« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

今日はオーケストラを聴きに♪

今日は高岡フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に行ってきました。プログラムは、シューベルトのロザムンデ序曲に始まり、ベートーヴェンのピアノコンチェルト、交響曲「運命」と盛りだくさん。今更ながら、ピアノコンチェルトってすごいなぁ・素敵だなぁ〜と感じました。あのオーケストラの中で一人ピアノ。ソロでピアノ弾くのとも連弾とも当然感覚違うわけで、どうやって弾くのでしょうね〜
そして、あの有名な「運命」も改めて聴くとものすごい曲。CD聴いたりTVで見るのとは全然違う生の演奏ならではの良さがありました

さて、この楽団の常任指揮者を務めていらっしゃるのは本多敏良先生。この先生には先日のドボルザークの8手連弾の時にもちょこっとレッスンをみていただきました。それがきっかけでこの定期演奏会も知ることができました。本多先生は、今日はキリリ‼️とタクトを振っていらっしゃいましたが、普段はとってもお茶目で楽しい先生なのです。全く違ったお顔を拝見できましたが、音楽家とはきっとそんなものなのですね〜

この楽団の団員さんたちは毎週日曜日に集まって練習していらっしゃるんですって。こうやって社会人になってもお仕事の傍で音楽を続け、演奏会にも出演されるって素晴らしいことですよね。そんなに簡単にできることではないと思います。この方々は本当に音楽と楽器を愛して心底楽しんでいらっしゃるからこそできる事。
今、私がお教室でレッスンしている子どもたちもやがて生涯にわたって音楽を楽しめる人になれるような素地作りをしたいと感じました。←これもそんなにカンタンにできる事ではないですが心は前向き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

楽しい講座

今日は金沢で開催された、川島千加子先生の”新Fullsizerender教材で音楽だいすきな生徒を育てよ う!”という講座に行ってきました。
正直、新教材については私自身がまだ使い慣れない感があるのですが、とても力が付くことは間違いない。教材自体はとてもシンプルなのですが、育てたい生徒のイメージを実現するために自分のひと工夫を加えていかきゃならないのがこのテキストの大きな特徴だと思います。
講座では、とある4歳の生徒さんの成長の過程が紹介されていました。1年半程で、無理なく着実に力をつけている様子が観られました。ちっちゃいけれど、ものすご~く音楽を楽しんでいて、本人はもちろんですが、先生とご家族の努力も相当なものだろうなぁ~と感じました。
こうやって育っていく生徒さん、数年後がとても楽しみ
講座終了後は、川島先生と参加された先生方でお食事会講座ではシュールな川島先生ですが、お話してるととても温かくてギャグセンスが絶妙な素敵な先生でした。たくさんパワーをいただきました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

音楽会

Img_0595日は、某小学校の創校記念音楽会に行ってきました。
かわいい1年生から、プチ大人びた6年生までの全ての合唱を聴いてきました。
子どもの歌声って、何か感動です。小学生はまだ男の子も変声期前なので、高学年とは言ってもあどけない感じでかわいい。 どのクラスもみんなとても団結していて、表現しようという気持ちが弾けている感じでした。美しいものを美しいと感じる心って大切なのですね。
 
さて、我が家のお教室にレッスンに通ってくれてるHちゃん(小2)とMちゃん(小4)が、クラスの合唱の伴奏を担当していたので、楽しみにしていました。2人とも、とてものびのび楽しく弾いていたと思います。良かった一安心。
 
余談になりますが・・・ 近年では、どの学校でも合唱の伴奏者は希望者多数の場合、オーデションで選ばれます。振り返ると、9月の発表会あたりから譜読みをはじめ、10月の初旬にオーデションがあったと思います。この2人に関しては、オーディションを受けるところまではレッスンで伴奏も見たけれど、オーディション以降私は全くノータッチでした。これまで1か月余りの期間、学校の先生からアドバイスをいただいたり自分でいろいろ考えたりしながら練習してきたのでしょう。私がレッスンで出す大量の宿題にもめげず、よく頑張ってここまで来たなぁ~ お疲れ様。 子どもって、本当にいろんな力を持っているんですね。うらやましい‼!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

トヤマパフォーミングアーツフェスティバル

Image2 去る11月12日(土)芸術創造センターで開催されていた「トヤマパフォーミングアートフェス ティバル2016」というイベントにてエレクトーン演奏をさせていただきました。
 
今年、この芸術創造センターにステージア02が新しく仲間入りしたので、そのお披露目の演奏を…とお声をかけていただきました。ここに02が導入されたということは、とても嬉しく、ありがたいこと。今のエレクトーンを知ってもらうきっかけになれば更に嬉しい
さて、いつものあの広~いロビーに、特設ステージと客席が設けられていて、演奏の時になるとライトもついて雰囲気抜群。ということは緊張感も高まる 手が滑っちゃって普段ありえないミスタッチも続出してしまい、反省点は山ほど。ですが、聴いてくださった方々や芸創スタッフの皆さまの温かい拍手にとても救われて、まだまだ精進しなければ と気持ちは前向きです  本番で満足できる演奏とは、果たしてできるようになるのかな・・・
こんな私の演奏ですが、最後までお聴きくださった皆様、ありがとうございました。この経験をバネに、また頑張っていこうと思います。
余談になりますが、この「トヤマパフォーミングアーツフェスティバル」とても多彩なパフォーマンスが繰り広げられていて、とても盛り上がっていました私のお友達も数名出演されていました。皆さん充実していらっしゃるんだなぁ~と感じました。とっても素敵でした
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

アンサンブルはいいな♪

Image_3今日は新川ステップにて、かねてより練習していたピアノ2台8手でドボルザークの「スラブ舞曲1番」を演奏してきました。出来はさておき楽しかった
自分の演奏前は、どんより不安でどうにもならなかったのですが、今回は演奏が始まったらなぁんか楽しくなっちゃって 素敵なホールと贅沢な楽器の響きを満喫してきました。

私は第1ピアノsecondで、ベーゼンドルファー(普通のピアノより低音部の鍵盤数が多い)の低音だったんです そしたら、まんまとマジックにかかってしまって、音の高さがわからなくなってしまった 頭ではわかってるつもりだったのに、実際に弾いてみると混乱するものなのです。つくづく未熟者ですわね。

全くの手探りから始まったら8手連弾でしたが、だんだんわかってくるととても楽しくて学ぶ事が沢山ありました。最後までやりきれて嬉しいのと、この8手が終わっちゃってさみしいのと気分は複雑ですが、こんな事は続けていかなきゃ意味がないので、この先も弾いていこうと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »