« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月20日 (木)

山頂目指して

Image1_2_2 7月20日、快晴sun
ひょんなことから親友Y子嬢と立山登山に行こう!ということになり、本日実現しました。

私は約10年ぶり、Y子嬢は小学校卒業以来◯年ぶりの立山登山でした。ので、山の記憶はうる覚え〜服装、持ち物、タイムスケジュール、いろいろ勉強して挑みました。

ちゃんと山頂までたどり着けるのか、高山病になって動けなくなったらどうしよう⁉︎的な不安はありましたが、意外にクリア。・・・というよりも、私なんかよりもっともっとご年配の方々や、遠い県外から一人で来られたという女性もフツーに登山を楽しんでいらっしゃって、そのアクティブぶりに感激させられました。

壮大な大自然の中に身をおく、ということはとてもいい気分転換になり、ものすご〜くパワーが湧いて来ました。富山県の公立学校の校歌では当たり前に立山が歌われますが、そこには児童・生徒の強靭な成長を願う気持ちが込められてるんですね。なんとなく歌詞に入っているわけではなくflair

Image3_2_2

確かに、これを歌わずして何を歌うのか❗️と今さらですが感じました。こんなちっぽけな私に、いろんな発見をくれた立山でした。

雄山でお祓い受けて、大汝峰にも登ってきました。霧が出てきて、幻想的な世界にしばらく浸るflag

10年前と比べ、当たり前ですが体力はおとろえた感がありました。さらに、なんか地球温暖化も感じられる山頂でした。


・・・が、まだまだ登りたい!と思いました。これは私たちの恒例行事となることでしょう。

帰り道、たくさん転んで脚を捻ったみたいsweat01  明日から整形外科通いですbomb

Image2

2017年7月17日 (月)

in富山駅

Img_0896昨日は富山駅構内で「えきなかコンサートin富山駅」というエレクトーンのイベントがありました。みんなが良く利用するJR富山駅で、道行く方々にも広くエレクトーンという楽器を知って欲しい、ちっちゃな生徒さんから大人の方までジャンルを超えてこんなに楽しめる楽器なのだということも観て楽しんで頂きたい、という趣旨で昨年に続き2度目の開催です。演奏者にとっては発表会でもない、レッスンとも違う、不思議な緊張感を味わえるコンサート。私が大好きで、いつも頼らせて頂いてるN澤先生も立派に講師演奏をされました。

さて、我が家のお教室からは、4名の生徒ちゃんが出演され、またもや数々のドラマが勃発。ちょこっとご紹介。

Img_0898


Hくん(年長) 彼はレッスンに来ると、とにかくエレクトーンが気になってしょーがなかった。けれど、いざエレクトーンの前に座ると、エレクトーンのスイッチ、ボタン、ダイヤル・・・に目が行って、演奏するって感じではなかったのですが、このコンサートに出る、と決めた瞬間突然変異が起こりました。ママのご協力もあって、「となりのトトロ」を見事に弾ききりました。すごい底力sign03


Img_0897
続いて、お姫様みたいに素敵なドレスのMちゃん(小1)レッスンを始めてからちょうど1年。初めての演奏会に緊張したのか、演奏前から涙ポロポロ。演奏後は安心したのか、さらにポロポロ。それを見ていたママもつられてポロポロ。涙、涙の初ステージでしたがしっかり「君をのせて」を弾ききりました。1つひとつ強くなっていこうね。

Img_0899_2


Aちゃん(小2)、Sくん(小1)仲良し姉弟によるアンサンブル。初めての2台、初めてのエレクトーン、と初めてづくしでしたが元気に「さんぽ」を演奏しました。それぞれにソロの演奏経験はありましたが、この2人で創り上げるという経験はとても貴重でした。きっと、ソロ演奏にも生きてくることでしょうup

皆さん本当に楽しく演奏されていました。この楽しさというのは、実は日々コツコツ積み重ねて来た努力の賜物。またこの先も頑張って行きましょうね。

音楽を始めるのに「遅すぎて不可能」なんて事はありません。やりたい、と思ったその時から始めてみましょうclover

2017年7月15日 (土)

道は険しい

本日は田代慎之介先生の特別レッスンがあり、我が家のお教室から4名の生徒さんが受講されたので、私も聴講させて頂きました。
今回はピティナ本選へ向けての特別レッスン。ウチの生徒ちゃんたちはのんびりなペースで予選を突破してきているので、本格的に本選曲を弾き始めてからまだ日が浅いthunder
こんなレッスンを受けるからには、私がもうちょっと時間をかけて見るべきだった〜という反省あり。
生徒ちゃんがレッスンを受けてる様子を見ていると、気付かないうちにこんな部分も成長していたのかsign03的な発見もあり。

田代先生ってすごいんですよ〜 impact
私が普段のレッスンで手薄にしてしまっている部分も、勉強不足な部分も、全てお見通しbomb んで、サラ〜っとポイントをおさえて下さいました。なぁ〜んと新発見の多かったことでしょう。やる気は湧いたけれど、新しい課題も新しい疑問も同時に出て来ました。

本選までの時間は残りわずか。生徒ちゃん、ご家族、私の三人四脚で乗り越えたいと思います。

2017年7月10日 (月)

締め切り迫る

毎日暑い日が続きます。
本日は連弾練習日。

秋にちょこっと連弾を弾かせていただくので、相方のE先生のおうちまでひとっ走り。

4月から選曲して、ポツポツ練習していたけれど、本当にポツポツで。一向に進展しない連弾でした。
心のどこかでピティナのことが気になって自分の練習に気合が入ってなかったというのが正直なところですが。日は容赦なく過ぎて行き、気が付いたら私たちの本番まで2ヶ月あまりtyphoon これは、ほんとーに恐ろしい事ですimpact
ピティナは予選は終わったけれどすぐ本選、私の生活は何も変わっちゃいないのですがあっちもこっちも締め切りだけが近づいてきますcatface

とまあ、ぶつぶつ愚痴りたい訳ではなく。

やっぱり連弾は楽しいですわ〜flair まだまだ下手くそですが(E先生、ごめん)耳だけは肥えている。あー弾きたい、こー弾きたい、とは思っているんです。今、音をつくっていくという作業を楽しんでいるっていう感じです。←すごい人は瞬時にこれができる。私は時間をかけないとできないsweat01

もし生徒ちゃんが本番2カ月前にこんなんだったら青ざめるかもなぁ〜catface
笑笑、弾こっとtyphoon

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »