音楽

2020年11月24日 (火)

発表会シーズンに向けて🌸

私は11月1日に発表会を開催したところですが

周りのお友達先生方は今からどどどっと発表会ピークを迎えます。

去る3連休にも、今月末にも来月も毎週のように誰か発表会やってるという

まさに発表会シーズン🎶

 

今年はみんなコロ右衛門のことが気になって

どうやって開催した、とか どんな事が大変だった、とか

情報交換が盛んです。

どの先生も、制約ある範囲内で自分らしい発表会をやろうと、

試行錯誤されてるって事ですよね。

またコロ右衛門第3波が始まってきているので

これからの先生方は、私達以上に感染対策に気を遣われなきゃならないのでしょう。

 

本日は昨日発表会をやった先生が

お貸ししていたカジュアル(ポータブルタイプのエレクトーン)

を返却に来てくださって、そのついでにおしゃべり会。

発表会で実際に起こったトラブルを聞いてぎょぎょっ😳

PA担当者が変わったら、当日の配線も自分でやるよう言われて

自前のPAセットを持ち込んだとか。

↑これって、何のためのPA担当者かわからないよね😅

そんなことが、自分の身に降りかかったらエライ事です😑ありえん。

けれど、そんな系統のトラブルは日常茶飯事

何事も冷静に対応出来るようでなければ‼️

これもある程度知識を身につけたら

あとは経験を積む🧐

一方で、ただつなげば音が出る、てものではなくて

つないだ後のバランスや残響などで

スーッといい音になったりやぼったい感じになっちゃったりするんです〜

それがPAの腕前というやつね。

つくづく思う。

音の世界ってこわい🤖ナゾ

 

お友達の先生方🎀ご検討お祈りいたします🎶


 

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

東京にいきたい病

ただいま、東京にいきたい病 発病中

定期的にこんな気持ちになります😅

今年は、その気持ちの波と

コロナ感染激増のバイオリズムが見事に一致。

→泣く泣く諦める💦

 

 

10aebd182ce441db8658756324ab1642 今回は、このコンサートに行きたかった🥺

毎年5月の連休に開催されるのですが、

今年は緊急事態宣言の真っ只中で

約半年後の明日に延期になったんですね。

私事ながら、これに娘が出演します。

 

大学入りたてだった頃、寮でたまたま意気投合したお友達のHちゃん。

声楽科のお方だったので、ピアノの娘といつもコンビを組んで

学内演奏会、コンクール〜と出演してきました。

そのHちゃんの伴奏者としての出演です。

このHちゃんとの出会いがあったお陰で、娘はソロのみならず伴奏の勉強も頑張れた、と申しております。

本当に、遠く離れていても、いつもあちこち演奏活動忙しそうで充実しているように見えました。

そして、音楽家として逞しく成長していく様子が感じ取れました。

この2人のコンビも、はや5年目に突入。

 

公演が半年延期になったという事で、私も娘もすっかりこの演奏会の事を忘れていた🤢

今週初めにそれを伝えられ、そんな事聞いたら行きたくならない訳がない🤖

But. ここ2日間ほどの様子を見ていたら、東京に出かける勇気もない。

切ないものです〜😢

 

これから 羽ばたいていく方々の演奏。

聴きたかったです。

きっとエネルギッシュでみずみずしい感性が漲ってるんだろな。

Hちゃんも、娘も、悔いなく演奏して欲しいと願っています。

 

ちなみに、娘はいつも本番近付いて来ると全く音信不通になります。

普段は、ほんのちょっとした事でもいつも報告してくれる子なんです〜

あの曲がどうした、とか 新作のお料理にトライした、とか〜

ここ数日は貝のように音沙汰無し😅

きっと彼女なりに集中している時なんだろな。

| | コメント (2)

2020年11月 7日 (土)

あっとうい間の一週間

早いもので、感動の発表会から一週間。

今週は発表会の後片付けと事務処理いろいろ

生徒ちゃんたちの新しい目標作りでバタバタ〜と過ぎていきました。

今週は発表会直後ではありますが、中高生のテストの予定に備えて

フツーにレッスンしております。

生徒ちゃんたちには大体4〜6ヶ月単位での目標を決めておりますの。

半年後にはチェルニー30番に入る、とか

次の半年はコンクール目指す、

とかいう具合で、かなり大雑把ですが、

その目標がないと宙ぶらりんで

時間だけがあっという間に過ぎてしまうという恐れも、、、

いつも音楽のアンテナを貼って、前に進んでいて欲しいと思っています。

冬はいろんな音楽イベントもあるので、楽しみです🌸

 

さて、発表会のどさくさに紛れて自分の練習は超お粗末🤢

ですが、来週はレッスンもあるので、

そろそろ心して練習しなければ😅

 

余談ですが、アメリカの大統領選挙の行方はどうなるのかな😅

私個人的にはややトランプさん推しです。

理由:バイデンさんは親中家だそうですから。

今のこのコロ右衛門騒動がうやむやになっていくのがイヤなのですわ。

この結果によって私たちも多少影響受けることでしょう。

教育も経済も社会生活もはやく落ち着いて欲しいなぁ〜

 

 

| | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

忘れられない発表会となりました

11月1日

お教室の一大イベントである発表会が無事終了致しました。

今年もたくさんの感動をありがとうございました。

 

こんなコロナ禍での開催は、

あっちもこっちも細心の注意を図るのはあたり前。

保護者の皆様のご理解とご協力も必須。

こんな中で開催する割にはつまらない発表会だった・・・

とは絶対に思って欲しくなかったです。

ポイントは、「短く簡素化、けれど内容はしっかり」

 

思い起こせば7月。

オンラインレッスンが終わって対面レッスンできるようになってから1ヶ月。

まずは選曲から始まる。

なぁ〜んとなく今年は皆さま背伸び気味。(本心、なんで⁉️やばい)

アンサンブルや連弾は練習が困難なのでできなかったから

一曲入魂の思いもありました。

準備が進んでくると、意外なことにみんなよく弾いてくれていて

例年のような曲が仕上がらない焦りはあまり無く

私も生徒ちゃん達も少し曲への想いが熱かったような気がしますわ

一人一人、まだまだいろんな可能性を持っているんですね🎀

 

また、レッスンの傍らで生徒ちゃんたちのリモート演奏を作成していて

これがまためちゃくちゃ大変だったのですが

これまで自分の指導に足りなかったことをハッキリ思い知らされた感があります。

発見の連続😑

いろんな気持ちが複雑に絡み合って迎えた発表会でしたし

感染防止対策で慣れない事も多く

ある意味思い出に残った発表会でした。

そんな中でも開催できて良かったと思っております。

ご理解とご協力下さった保護者の皆様

楽しい時ばかりではないけれど音楽を頑張ってきた生徒ちゃんたち

本当にありがとうございました。

 

次の発表会はどうなる事やら・・・

| | コメント (2)

2020年10月18日 (日)

2週間前です

発表会 ちょうど2週間前です。

今年はこんな年だから・・・ 妙な落ち着きがありました😓

アンサンブルとかお歌とかなにもないし

例年の芸創での練習も弾き合い会もないし(zoomはやったけど)

 

ところが、先週末になって

ホール担当者さんとの事前打ち合わせで

今年ならではの特別な準備が必要なことが発覚。

そりゃそうですわね。

こんな厳戒態勢の中でのイベントという事は、それなりの覚悟で挑まねば。

油断大敵。

 

そんな訳で、先週からレッスンの前に皆様の平熱を計測することになりましたの。

当日の会場での検温は当たり前だと思っていたけれど、平熱・・・🤔

生徒さんのみならず保護者の皆様も

 

あと、発表会は座席指定なのですよ〜

笑笑、映画館みたいね

 

最初にそれを聞いたとき「え💦」と思ったけれど

みんなが安心して発表会を楽しむためには

それが確かに無難な方法。

 

ということで。

ここへきて、例年になかったことが次々起こり

慣れない作業も増え

突然焦り始める‼️  遅い‼️

キラキラ星演奏動画はただ今編集中。

こちらはアプリの解読が進んでくると楽しい🎀

けれど、演奏動画がまだ全員集まらないのよね😅

締め切りは10日ごろとかなんとか言っていたと思うけどなぁ〜

呑気体質は生徒ちゃんたちにも遺伝するのか🤪

こちらは本番まで間に合うのかな😅

 

こんな中でも発表会を開催できるだけでもありがたいことです。

なんとか無事乗り越えられますように。

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

zoom弾きあい会

発表会まであとちょうど3週間。

ということで、本日は弾きあい会を開催しました。

といっても、3密回避のため いつもの年のようにはいかない☹️

希望者 によるzoom弾きあい会です。

各自、それぞれのお家で画面を通して演奏を聴いてもらう

↑オンラインステップからヒントをもらいました。

 

やってみての私の感想。

まぁ、いつもの臨場感には欠ける部分もありますが

ちゃ〜んと一人一人の様子や特徴は伝わってくるんですね。

やってみて良かった👍

初めて参加される生徒さんにとっては、イメージが掴めたことでしょう🎀

回数重ねた生徒さん、保護者の方々にとっては

ここからの改善点や目標が見えてきたのではないかな。

曲のこと以外にも お辞儀の仕方や曲の終わり、

2曲演奏する場合は曲間のタイミングのことなど

伝えたいことはたくさん。

 

それにしても。

家に居ながらにしてこんなことが出来るなんて

本当に便利な世の中ですよね。

この文明の力を私なりに使いこなさなければ🥺

教材作ることもできるし 用途はいろいろ。

 

さてこれからの3週間というのが

気の抜けない、大変な大切な山場。

気合いを入れて乗り越えよう✋🏻

 

 

| | コメント (2)

2020年9月15日 (火)

今年も恒例の

超絶お久しぶりでございます。

あまりに長いこと放置していたら、

このココログのログイン画面が変わってしまっていた😳

暑かった夏も過ぎ、近頃では朝夕に涼しいと感じるようになって来ました。

季節はどんどん進んでいくんですね。

コロ右衛門騒動。

これはこの先一体どうなっていくのか・・・

 

そんな中ではありますが、来たる11月1日、

お教室の発表会を開催します🙋‍♀️

これを巡ってはずっと前から迷い・悩み・あちこち相談してきました。

コロナ禍で全てを諦めてしまいたくはないですが、

何かの間違いで人の一生を狂わせてしまうようなことがあっても困る。

これ、という正解はどこにも無い。

ひとつだけ確実に言えることは

本番での演奏がピアノ学習者を成長させるということ。

舞台で演奏するためにはある程度の練習期間が必要です。

その日に向けて練習し、計画を立て、

調子の良い時も悪い時も自分をコントロールする力もつけていくわけです。

いろんなことを自分で考え、気付いていることでしょう。

例え年齢が幼くても、それなりに感じることはあるはず。

本番の演奏はたった一回、ほんの数分の出来事なのですが

そこに至るまでの道のりの長さといったら・・・

ドラマも事件も毎日勃発。

 

今年は、この「本番の演奏」というところに焦点を絞り

お友達同士の連弾も、アンサンブルも、全員合唱もなし。

一曲入魂の精神で頑張っていこうと思います。

 

一方で、こんな年ならではのお楽しみ

出演者全員による「キラキラ星変奏曲」リモート演奏動画を作成します🎶

コロ右衛門収束後、「そういえばこんな年もあったよね〜」

と振り返るきっかけになれば・・・と思っています。

 

 

| | コメント (2)

2020年8月17日 (月)

こんな中でもたくましく

去る16日は 日本クラシック音楽コンクール金沢予選を聴きに行ってきました。

じわりじわりとコロ右衛門感染者が増える中で

いろんな注意を払いながらの開催。

とてもありがたく感じられましたし

やっぱり全てを諦めたり中止にしないで

できる事をやるべき、と勇気が湧いてきました。

 

コンクールにもほんとーにいろいろあってね。

この通称「クラコン」というコンクールは

課題曲がない。

クラシック曲で弾けるんなら何を何曲弾いても良い。

あるのは時間制限だけ。

なので、小学校も高学年になると

めちゃくちゃ聴きごたえあるプログラムだったりするのです。

我が家の娘の時もそうでしたが、

だんだん大きくなると、課題曲制のコンクールだと

ちょっと窮屈になって感じる場合もあるんですね。

好きな曲を自由に表現できる、けれども

完璧な完成度でなければ全国には進めない!

というのがこのコンクールの特徴ですわね。

そんなコンクールなので、参加者にしてみたらちょっと敷居が高いのかも。

参加人数もかなり少なく、だからこそこんな状況下でも開催できるのでしょう。

 

いやぁ〜物凄かったですわ。

小6でなぜ平均律のプレリュードが弾けるのか、

チェルニー50番弾く小学生って何事⁉️みたい感じ。

さらに 中学生。

平均律(プレリュードとフーガ) とショパンエチュード

これを2セット1人で 😳

スーパー中学生ですわ。

けれど、めちゃくちゃお上手で楽しそう。

演奏する喜びを感じているのが伝わってきました。

こんなふうに生徒を育てる先生って・・・

 

我が家のお教室からもMちゃん(小5)が参加されましたの。

このお嬢ちゃまとは、今年の春・オンラインの最中に出会い🎶

そこから4ヶ月間で、タッチも音も全て変え

よくここまで頑張ってくれたなぁ〜と思います。

(私的にここから次はどこをどう直そうか・・・て感じですが)

本選に向けて・・・曲を変えている場合ではないから

何か足そうかな🤔悩みどころも山盛り。

 

コロ右衛門なんかに負けないで

音楽への気持ちを忘れずにいこう❣️

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

久々にアドバイスレッスン

あああ〜。

コロ右衛門の猛威を止める事ができる日は

やっって来るのかな🤖

なんだか、こんなウィルスのせいで

何事も自粛、中止、となっていくのがとても哀しい。

負けたくなんかないんだけど、こう長期化するとね🤢

気持ちをキープするだけでも困難

 

本日は、久しぶりにアドバイスレッスンがあり

我が家のお教室のTくんが受講されましたので、

聴講させていただきました。

本当にこんな機会は久しぶりで、

初めて生徒さんをアドバイスレッスンに送り出した時のことを思い出しました。

これって何回聴いても、体験しても毎回発見があって

感じ方も変わって 刺激的なのです。

今回特に感じたのは

アプローチの方法は一つではないから、

ブレることなくあの手この手を考えよう❗️

脱力の伝え方については本当に頭を悩ませますが

基本は音を聴く耳。

ピアノってなんとなく弾いてもそれなりの音が出る楽器ですから

音作りって難しい🥺

 

きっとTくん自身もここからは音やタッチについて悩むこともある事でしょう。

けれど、それもいずれ喜びに変わっていく時が来ると信じて👏🏻

一緒に美しい音を求めていきましょう。

 

余談ですが、本日は魚津の学びの森交流館でのレッスンでしたの。

旧洗足短期大学の跡地。

ここは撤廃されそうになったのですが

住民の署名活動により存続される事になったようです。

良かった🎀

こういう音楽家のための施設は、本当に貴重なのですよね。

 

 

| | コメント (2)

2020年6月21日 (日)

レッスンってこんな事

突然ですが

音楽教室比較.com

https://ongakuhikaku.com/piano/toyama-2/

というサイトで、我が家の音楽教室が紹介されました。

思いがけずありがたい事だと感謝しております🎀

 

今から習おうとする人にとって、数ある音楽教室の中から一つを選ぶというのは

なかなか難しくもあり、楽しくもある事ですね。

 

私は、ご縁があって巡り会えた生徒さんたちが、

「音楽をやって良かった」という気持ちになってくれる事を願いつつ

日々のレッスンに取り組んでいます。

何もない状態のところへ音楽のタネを播き

少しずつ肥料と水をあげて、やがてカラフルな大輪のお花が咲く

というのがというのが私の生徒ちゃんの成長のイメージです。

何人の生徒ちゃんがいても一人一人、見事に違います。

なかなかカンタンにはいかない場合もあります。

けれど、その誰一人同じ人はいない、というところが

とても勉強になり、刺激的なのです。スリル満点⁉️

 

同様に音楽教室においても、それぞれの先生によって特徴があります。

どの先生も勉強熱心で、生徒さんへの愛情で溢れていることは同じですが。

 

さて、現代は生徒さんと先生を結ぶツールの上位にネットがあがってくる時代です。

私もこれまでにもたくさんの生徒さんと巡り会うことができました。

けれど、残念なことに

メールリンクからとても失礼な、というか幼稚な体験レッスンのお申し込みが時々あります。

たった一通のメールにも送信者の人間性が垣間見える事はあります。

私たちにとっては大切な生徒さんをお預かりする事になるかもしれない体験レッスン。

短い時間に生徒さんの得手・不得手、特徴を見極めている訳で

第一回目のレッスンといっても過言ではなく

真剣そのもの、修羅場なのです。

無料だからといって、どこかのお店のバーゲン的感覚では困ります。

メールでお問い合わせされる場合には

お問い合わせフォームをご利用いただくか、

メールリンクからお問い合わせされる際には

お申し込み者のお名前と連絡先電話番号の明記を、

私の携帯にご連絡くださる際には発信者の番号を通知されますよう

お願い申し上げます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