« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年7月

2019年7月21日 (日)

衝撃のレッスン

世間では夏休み目前🐬

うきうき⛱るんるんといった頃でしょうか。

 

PTNAもだんだん修羅場を迎えてきました。

今が頑張り時なのかな。

先週は松本和将先生、今週は秋山徹也先生のアドバイスレッスンがあり、

3名の生徒さんが受講されたので、私も聴講させていただきました。

 

この2週間レッスンがとても衝撃的だったことは言うまでもありません。

多くを学ばせていただきました。

・・・というか、つくづく自分て力ないよなぁ〜

と思い知らされた感じ。

ま、それは今回のみならず毎回のことなんですけどね。

 

先週、今週と続いて最も衝撃的だったのは

先生のタイプも雰囲気も、ぜーんぜん異なる🌗

もう、これは楽しいというのかなんというのか・・・。

深いなぁ〜と思いましたわ。

伝え方は一つだけではない、ということを目の前で見せてもらえた感じ。

レッスンの中に先生のお人柄も垣間見え

お陰様で私はピアノに釘付け。

あーでもない、こーでもない、と考える・・・キリがない😶

 

この連チャン❗️アドバイスレッスン で学んだこと。

生徒ちゃんと共に過ごした時間が長くなると、

無意識のうちに「この子の音はこんな感じ」「この子の弾き方はこんなの」

と、思い込んでしまっているけれど

そこについて考えるのが私の役目。

出てくる音を見逃してはならない、と思いましたの。

この子の個性だ、と考えることは、単なるオマケとか妥協で終わってしまうこともあり。

 タッチ、姿勢、は音に大きく関係がありますから?

当たり前のことに、今更気付く。

 

またしても、締め切り前に

課題がたくさん出てきました。

笑笑。

 

 

2019年7月 6日 (土)

短冊に願い事を書く♪

明日は7月7日、七夕。

織姫様と彦星様は会えるのかな。

 

先週、レッスンに来た年中ちゃんの、

保育園で短冊に「ピアノが上手になれますように」って書いた🎀

という報告を受けて超絶喜ぶ私。・・・つくづく単純。

 

けれど、このちっちゃな生徒ちゃん

年少さんからレッスンに来てくれていたけど

最初からレッスンに乗れたわけではなく、

私も毎週ドキドキハラハラしながら過ごした時期がありました。それもかなり長く。

その子が‼️一年経って、こんな願い事をしてくれてると知ってしまったら

そりゃ〜嬉しくないワケがないでしょう🙆🏻‍♀️

 

で、ここで味をしめた私。

片っ端から生徒ちゃん達に「短冊の願い事は何書いたの?」

と聴きまくる。←アホだね

笑笑、みんな結構「ピアノが上手くなりたい」と書いてくれてることが発覚。

そうか。

つまり、みんな大なり小なりピアノへの想いを持ってくれているという事ですわね。

とっても些細な事ではありますが

そんな生徒ちゃん達の意識を垣間見られたことが、私にとってはパワーの源。

頑張りたい気持ちも湧いてくるんですね。感謝🙏

 

私も子ども時代、短冊にイロイロ願い事書いてました。

自分自身の記憶ではずーっとエレクトーンとかピアノとかの先生になりたい

とか上手になりたい、と書き続けていました。

高校時代にちょっとよそ見をしたこともあったけど?

でも巡り巡って結局は音楽。

 

私自身も、それなりの回り道をしてきたとは思いますが

そんな時代があって今がある。

これから先もたくさん回り道はアリでしょうね。

 

最後に。

今自分が一枚だけ短冊を書くなら

「私のまわりの音楽の笑顔がより多く見られますように。」

 

願い事はあちこちたくさんありすぎて、一つには絞れない。

けれど、これが私の生活の主軸なのです。

自分が音楽好きであったのと同様に愛する生徒ちゃん達にも

音楽大好きであってほしい。

 

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »