいちごのお手入れ。 今年は11月だというのに暖かいから、全然ピンと来てなかったけれど、本来なら10月になったら、肥料をやったり(寒肥って言うんだったかな?)、植えかえしてやったりしなきゃならないはずなのよね。 今年はいつまでこんなに暖かい日が続くのかわからないけれど、今、気候のいい間に終らせておこう!! と突然思いつく。 我が家のいちごは、とっても元気が良くて(!?)あちこち枝を伸ばしまくり、どこまでもどこまでも広がっていってしまうので、かわいそうだけどのびすぎの部分はカット ←いちごの枝とは言えど切っちゃうのは心が痛い おかしな場所に出てきた芽はお引越し(植え替える)。 んでもって最後に肥料をすり混ぜる。 普段あんまりシャベルなんて持たないから、これだけやっただけで、手が痛くなっちゃう

さらに、いちごが終ったら、プランターのお花の植え替えも決行。パンジー、ビオラ系のお花って、今の時期に苗を植えて、冬の寒~い時期を外で乗り越えさせると春にはとってもきれいなお花を咲かせるんですね 雪の下でかわいそう・・・なんて思っちゃいけないんです何事もたくましく育てるためには試練が必要、ということでしょうか

そんなことをしていたら、あっという間に時間は過ぎていってしまったのでした~。

本当に11月らしからぬ11月で、こんなに暖かくていいのか と思ってしまうくらいですが、ま、いずれ雪もチラリ・・・くらいは降るでしょう。今より寒い日も当然来ることでしょう。そんな冬に備えて、準備はOK!! 

ところで、今年ももう残り2ヶ月。は、早すぎる!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »