« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月29日 (日)

国宝を観に

本日はここ数年間、ずっと気になっていた国宝瑞龍寺ライトアップと門前市に行ってきました。

「国宝」と言うからには一度は見ておかなきゃ、と思いつつ延び延び。本日やっと念願叶いました。

前田利長公が、1645年から18年間かけて作ったといわれる瑞龍寺。
当時の技術を駆使して作られた建物なのでしょうね。
1645年というと、音楽でいうとバッハも生まれる前のことで、バロック時代を迎える以前のことだったのですね。
そんな時代に、日本では・それもとりわけ富山県ではこんな事が起こっていたのですね〜

68bffaaa10494a049bbd3bb08e28fb63

5e34b088519b4b208fa70ba67b668f87


江戸時代、というと参勤交代とか鎖国を連想してしまい、 古臭〜い感じがしますが、この瑞龍寺のスケールの大きさ、手の込んだ感じを見ていると、ちょっとだけイメージが変わります。

ちなみに、お庭、建物の配置〜何もかもが左右対象で、これは日本の建築物としては珍しいそうです。(長男曰く)

A9b914cccde84701a1e47f06eed2fa63

ひとつ残念だったこと。いつもライトアップされて「美しい」と話題になっているライトアップ。ただいまその山門が改修工事中で、観られなかったのですsweat01 そのかわりに光と音のファンタジー、というプロジェクションマッピングが映し出されていました。が、やはり素の瑞龍寺を観たかったですわ。
それはまた次回のお楽しみ🍎💕

2018年4月18日 (水)

お尻に火は点くのか

本日も連弾課題曲弾きあい会第2弾・本選編に参加してきました。

我が家のお教室の生徒ちゃん達は、今やっと予選曲を決めて動き出したところだというのに、
(冷笑・先日の予選編の時の心の誓いは何処へ行ったのか)
傍らではもう本選の準備wobbly これはおそろしいことです。

でもね 本来、そのくらいの余裕を持って準備するべきなのですよね。
予選と本選では、曲の内容も深さも全然違うしね。
think気持ちも焦ってきますわ。
C8fe92459d6d43d1aafb016f0e1468d9
私はいつも一緒に写真に映ってるE先生と連弾する事が多く、今回も。
先日、E先生と合わせをした時に、今回の初級課題曲が載ってるディアベリの曲集を全部初見で弾いてみましたの。面白かったですよ〜flair
素敵な曲もあったけど
???な曲もあり。
お互い初見なので、わーわー・キャーキャー言いながら。笑笑
それでも30曲近く。
ディアベリさん、よくこんなにたくさん指くぐり無しの連弾曲作ったなぁ〜
そして、、、限られた5指の中でいろいろ表情をつけるthunderというのが課題なわけで。これはラクなのかそうでないのか不明。

課題曲を自分達で演奏し合うというこの弾きあい会、
自分一人では演奏できない連弾なので、とても勉強になります。
どの先生も、よくお勉強されていてshine さすがだなぁ〜

私もやらなきゃcatface
気持ちは焦る・・・これはまずい現象だ
F4057179ba1a4a70a4ae3ab8784a6862


308132d45a494f75a83092b06d632d6f

2018年4月 6日 (金)

ピカピカの👑

早いもので4月も1週間が過ぎようとしています。

進級、進学の春cherryblossom
皆様おめでとうございます。

昨日新学期を迎えた進級さん達。
「○○ちゃんと(○○さん)同じクラスになったよnote
「新しいクラス、ビミョー」
「新しい担任の先生はこんな感じ〜」
・・・と、いろんな表情を見せてくれましたhappy01

そして本日は晴れて入学式shine
新しい学校、まだ慣れないけれど、だ〜んだんわかってくると絶対楽しくなるでしょうflair
今年、我が家のお教室では小学校新入学の生徒さんが5名。
その他(保育園、中学、高校、短大)新入学さんが6名。
いつになく多い年です。

88cf2116ea8344a08d543cc322d844f6

赤ちゃんがちょっと大きくなったような時期からレッスンに来てくれてた生徒さん、
受験の時期も余裕でレッスン続けてきた生徒さん、
それぞれにいろ〜んなことがあったね。

さて、本日の突風吹き荒れる中、小学校に入学したHくん、
真新しいランドセルを背負って、学校の制服を着て、
これまでとは違う姿を見せてくれました。学校の話になると、いささか興奮気味。
心の中に大きな期待を持っていることがよく分かりました。
かわいかったので、思わずツーショットscissors
フレッシュで元気いっぱいで いいなぁ〜notes

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »