文化・芸術

2017年12月 8日 (金)

芸術鑑賞♪

早いもので、12月ももう1週間以上過ぎてしまいました。今年も残りわずか・・・

今年の始めに、「お仕事パワーアップしよう!」と新年の誓い(sign02)を立てたのですが、いざパワーアップ・・・と言っても何からどうしようtyphoon みたいな感じでしたの。漠然としていたし、そんな一朝一夕にできる事ではない。

そんなところへ、生徒さんが‘県民カレッジ’という講座を紹介して下さり、4月から週に一度某高校へ自分磨きに行っております。
音楽、舞台、映画、いろーんなものを鑑賞する講座で、普段自分一人では絶対観ないだろうというものや、舞台裏なんかも解説して下さるんですよ〜。
これまで、ミュージカル、オーケストラ、オペラ、バレエ、歌舞伎、といろんなジャンルのものを視聴してきて、今日は宝塚🌹 どの世界も、美しいshine 感動sign01 演じるということは、なーんて深いことなのかと、改めて思いましたの。華やかな舞台ではあるけれど、そこに至るまでは数々の努力も苦悩もあっただろうなぁ〜。

今の私にとっては毎週1回講座に出かけるというのは結構大変な時もあります。が、ここでいろんな芸術作品を視聴することで、気分が前向きになれ、元気が湧いてくるのです。忙しくて美しいものを美しいと感じる心すら持てない、という状況は脱出flair
(結果に繋がっているのかはさておき)パワーアップにむかって、努力しているのではないかと自己満足note
何歳になっても学ぶ機会を持ち続けたいと思います。


2008年7月31日 (木)

ミュージカル

今日は、「第一回とやま世界子ども舞台芸術祭」という演劇祭でオーバードホールへ言ってきました。その名の通り、世界各地で演劇や舞台芸術に研鑽を積んでいる子どもたちが集まり、お互い異文化に触れ合おうという催し。

私が観させていただいたのは「夢の時間」というミュージカル!?モダンバレエ!?・・・だったのですが、この舞台、出演者はもちろん、音楽を演奏するのも全て子どもの力というからすごい!当然ながら指導や裏方に当たる部分には大人の援助があり、長い準備期間を経て今日の本番を迎えられたのですが・・・ 「子どもの力で」とは言うけれど、とても本格的で、完成度も高く、まさに舞台芸術なのですよ~note

素晴らしい音楽と、ダンス。本当にステキなので観ていてうっとり。踊りにもソロあり、群舞ありで、やはり本物が与える感動は深いものがあります。こうやって華やかな舞台にたどりつくまでこの子達とその家族はどれだけの努力を重ねたのだろう。努力している・・・なんていう感覚もなく過ごせた子もいるかもしれないけれど、中にはやはり「苦しい」とか「大変」なんて感じた子もいるのではないかしら? そんなことも何もかも乗り越えてたどり着いた本番は本当に楽しく、達成感もあるのでしょうね。これぞ舞台芸術の神髄!

演奏者の中にも、バレエを踊っている子たちの中にも知り合いの子が数名いらっしゃって、ワクワクしながら鑑賞させていただきましたワ。きっと出演者の皆さんもこの舞台を通して多くのことを感じ、学ばれたことでしょうね。

20080731134841 さて、あの広いオーバードホールも、外国の方々や何かエラそうな来賓の方々でいっぱいに埋まり・・・私達が案内された客席は、5階席gawk ホールの天井がすぐ上にあり驚いていたのですが、もっと驚いたのは下に広がる舞台sign03 5階まで来ると、断崖絶壁で目がくらみ、はっきり言ってコワいshock 私って高所恐怖症だったのかしら・・・  何はともあれ、何事も本物はすごい~