« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月11日 (月)

あすなろ王国物語

昨日、今日と音楽のイベントが続きます。Image_2
今日は「あすなろ王国物語 宮廷音楽会」というコンサートがありました。これは、富山にあるあすなろ小児歯科さんの院長先生が、子どもたちの健やかな成長を願って毎年開催してくださっているコンサートで、ピアノ演奏、バレエ、お話がコラボしたとても豪華で欲張りなコンサートなのです。

このコンサートに我が家のお教室からもRくん(小5)が出演されましたので、私は数日前から何か気分も落ち着かない日々を過ごしてきました。Rくんが今日弾いた曲は、昨年の1月から弾いていて(途中ポツポツ中断あり)随分長いお付き合いの曲でしたので、最後まで練習続けることが大変でした。けれども、その曲とのお付き合いがいくら長くなったとしても「これで良し」と思えたことはほとんどなく、やればやるほどいろんなことに気づきました。そして、Rくんも決して途中で投げ出すことなく弾ききりましたね。とっても楽しかったね
まだまだこの後も頑張りましょうね〜

あすなろ院長先生のお言葉がとても心に染み渡りました。「未来の夢に向かって、決して失敗してもくじけない諦めない、失敗を恐れずとにかく頑張る、夢を絶対叶える‼️という強い気持ちを持つ」
本当におっしゃる通りです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

サウンドカーニバル発表会

Image_3
今日は、サウンドカーニバルというエレクトーンのコンクールがありました。
サウンドカーニバルには3つの部門があり、それぞれに特徴があります。テキストの中の曲で楽譜は変えないで音色を変えるレジストレーション表現部門、楽譜そのものを編曲し音色も考える自由編曲部門、作曲をするマイソング部門。生徒さんの年齢や性格、興味のある分野によって参加部門を選ぶことができます。
今年は我が家から6名の生徒さんが参加されました。みんなやりたいことはいろいろあって、それを引き出すお手伝いをするのはとても大変ですが、毎回新しい発見があり私自身もやる気が出てきます。本日頑張った皆さんお疲れ様でした。
あえてコンクール色を薄くしてあるのですが、やっていることはとても大切なこと。この経験を通して、さらに音楽大好きになっていってね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

素晴らしいホールでした

Image_2新年のレッスン開始から2日目。本日はオーバードホールにて「ピアノ体験」に行って来ました。
学校が冬休みのこの期間、コンサートなどが入っていない日時にオーバードホールでコンサート用のフルコンピアノを1時間自由に弾けるというこの企画。娘が今回初めて応募してみたらめでたく当選💓で、本日心ゆくまで娘が演奏し、私はそれを聴いてきましたの。
広い広いオーバードホール。ここでピアノソロというのは娘がちっちゃかった頃に弾いたことがありました。が、その時はなかなか苦戦していたので、今回は楽しみなようなちょっと怖いような微妙な気分でした。ホールにて。やっぱりベーゼンドルファーは素敵ホールはホールと感激。
同じ曲を家で聴くのとホールで聴くのとではぜーんぜん響きが違うのも今更ながら再認識。いろいろ考えさせられ勉強になった1時間でした。欲を言えば1時間とは言わず2時間でも3時間でも使いたかったですわ〜
こんな企画はとても有難く貴重 皆様も機会があればぜひ参加してみましょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

2016年が始まりました

新年 明けましておめでとうございます。
今年も楽しく音楽談議・四方山話をしていきたいと思います。どうぞお付き合い下さいませ。

珍しく暖かい今年のお正月。とても過ごしやすいですが、こんなに暖かくて良いのだろうか、、、?とちょっと心配。つくづくネガティブ、損な性格の私です。が、新しい年は何事もポジティブ にいきたいと考えております。マイナス思考が引き起こす“負の循環”に陥らないように、と言うはカンタン。実行するのが大変なのよね

我が家のお教室では、コンクールに向けて頑張る生徒さんや1月から新規にレッスンを始める生徒さんがいらっしゃったりで、新年早々気の抜けない様子。これは大変喜ばしい事だと思います 音楽を続けていくということはいつも良い時ばかりではなく、時には辛い時もありますが、 いつも音楽を身近に感じて自分の演奏を楽しめる人に成長してほしいと願っています。

皆様 今年もさらに高みを目指して、頑張っていきましょうね🇯🇵
どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »