音楽

2019年4月 5日 (金)

ひとり旅

本日はピアノの大御所先生の所へレッスン見学に行って来ました。

サンダーバードではるばる遠く。

 

とある生徒ちゃんが、ご縁あって

この大御所先生に定期的にレッスンを見ていただけるようになり

これまでなんとなく過ごしてきましたが、

 その子が大御所先生にみてもらう度に私の中で疑問が生まれ

それはやがて不安ともなっていきました。

それらを少しでも解決したくて出かけていった旅でした。

 

結果的に言うと、とりあえず行ってみて良かった‼️

この大御所先生の求めていらっしゃることは、超絶難しいようで

実は基本に忠実な事のみ。

全ては基本から始まる事を再認識させられましたわ。

私の意識なんかより もっともっと強いこだわりと愛情を持ってレッスンされる

大御所先生。

これは、カンタンに見習える事ではない。

けれど、遠〜く目指す方向が見えたのかもしれない。

 

この大御所先生は、本当に音楽と共に人を成長させるお方なのだ、と感じました。

 

 

 

 

 

2019年3月10日 (日)

ママ♡マルシェ

本日は、”ママ♡マルシェ”というイベントにてエレクトーン演奏させていただきました。
このママ♡マルシェというイベントは、新入園児さん・新入学児さんと
その保護者のためのワークショップ。入園・入学グッズの販売や、子どもの体験学習の紹介はたまた元民放局アナウンサーさんによる講座なんかもあります。
子ども達には、健やかにすくすくと育ってほしい、と願うのは保護者だけではありません。

様々な企業も応援しているんですね。

もちろん私たちも同じ気持ちです。

子ども達に音楽を身近に感じてほしい

感受性豊かな時に美しいものを美しいと感じる心を持ってほしい

いろんな可能性を持って未来に向かっているのだからね

S1150006_2

S1150003




















本日のイベントではjet仲間のK先生と演奏してきました。
慌ただしさのあまり、緊張しているのかどうかもよくわからない不思議な時間。
なんじゃかんじゃ言って楽しく演奏できました。
なんと司会・進行はアナウンス講座を受けたばかりのかわいい生徒さん
とってもお上手な話しぶりに、さすが局アナは伝える力がすごいと実感。
今回のお仕事は2週間ほど前に突然決まったお仕事でした。
私とK先生は演奏活動ユニットを結成
夢中でプログラムや進行を考えてただ今模索中。
ですが、超絶楽しく演奏できたので
まだまだ演奏活動、頑張ります。
さて。
私事ですが。ここ3週間毎週日曜日にはどこかで何か演奏して来ましたの。
例えそれが伴奏1曲だったとしても
私としては気が抜けず、常に気持ちを張り詰めて…
お陰様で、家事もお掃除も手抜き。超絶。
本日は、イベント終了後は家じゅう大掃除。気になっていたところもピッカピカ
やっぱり、キレイなところで生活したい‼!(笑)
こんな私の身勝手をも認めて
責めないでくれる家族には感謝です。






























































































2019年3月 5日 (火)

創る!

去る3月3日は、jetサウンドカーニバルが開催されました。

会場は、なんとアルプラザ小杉。
子どもたちのイベントに、ぜひ使って下さい、とのご厚意。
有難いことです。
我が家のお教室からは2名の生徒さんが参加されました。

576fe044a59042f1a9cbe20f9551ed6b

「山のこだま」というピアノ曲を、
オーケストラ風に編曲したNちゃん(小4)
本番で、突然豊かな表現力を見せてくれました。正直言って驚きました。
なんかいつものNちゃんとは違う!
普段、そんなことを感じたことは全くと言っていいほど無かった
これが底力だったのか、たまたま偶然だったのかは謎。
前者であることを願う

Ed14c52a43614dc6999204dee7dd9699
続いて、「わたしの雪だるま、完成!」という曲を作曲したRちゃん(小3)。
ほんのちょこっと作曲やってみよう、と手掛けたことが
どんどんハマっていき、結局立派なロンド形式の曲が完成しました。
普段、レッスンでは言葉数少なめのお嬢ちゃまでしたが、
実はこんなにいろんな事を考えていたんだ、と気づき
ちょっとRちゃんとの心の距離が近くなれたように思いました。
音楽は、言葉のようになんでも伝えてくれるんですね

お二人ともそれぞれ優秀賞、奨励賞を受賞
賞はもちろん嬉しいけれど、それよりも何よりも
こうやって一つステージを乗り越えて、
成長する姿が見られたことが最大の収穫でした。

434d8c87764247188fa6ab1e96d39ab0
さて、ワタシもコンサートのオープニングで久々にBGMを弾きました。
もちろん緊張しましたが楽しかった💕


