音楽

2018年12月14日 (金)

今年最後の定例会

本日は今年最後のjet定例会に行ってきました。

本日のお題は「PAについて」
ピアノソロ、連弾、アコースティック楽器のアンサンブルにおいては
PAなんて必要ないけれど、
ひとつでも電子ものが加わるとPAが必要になってくるんですね。
ヴォーカルマイクなんかはもちろん。ギター、ベース、キーボード…
んでもって、PAと一言に言うけれど、
楽器の接続、スピーカーの配置、スピーカーのバランスの取り方、残響のとり方など
めっちゃくちゃ深いものなんですね。

話を聴いていて、これはカンタンに理解して実行できるようなことではない事がよくわかった。
さらに。
PA の達人になるには、いい音、いいバランス、
それらが判る耳を持っていなければならない事もわかった。
音の世界はまだまだ理解できないことが多く、でもどれもビミョーに関係している。
本日得た知識は一体いつどこで活かせるのか…ナゾ

2d030928b3fe4cc78f6197727f23dff4さて、定例会の後は、忘年ランチ会。
今年一年を振り返る
出会い、別れ、再会、いろんなことがありました。
音楽を通して泣いたり、悩んだり、笑ったり
そんな思い出を、jetの先生方と語り合いました。
ここのメンバーは年の差推定20歳くらいあるのですが
固い絆で結ばれている感じがします。
今年も大変お世話になりました。
これから先も、ますます頑張っていきたいと思いますnote

2018年11月25日 (日)

久々にオケ

秋の3連休。
今回は、私もお休みを取らせていただきました。
心ゆくまで好き〜にピアノを弾き
気になっていた家事や庭のお手入れ、買い物なんかもしましたhappy01
毎日のヨガも欠かさずscissors

で、最終日の本日は、高岡フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に行ってきました。
数年前にこのオケの常任指揮を務める先生にピアノのレッスンをみて頂いたのがご縁で、
以来、毎年聴きに行くようになりました。
26b923b1f7e9446b87a80dec86c8102c
昨年までは、高岡市民会館というホールで開催されていた定演。
昨年そのホールが閉館になってしまったので、
今年はちょっとコンパクトなウィングウィング。
とっても舞台が近く迫力満天、舞台上のこと何でも見えちゃう。
客席も満席。バルコニーも埋まってる。
ホールが変わるとこんなにも雰囲気が変わるものなのですね。

演奏は、初めて聴いた曲もあってとても素敵でした
もうちょっと広いホールの方がこのオケの良さがでたのかも…
いろいろ学べたコンサートでした。
そして。コントラバスの重厚な低音に何度も心揺さぶられました。
かっこいい …clover
忘れられない、いや忘れてしまいたくない響きでしたわ。
やっぱりオケはいいなぁ


2018年11月18日 (日)

ステップにて

本日は新川ステップのお手伝いで入善コスモホールに行ってきました。

本日のステップアドバイザーさんの中には
私が超絶尊敬しているあの鈴木弘尚先生、武田朋枝先生がいらっしゃいました。
そこで生徒のMちゃん(中3)が参加されることになり、
私はここ数週間、嬉しいような、でも自信があるわけでもなく、Mちゃんにも達成感味わって欲しい、
緊張感が絶えないビミョー な心境で過ごしてきました。

Mちゃんは、ここ数週間の特訓の甲斐あって、無難に弾けていました。
そして、アドバイザーの先生方からの本当に温かく、的確な講評のお陰で
新しい課題が明らかに見えてきました。
今回苦しい状況の中でもトライしてみて本当に良かったと思いました。

私自身の反省。
生徒の力をもっと信じる心を持たなきゃダメだと思いました。
みんな伸びる力を必ず持っていて、伸ばすタイミングと方法がいつ見つかるか、というのが問題。
私が弱気で心配ばかりしていては何も始まらない。

さて、鈴木先生のトークコンサートはいつもながら素敵でしたshine
ダイナミックで繊細、シブいsign01
近頃は鈴木先生のレッスン、演奏、おしゃべり〜、
どれも聴けば聴くほど魅力的だと思うようになりました。
新川スタッフの先生方の演奏も、ステップ参加者の方の演奏も
聴き応えがあって、1日音楽の漬物になって過ごしました。幸せnote

さて。このホールはとってもゴージャスな造りで、音の響きも美しく、
とても素晴らしいホールなんです。
実はいつか、ここで我が家の発表会してみたいなぁ〜
なんて真面目に考えているんです。
けれど、片道1時間強の道のりは
キツイですよねーgawk

2018年11月 4日 (日)

今年も無事終了

88e831532e8d4b07aac14fab2bf09a21
本日、我が家の一大イベントである発表会が無事終了致しました。

生徒のみなさん、今年もたくさんの感動をありがとう!

今日の発表会に向けて、早い人は夏前から準備をして来ました。
年々、皆さんが大きく成長されるようになってきて、
心から嬉しく思っている反面
近頃は私がしっかりしなきゃ、この子たちをこの先育てられない
とさえ時々感じてしまいます。

私もこの歳になってから、更にイロイロやってるつもりなんですけどね。
我が家の生徒ちゃんたちがとても優秀で
何でもスンナリ吸収できる子たちなので
私はそれに追いつくのに必死ですsweat01
笑笑、子どもの力に負けてなるものか!と、必死で足掻いている、というのが正直なところ。

音楽を心の友としてほしい、というのが私たちの願い。
随分、音楽が生活の一部・音楽とともに成長していることが感じられるようなりました。
これから先も、ぶいぶい行きたいと思っています。只今、作戦を練っていvるところgood

そんな訳で、これまでもまあ頑張ってきたけど、
明日からまた心新たに歩き出します。
生徒のみなさん、本当によく頑張りましたね。
また新しい目標を見付けて再出発。
私は皆さんとともに歩きますnote

今日お世話になった方々💕

B72447dc0c4f435182dd5d3c6369aa48

ありがとうございました😊


725769c841314c26b92b758225ea5014


2018年10月23日 (火)

なんかいつもとちがう2週間前

先日、2週間後に迫った発表会のリハーサル をしました。

私が大切に育ててきた、年中さんから中学3年生までの生徒さん
発表会は前回の発表会からこの一年間の集大成。

ご父兄にとっては我が子の成長のみならず
共に学びながら過ごしてきた同世代の子どもたちの成長をも
実感し、楽しめる瞬間ではないでしょうか?

今年は定番のちびっこちゃんのハンドベルに加えて
小学生さんたちが 轟千尋先生作曲の 組曲「四季のうた」を演奏します。
アンサンブルや連弾を通して、音楽の魅力をもっと知って欲しいshineという願いでいます。

年も学校も住んでる地域も全く違う生徒さん同士うち解けて、
練習の終わりごろには、すっかり意気投合・別れを惜しんでいる姿も見られ
微笑ましくもあり、羨ましくもありました。この年齢ならではですものね〜

ソロのほうもみんなよく頑張っていますnote
ちょっとこれは難しいかな?と思って手渡した曲も
それなりに形になってきてheart01みんなたくましいfuji

発表会2週間前。私事ですが。
普段ならこの時期は夏前から長く準備してきている疲れと、本番が近付いてくる不安で
気持ちがどんより沈んでいたりする事も多いのですが
今年は元気ですapple妙な意欲が・・・
先日お会いできたオーストラリアの大師匠が教えてくれた事flair
先生のパワーを生徒は確実にキャッチするsign03

と、そんな訳でるんるん💕楽しみ

2018年10月 4日 (木)

さすが わが師匠!

本日、私にとっての大師匠と運命の再会を果たすことができました。

これまで何人もの先生にお世話になってきたけれど
私がもっと音楽をやりたい!と思ったのは、この大師匠のおかげ。
そこから、山あり谷ありながらも音楽を続けていられる現在に至る。


大師匠に最後にお会いしたのは◯十年以上前のこと。
随分ご無沙汰していたので、(会いたいけど)もう一生会えないのかなぁ〜
なんて思っていました。

が、きっかけは突然やって来るsign01
ボーっとFB眺めていたら、大師匠を発見
すかさずお友だちリクエストしてみたら、
なんと大師匠は日本に帰国中だったflair ←普段は海外airplane
しかも2日後にピアノレッスンの勉強会を開催してくださるとのこと

ものすごい偶然が重なって、本日運命の再会に至った訳です。

いやぁ〜。やっぱり大師匠はすごいflair
なんか惹きつけられるんです〜 これはマジックだ。
んでもって、やる気が出てくるpunch
子ども時代、こんな先生に自分はレッスンみていただいてたんだなぁ〜
恵まれていたんだなぁ〜 としみじみ思いました。


74193db03501439faec2f2f229c92ded

本日の勉強会では、初めてお目にかかった先生もいらっしゃいました。
偶然が偶然を呼び、不思議なご縁でめぐり会うことができた先生方。
ですが、あまり初対面っていう感じがしない。
ちらっとお話ししただけなんだけど、何か伝わってくるものがあるんですclover
これが、音楽という共通項で結ばれている現象なのか・・・

大師匠からパワーを与えられ、
お陰様で本日はとってもやる気モードnotes
大師匠は何事もダイナミック。中途半端はありえない。
で、めちゃくちゃ温かいspa
何歳になっても離れていても私にとっては大師匠。

2018年9月26日 (水)

深すぎる

本日は、またもやあの!
鈴木弘尚先生のトークコンサートに行ってきました。
最近よく富山にいらっしゃる鈴木先生。
私は7月のアドバイスレッスン以来、すっかり鈴木先生のファンですのribbon
今朝なんて、絶対遅刻しないように朝から気合い入って超絶早起き。
我ながら驚きeye

おおっと、話が脱線。
本日のトークコンサートはヤマハのグランドピアノS3Xというピアノの
お披露目コンサートだったんですね。
グランドピアノも日々進化していて、
微妙にリニューアルしているんですね。
一般的なCシリーズとちょっとハイクォリティなSシリーズ。
この2つで、鈴木先生が同じ曲を演奏されるのですが、
演奏が全然違うsign01
Sシリーズから出てくる音って、ほーんとうにすごい。
Cだってそれなりにいい楽器なのに、それを更に追求した感じ。

あの音を聴いてしまったら、欲しくなっちゃう。
けどお値段も、ものすごいんですわ。
我が家のピアノ2台とエレクトーン2台合わせてもS3Xにはかなわないsweat01
笑笑、秀逸なものとは入手するのも困難、ということですわね。

鈴木先生の演奏には毎回惚れ惚れnote
加えて今回の聴き比べはとても興味深く
鈴木先生の子ども時代〜イタリア留学時代の話はとても楽しく
聴き処満載のコンサートでした。

つくづく思う。
ピアノって一体何事だろう。
深すぎるわ。

2018年9月19日 (水)

@宇奈月

551374fc75b346c7adba370d7003841c

行ってきましたshine モーツァルトnotes

いやぁ〜、めちゃくちゃ おもしろかったですわ。
昨年に引き続き今年も。

朝10時からの演奏って。出発早いな〜
弾けるかどうか心配なところは各曲に必ずあるし
MC大丈夫だろか など。

不安要素は山ほどあって迎えた本番
いっぱいヘンなこともしたけど、終わってしまえば気分爽快。
演奏前と演奏後でメンタルはどうしてこんなにも真逆なのかgawk
不思議、不思議〜

2年目の今年は、演奏の合間にあちこち見たり聴いたりする心の余裕がありました。
そうなると、また楽しい。
0cfe5bc7bac542adb326a827301b00fe
行く先々に知りあいがいたり、応援に駆け付けてくださった方々もチラホラclover
音楽の輪って本当に素敵だなぁ〜つくづく感謝。

D61db6c9bd2346ec83429a293cc0f0a1

温泉街を結ぶ電気バスcatface その名もEMU
この運転手さんをはじめ、スタッフの方々も、お店の方々も
皆さん温かくて和やかで
とても居心地のいい 街でした。

んで、夜はみんなで温泉。
演奏の動画観て振り返る。
反省も多々あるけど、やって良かったと思う。

またやろっと。
何事も一回きりではモノにならない。
続けることで見えてくることはまだまだたくさんあるんだろうね。

2018年9月13日 (木)

今年もやってきた

今年も宇奈月モーツァルト祭の時期がやってきました。

昨年に引き続き、今年も演奏しますnote
なんと今年はひょんなことからメンバーが増え、
4人!
いつも超絶お世話になっている先輩先生方happy01

36e8548aeadd40ad93b088c81e613593


6月に参加することを決めてからこれまで
時にのんびり、
時に喝を入れ合いながら
ワイワイ楽しく練習を重ねてきました。

9月なんてまだまだ先のこと、と思っていたのに、
もう今週末。
今日が最後の練習というのが信じられないですわsweat02

練習サボる、脱線、弾けないところはゴマかす、
これら全てにおいて女王級の私が、ここまでやって来られたのも
この先生方とのチームワークがあったからこそ。

というわけで、私たちの演奏は3日後ですhappy01


2018年9月 8日 (土)

フル回転のセミナー

先日、金子一郎先生による
「ソナタ形式、ロンド形式とは」というセミナーを受講してきました。

いやぁ〜、面白かったですわ。
話の展開がめちゃくちゃ速く、ついて行くだけで必死。
一瞬でも聴き逃せないという緊張感、久しぶりに味わいました。
当然ながら学んだことは数知れず。

ソナタ形式、ロンド形式を生徒ちゃんと分析しながら、
自分が混乱してきて生徒ちゃんとともに迷宮入りしてしまう、
ということはよくあること(情けない👽)
けれど、金子先生がスイスイわかりやす〜く導いてくださると
私でも自力で分析できたような気分になってしまう。
んで、(お調子者なので)次はコレを自力で分析してみよう・・・という気持ちがbud

この、「わかった→次は自力で」
という気持ちになることがものすごく大切なポイントなんだなぁと思いましたの。
そんな気持ちになるためには、
そんな解説を聴くまでに最低限の知識と経験がないと成立しなかったわけです。
生徒ちゃんたちに何かを教えるにしても
物事には守るべき順序というものがあるんですね〜笑笑

この金子先生とは、ピティナ特級グランプリ受賞者。
さらに実は早稲田大学付属高等学校・中学校の数学の先生、という2足の草鞋を踏む人物なのです。
世にはこんな物凄いお方もいらっしゃるんです。

あっさり、目的はこれ!ってのがハッキリしていて
エネルギーを感じました。
こんなにあっさりポイントだけ伝えるのは
とても難易度の高い事だと思いましたの。
お見事flair

より以前の記事一覧