« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月15日 (土)

いくつになっても子離れできない私

先日、娘の教育実習が無事終了しました。

特に何をしてやれるという訳ではないけれど、

私も落ち着かない気分で過ごした3週間でした。

毎日5時30分起きで学校へ行ったり、

指導案に頭を悩ませたり、研究授業の練習をしたり・・・

精神的にも肉体的にもハードな3週間だったと思います。

ムスメは、毎日の出来事を事細かに話してくれる子なので、

とても楽しく聴いて過ごしました。

つくづく教育と芸術とでは方向性が180°違うなぁ〜ということを

再認識しながら、複雑な気分で話を聴きました。

 

そんな中で、こんな私でも心打たれたエピソードがいくつかありました。

最も印象的だったのが、教頭先生のお話。

体育の先生で、かなりの経歴をお持ちのベテランと思われますが

いつも先生は  「生徒に体育が嫌いな子にはなって欲しくない」と思って

これまで過ごして来られたそうです。

こんなベテラン先生でもこんな基本的なことがモットーなんだ❗️と感動しました。

一見当たり前(みんな体育は好きに決まっているでしょう)と思われるこの話ですが、

いろ〜んな社会情勢が子どもを取り巻く現代。

決して当たり前ではないということを念頭に置かなければならないのですね。

音楽においても全く同じで、みんなが自分のように「音楽大好き」という意識ではないのです。

初めから美しい音を🎵 という意識ではない場合がほとんどで、

無の状態から心を耕し、音楽の種を蒔き、肥料をあげ、芽が出るチャンスをじっと待つ。

ここが最も大切な部分なのに、つい見落としてしまうことも・・・

ヘタすると、それこそ“音楽が嫌いな子”を輩出してしまう訳で、

それは絶対に避けなければならないことですわ。

 

おおっと、話が脱線しましたわね。話を戻します。

予想通り、感動の教育実習だったようです。

生徒達がとても可愛く感じられ

ピリ辛だった担当の先生の温かさを感じたり

周りの先生方に感謝したり

涙、涙の最終日。

学びの多い3週間だったようです。

あんなに、嫌だ、不安だ、自分には出来ない、

と叫んでいたムスメも、今や別人。やり切れた喜びを感じております。

どんな事でも、出来ることには積極的にトライしてみるべきですね。

この変身ぶりには、観ている私も感動。楽しかった🎀

 

でもね。明日になったら、ヤツは東京に戻って行ってしまうんです。

見送りでは絶対泣かないぞ、と心では想ってるんですけどね・・・😔

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »