« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月23日 (火)

なんかいつもとちがう2週間前

先日、2週間後に迫った発表会のリハーサル をしました。

私が大切に育ててきた、年中さんから中学3年生までの生徒さん
発表会は前回の発表会からこの一年間の集大成。

ご父兄にとっては我が子の成長のみならず
共に学びながら過ごしてきた同世代の子どもたちの成長をも
実感し、楽しめる瞬間ではないでしょうか?

今年は定番のちびっこちゃんのハンドベルに加えて
小学生さんたちが 轟千尋先生作曲の 組曲「四季のうた」を演奏します。
アンサンブルや連弾を通して、音楽の魅力をもっと知って欲しいshineという願いでいます。

年も学校も住んでる地域も全く違う生徒さん同士うち解けて、
練習の終わりごろには、すっかり意気投合・別れを惜しんでいる姿も見られ
微笑ましくもあり、羨ましくもありました。この年齢ならではですものね〜

ソロのほうもみんなよく頑張っていますnote
ちょっとこれは難しいかな?と思って手渡した曲も
それなりに形になってきてheart01みんなたくましいfuji

発表会2週間前。私事ですが。
普段ならこの時期は夏前から長く準備してきている疲れと、本番が近付いてくる不安で
気持ちがどんより沈んでいたりする事も多いのですが
今年は元気ですapple妙な意欲が・・・
先日お会いできたオーストラリアの大師匠が教えてくれた事flair
先生のパワーを生徒は確実にキャッチするsign03

と、そんな訳でるんるん💕楽しみ

2018年10月 4日 (木)

さすが わが師匠!

本日、私にとっての大師匠と運命の再会を果たすことができました。

これまで何人もの先生にお世話になってきたけれど
私がもっと音楽をやりたい!と思ったのは、この大師匠のおかげ。
そこから、山あり谷ありながらも音楽を続けていられる現在に至る。


大師匠に最後にお会いしたのは◯十年以上前のこと。
随分ご無沙汰していたので、(会いたいけど)もう一生会えないのかなぁ〜
なんて思っていました。

が、きっかけは突然やって来るsign01
ボーっとFB眺めていたら、大師匠を発見
すかさずお友だちリクエストしてみたら、
なんと大師匠は日本に帰国中だったflair ←普段は海外airplane
しかも2日後にピアノレッスンの勉強会を開催してくださるとのこと

ものすごい偶然が重なって、本日運命の再会に至った訳です。

いやぁ〜。やっぱり大師匠はすごいflair
なんか惹きつけられるんです〜 これはマジックだ。
んでもって、やる気が出てくるpunch
子ども時代、こんな先生に自分はレッスンみていただいてたんだなぁ〜
恵まれていたんだなぁ〜 としみじみ思いました。


74193db03501439faec2f2f229c92ded

本日の勉強会では、初めてお目にかかった先生もいらっしゃいました。
偶然が偶然を呼び、不思議なご縁でめぐり会うことができた先生方。
ですが、あまり初対面っていう感じがしない。
ちらっとお話ししただけなんだけど、何か伝わってくるものがあるんですclover
これが、音楽という共通項で結ばれている現象なのか・・・

大師匠からパワーを与えられ、
お陰様で本日はとってもやる気モードnotes
大師匠は何事もダイナミック。中途半端はありえない。
で、めちゃくちゃ温かいspa
何歳になっても離れていても私にとっては大師匠。

2018年10月 2日 (火)

ものすごい

ピリ辛お料理大好きup

特に最近度が高くなってきているのは我ながら認める。

Cc15f4fb6e05444aa3e7f00358074dcb

少し前に生徒ちゃんから
辛辣麺(シンラーミョン)という辛味の強いラーメンをいただきましたの。
原産国は韓国。それも一箱scissors

るんるん嬉しくて、早速調理→いただく。
impactbombtyphoonthundersign03

笑笑笑、従来の辛辣麺よりも確実に辛味が増している!
これ食べてると、顔から汗が噴き出してくるんです。
身体が芯から燃えてる感じ。

からい、からい、からい〜impact
けれど病みつき、美味heart04
また食べたくなるup

09fb69e9f9e640f3a3e9ef827f17aebe_2

なんかね、パッケージもちょっと雰囲気変わって
お味もパワーアップしたと思う。
さらに、これ食べてると
身体の芯から燃え上がる→やる気がみなぎってくる
という謎の方程式が成立する。
天才的なラーメンだと思うcrown
そして、この激辛ラーメンを好んで食べる小4 Hちゃんも
なかなか物凄いと思う。

皆様もお試しあれ。
集中力アップするかもcatface

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »