« お尻に火は点くのか | トップページ | 終わってしまいました »

2018年4月29日 (日)

国宝を観に

本日はここ数年間、ずっと気になっていた国宝瑞龍寺ライトアップと門前市に行ってきました。

「国宝」と言うからには一度は見ておかなきゃ、と思いつつ延び延び。本日やっと念願叶いました。

前田利長公が、1645年から18年間かけて作ったといわれる瑞龍寺。
当時の技術を駆使して作られた建物なのでしょうね。
1645年というと、音楽でいうとバッハも生まれる前のことで、バロック時代を迎える以前のことだったのですね。
そんな時代に、日本では・それもとりわけ富山県ではこんな事が起こっていたのですね〜

68bffaaa10494a049bbd3bb08e28fb63

5e34b088519b4b208fa70ba67b668f87


江戸時代、というと参勤交代とか鎖国を連想してしまい、 古臭〜い感じがしますが、この瑞龍寺のスケールの大きさ、手の込んだ感じを見ていると、ちょっとだけイメージが変わります。

ちなみに、お庭、建物の配置〜何もかもが左右対象で、これは日本の建築物としては珍しいそうです。(長男曰く)

A9b914cccde84701a1e47f06eed2fa63

ひとつ残念だったこと。いつもライトアップされて「美しい」と話題になっているライトアップ。ただいまその山門が改修工事中で、観られなかったのですsweat01 そのかわりに光と音のファンタジー、というプロジェクションマッピングが映し出されていました。が、やはり素の瑞龍寺を観たかったですわ。
それはまた次回のお楽しみ🍎💕

« お尻に火は点くのか | トップページ | 終わってしまいました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/202689/73395715

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝を観に:

« お尻に火は点くのか | トップページ | 終わってしまいました »