日記・コラム・つぶやき

2019年7月 6日 (土)

短冊に願い事を書く♪

明日は7月7日、七夕。

織姫様と彦星様は会えるのかな。

 

先週、レッスンに来た年中ちゃんの、

保育園で短冊に「ピアノが上手になれますように」って書いた🎀

という報告を受けて超絶喜ぶ私。・・・つくづく単純。

 

けれど、このちっちゃな生徒ちゃん

年少さんからレッスンに来てくれていたけど

最初からレッスンに乗れたわけではなく、

私も毎週ドキドキハラハラしながら過ごした時期がありました。それもかなり長く。

その子が‼️一年経って、こんな願い事をしてくれてると知ってしまったら

そりゃ〜嬉しくないワケがないでしょう🙆🏻‍♀️

 

で、ここで味をしめた私。

片っ端から生徒ちゃん達に「短冊の願い事は何書いたの?」

と聴きまくる。←アホだね

笑笑、みんな結構「ピアノが上手くなりたい」と書いてくれてることが発覚。

そうか。

つまり、みんな大なり小なりピアノへの想いを持ってくれているという事ですわね。

とっても些細な事ではありますが

そんな生徒ちゃん達の意識を垣間見られたことが、私にとってはパワーの源。

頑張りたい気持ちも湧いてくるんですね。感謝🙏

 

私も子ども時代、短冊にイロイロ願い事書いてました。

自分自身の記憶ではずーっとエレクトーンとかピアノとかの先生になりたい

とか上手になりたい、と書き続けていました。

高校時代にちょっとよそ見をしたこともあったけど?

でも巡り巡って結局は音楽。

 

私自身も、それなりの回り道をしてきたとは思いますが

そんな時代があって今がある。

これから先もたくさん回り道はアリでしょうね。

 

最後に。

今自分が一枚だけ短冊を書くなら

「私のまわりの音楽の笑顔がより多く見られますように。」

 

願い事はあちこちたくさんありすぎて、一つには絞れない。

けれど、これが私の生活の主軸なのです。

自分が音楽好きであったのと同様に愛する生徒ちゃん達にも

音楽大好きであってほしい。

 

 

2019年6月15日 (土)

いくつになっても子離れできない私

先日、娘の教育実習が無事終了しました。

特に何をしてやれるという訳ではないけれど、

私も落ち着かない気分で過ごした3週間でした。

毎日5時30分起きで学校へ行ったり、

指導案に頭を悩ませたり、研究授業の練習をしたり・・・

精神的にも肉体的にもハードな3週間だったと思います。

ムスメは、毎日の出来事を事細かに話してくれる子なので、

とても楽しく聴いて過ごしました。

つくづく教育と芸術とでは方向性が180°違うなぁ〜ということを

再認識しながら、複雑な気分で話を聴きました。

 

そんな中で、こんな私でも心打たれたエピソードがいくつかありました。

最も印象的だったのが、教頭先生のお話。

体育の先生で、かなりの経歴をお持ちのベテランと思われますが

いつも先生は  「生徒に体育が嫌いな子にはなって欲しくない」と思って

これまで過ごして来られたそうです。

こんなベテラン先生でもこんな基本的なことがモットーなんだ❗️と感動しました。

一見当たり前(みんな体育は好きに決まっているでしょう)と思われるこの話ですが、

いろ〜んな社会情勢が子どもを取り巻く現代。

決して当たり前ではないということを念頭に置かなければならないのですね。

音楽においても全く同じで、みんなが自分のように「音楽大好き」という意識ではないのです。

初めから美しい音を🎵 という意識ではない場合がほとんどで、

無の状態から心を耕し、音楽の種を蒔き、肥料をあげ、芽が出るチャンスをじっと待つ。

ここが最も大切な部分なのに、つい見落としてしまうことも・・・

ヘタすると、それこそ“音楽が嫌いな子”を輩出してしまう訳で、

それは絶対に避けなければならないことですわ。

 

おおっと、話が脱線しましたわね。話を戻します。

予想通り、感動の教育実習だったようです。

生徒達がとても可愛く感じられ

ピリ辛だった担当の先生の温かさを感じたり

周りの先生方に感謝したり

涙、涙の最終日。

学びの多い3週間だったようです。

あんなに、嫌だ、不安だ、自分には出来ない、

と叫んでいたムスメも、今や別人。やり切れた喜びを感じております。

どんな事でも、出来ることには積極的にトライしてみるべきですね。

この変身ぶりには、観ている私も感動。楽しかった🎀

 

でもね。明日になったら、ヤツは東京に戻って行ってしまうんです。

見送りでは絶対泣かないぞ、と心では想ってるんですけどね・・・😔

 

2019年5月30日 (木)

ちっちゃいお客様

近頃では、かつての教え子だった生徒さんがママになって

かわいい赤ちゃんを連れて訪ねて来てくれたり💕

そのお子ちゃまをレッスンに通わせて下さったり🌸

私としてはとても嬉しい✨

 

36e7dd25212f4b7eb2c1ff2d462696ce

本日もかつての生徒さんが1月に生まれた赤ちゃんと

我が家に足を運んで下さいました。

いや〜‼️赤ちゃんってなんであんなにかわいいのかな。 

ちっちゃいけど力持ち

まだおしゃべりするわけではないけど存在感抜群。

なぁ〜んか目が離せないのよね。

抱っこすると、やわらかいけどずっしり重く

ほわっとあったかくて  これまたかわいい😊

 

いろんな可能性を持って生まれてきた赤ちゃん。

健やかにたくましく成長してね

そして元教え子であったママさん。

毎日忙しく、赤ちゃんの成長とともに

心配事や悩み事は出て来ることでしょうけれど

大半は過ぎてしまえばよき思い出。

ちっちゃい子との生活を存分に楽しんでね

 

こうやって、かつての生徒さんたちがママ・パパになるということは

嬉しい反面

それ程に自分も歳を重ねていくのを感じる。

 時の流れというものは、ほんっとに容赦ないです😔

2019年5月23日 (木)

教育実習の思い出

突然私ごとではございますが。

ただ今娘が帰省中。

ヤツが帰って来ると、とても賑やかで心もほっこりできますの♨️

反面、なかなか部屋が片付かない

(美容にうるさいから)食生活に気を使う

私の自己中生活ペースを貫くことができない

など、様々な影響があります。

まぁ、家族とはそんなものですわね。

大学の話  お友達の話  音楽の話

尽きることなく永遠にしゃべり続ける

お友達の間ではラジオみたいな人、と言われてるんだそうです😔

 

そんな娘は、来週から教育実習生として母校の中学校でお世話になります。

もう卒業してから7年目で知っている先生は全くいらっしゃらないそうです。

本物の中学生さん達を相手に授業をしたり

部活動の顧問をさせてもらえたり

生徒さんたちと給食食べたりするんだそうです。

いろいろ揉まれて逞ましくなってくれることを祈る。

毎日、不安だ〜と1日100回ぐらいつぶやいております😅

私もその昔、教育実習の経験はあります。

やっぱりめっちゃくちゃ不安でしたが、終了した時には感動して号泣した記憶があります。

子どもたちがめっちゃくちゃかわいかったし🌸…けれどもう一回やりたいとは思わない💦

 

来週からは、ムスメの教育実習のとばっちりが

私にも来ると思われます😔ぜったい🌋

 

2019年4月30日 (火)

平成最終日

本日は平成最終日。

明日からは「令和」新時代の始まりです。

 

思い起こせば、「平成」が始まるまさにその時

私は大学受験生だったんですよね〜。

当時は共通一次という試験があり(これは翌年センター試験となる)、

受験生にとっては運命の分かれ道?これまでの集大成?意見は様々。

その直前に昭和天皇が崩御されましたの。確か夜中だったな🌙

当時私は受験勉強しながら時代が変わるって重大なことなんだなぁ〜感じておりましたの。

そして、こうやって時代は変わっていくのか、と思いましたの。

 

あの時の改元と今回の改元は、全く雰囲気が違う!

ひとつ完了させてから改めて次へ〜と穏やかな全て準備されてる感じ。

なんか懐かしさと感謝が入り混じる平成

 

さて、その平成最終日。

私は実家の母君とお出かけする予定で楽しみにしていたんですが。

数日前から体調崩し、寝込む母君。お出かけどころではない💦
もういつもの母君とは思えないくらい人相変わってしまっておりましたの。

テンパりました。

なんで⁉どうしよう💣 の状態。

けれどね、胃に優しいフルーツとかざる蕎麦なんかを準備して

ゆ〜っくり、他愛もない話をしながら過ごしたら、

食欲ないと言ってた母君も完食、なんか声も元気そうになってきちゃって。

身体中の湿布を貼り直したら、「今から昼寝するから帰れ」と言われる始末😵

身体が辛くて眠ることもできなかったんだって。

さすが我が母君♨眠れる=回復モードということで一安心。

 

平成最後にと予定していたお出かけ出来なかったのは残念でしたが

じっくり母君との時間を過ごせて

こんな時間は貴重。

いつもお世話になりっ放しの私でも母君のために出来ることがあるなら嬉しい。

母君には元気でいてもらわないと困る‼️

 

楽しみにしていた連休も半ば。

過ぎてしまったら⁇⁇何だったのか、とならぬよう

過ごしたいものですわ🌸

明日からは「令和」✨

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月 9日 (火)

新入学㊗️その2

本日は、新中1の生徒ちゃんのレッスンが数名。

不思議なもので、つい先週もレッスンでお顔見ていたばかりなのに

なぁんか今日はキリッと大人びて見えて

すっかり中学生の顔になっていました。

学校は、楽しい🎶とのこと。聴いてるだけで私もワクワク。

 

中学生と言うと気になるのは部活動。

本日の生徒ちゃんたちは、

それぞれ合唱部とバスケ🏀を検討中なのだそうです。

合唱はいいけど、バスケなんてピアノの天敵😵

ですが今年の4名の新中1生のうち3名はバスケ部に興味あるんですって。

こんなことはこれまで史上大変珍しいと思いますの。

世間ではバスケが流行ってたりするのかな?

今、我が家の中学生の生徒ちゃんたちは、

野球、サッカー、合唱、吹奏楽、バドミントン、テニス

に所属しながらもピアノやエレクトーンのレッスンを続けている訳で

みんなそれぞれ忙しい中でも音楽を楽しんでくれていることに

大きな喜びを感じています。

ここから先も、心から応援・サポートさせていただきます。

今週は、まだまだフレッシャーズに会えますの👍🏻

るんるん楽しみ🌸

 

 

 

2019年4月 8日 (月)

新入学㊗️

世間では入学シーズン真っただ中。

我が家はもう入学式迎えるような子がいなくなっちゃったので

ちょっとさみしい⤵

お昼ごろ、ちょっと出かける用事があって外に出ると

新一年生ちゃんたちの下校時刻だったらしく

お母様方が通学路でお出迎えされる姿があちこちに見られました。

我が家でもそんな時代もあったなぁ〜と

とても懐かしく、恋しくなりました。

 

さて、今日は先週末に小学校に入学したTくん、

本日めでたく音楽コースに入学したMちゃん、

同じく志望校に入学した姪っ子ちゃんが

元気そうなお顔を見せてくれました。

入学式帰りでお洒落したママと、真新しい制服を着た娘ちゃんたち。

いいなぁ〜、思わず顔が綻びますわ💕

新しい環境、すぐには慣れないこともあるのかもしれないけれど

はやく自分のペースというものに乗っかれるといいね。

明日は新中学生ちゃんたちがレッスンにやって来てくれる予定。

どんなお顔見せてくれるのか〜るんるん楽しみ🎶

 

 

2019年4月 2日 (火)

始まりました

いよいよ新年度が始まりました。

今年度も元気に過ごしていきたいと思います。

 

昨日は5月からの新元号が発表になり

TVも新聞も「令和」でもちきり。

最初3文字に驚いたのですが、

なんだかキレイな洗練された印象で素敵です✨✨✨
これからの新しい時代は、どんな時代になっていくのでしょうね〜


 F48a65bbd41546e9964adc7b9515523b 新年度が始まった4月だというのにこの寒さ😖

今朝なんて、うっすら雪まで積もっちゃって

冬に逆戻り。

はやく暖かくならないかな。

桜の花も凍ってしまう🌸

 

生徒ちゃん達もみんなひとつづつ学年が大きくなり

新学期を待ち侘びている(かな?)

 

 

 

 

 

 

2019年2月20日 (水)

もうすぐそこまで

節分から はや2週間あまりが過ぎ、
近ごろ、ほんのり空気が暖かく感じられるようになりました。
夕方、日が長くなったり
春はもう、すぐそこまで来ているんですね

我が家の生徒さんは相変わらず頑張ってます。
寒さなんてなんのその。
インフルエンザも寄せ付けず

さて、あっちもこっちも受験真っ只中のこの時期。
我が家のお教室でも、先日第一志望校合格第1号が出ました。
超絶喜んでおります
私が入試に関与できることといえば、
この道しかありません〜。
めでたく合格できた生徒さんはただ今、
クオリティ高く弾ける曲を一曲でも多く持とうと修行中。
入試が終わったばかりだというのに、厳しい世界ですね

そして、同じく受験真っ只中だというのに、マイペースでレッスンに通い続ける
物凄いお方も。
学業には全力投球。決して手を抜く事なく。
でも、「受験=いつものテスト」みたいな感じで
卒業式の合唱伴奏もやるんだそうです。
やると決めたら納得いくまで、という姿勢がとても素敵。
その意思の強さ、行動力には脱帽です。
・・・たまにこういう生徒さんに出会ったことはありましたが、(多くはないですよ)


こんな生徒さんを預からせていただけることに感謝。
彼女たちは、身をもって私に多くのメッセージを伝えてくれます。
私にとっては貴重なエネルギー源でもあります。

受験生ではなくとも、みんなそれぞれ目指したいところがあります。
いつも前を向いて行こう。
春は近い。

2019年2月 3日 (日)

パントマイムを観た!

本日、ひょーんなことからパントマイムを観る機会がありました。

パントマイムを生で観たのは、もしかしたら初めてかもしれない。
言葉を全く話さないで、
身体の動きや顔の表情だけで表現するパントマイム。
舞台の上には無いはずの壁や綱があるように見える、とても不思議なショータイムでした。

これも表現の世界。
伝えたいイメージに向かってとことん追求されたんだろうなぁ〜と感じました。
そして、見事にそれが観ている人たちに伝わっていて、
すっかり子どもたちは魅了されていました。

やっぱり子どもは、本物や芸術を感じる力がすごいと思いました。
それを自分の身に関連付けて考えると
責任を感じ、ゾっとします
ゴマカシは通用しない
それはわかってるんですけどね・・・

より以前の記事一覧