79b40564e8e94f7fabc006ab28678cf1

大西麻美さんという素敵なゲストさんもいらっしゃって、
華やかでパワー全開の演奏をご披露して下さいました。
余裕の笑顔でサラリと演奏できる方
尊敬します。

昨年末から準備して来たサウンドカーニバル。
生徒ちゃんの創意を引き出すのはなかなか大変ですが、
この生徒ちゃんたちが「また創る」と言ってくれたら真の成功ですわね。
とりあえず終了。

で💕
2日経った本日は自分にご褒美
ずっと観たかった
A52adfc3014e487b8f4835f9e33c667a

観てきました。
超絶泣けました。感動。
音楽やる人は必見。あと2日間です💦

2019年2月28日 (木)

気持ちを新たに

先日、ピティナ富山支部の総会に出席してきました。
今年の総会は東邦音楽大学教授の國谷尊之先生の講演付き
毎年のことですが、この総会が開かれると
ああ、また今年も始まるんだなぁ〜
と、気持ちが改まります。
昨年がどんな年だったのか振り返りました。
いろんなことがありました。

今現在も、時間が経つと過去になっていってしまう訳で
未来に向かって社会はどんどん変わり、
必然的に人も考え方も以前と同じではなくなるのです。
あたりまえに、継続することは基本中の基本ですが
これから先もずっと今まで通り、というのではなく
変わっていくことを受け入れていかなければならない部分もあるのですね。
私たちは、そういう変化に対して試行錯誤する中で
新しい視野を広げていくことで成長できるのでしょう。
私などは、この歳になって成長・・・といっても微々たるものでしょうけれど

44974663fd0f40ffb27e4cd9d74bc782
総会・講演会の後は懇親会。
美味しいお料理をいただきながら、楽しい時間を過ごしてきました。
音楽の話や家族の話をしている時が、一番楽しい
これが音楽で繋がる仲間、というやつですね。
今年も、元気に
目指すは一歩前進。


2019年2月10日 (日)

恩師と聴いた

本日は来月の青少年音楽コンクールの公開レッスンを聴きに行ってきました。

1ヵ月と少し前だというのに、みんなお上手‼️
曲によって弾きやすさに違いはあるのですけれど
今の時点でこんなによく弾ける生徒さんを育てる先生はすごいなぁ〜と感動しましたの。
曲のポイントの解説
同じ曲の解説も聞くたびに違うんですよね。
これが、新しい発見があるということなのでしょうか。
これまでに何回も課題になって、やったことある曲だからと
油断するなよと言われているような気持ちでしたわ。

Cf69f21bfba445638f4a141e233bc20b
さて、本日は会場にて昔のピアノの恩師に出会い、
公開レッスンは恩師の隣で聴きました
で、今年の課題の中にはこの曲も含まれているのですけれど
この書き込みは◯0年前、隣にいらっしゃる恩師が書き込んでくださったもの。
これを見て「この字は先生の!」とか「懐かしいね〜」とか言いながら聴いてきました。

当時の私には宿題ものすご〜く多くて、超絶ハードなレッスンでしたが
今の自分でいられるのは、この恩師に師事した時代もあったからこそ。
そして、私も今生徒ちゃんにはものすご〜くたくさん宿題出してまぁ〜す。
笑笑

2019年1月24日 (木)

モットー、さりげなく

本日は今年最初のjet定例会に行って来ました。

3月のサウンドカニバルに向けてただいま準備中。
一つのコンサートを企画・実行するのはとても大変な事ですが
やりがいもあり、楽しいことです。

サウンドカーニバルは、子どもたちが自力で表現する第一歩
どんな生徒さんも、おもしろい力やアイディアをたくさん持っているんですけれど
全く気づいていなかったり、引き出すチャンスがなかったり…ということは多いもの。

昨年末あたりから地味〜に種まきしてきた生徒さんたちが、
近頃面白いものを作って来てくれるようになって、嬉しい限りです💕
言葉一つで、作曲も身近なものになってしまうし、意外といろんなこと考えてるんですよね。
子どもって、すごいなぁ〜
モットー、私が手を掛けすぎないで、本人の素が出せるよう持っていく。さりげなく。
これは最も難しいことだと思いますわ。

今すぐに芽は出なくとも、いずれいろんなことを自力で発見できる子たちになってね

2019年1月 7日 (月)

日常に戻る

長かったお正月休みもおしまい。
今日から通常通りレッスン再開です。

久しぶりにレッスンにやって来てくれた生徒ちゃんたちは、
ゆ〜っくり休養とって、気分もリフレッシュできた様子。
お休み中の話とか、学校の宿題の話とか〜
みんなたくさんお話してくれました
なんだか希望に満ちてる感じで かわいい

嬉しかったその1
この冬休みはコンクールも少し落ち着いてる時期でしたので、
ここがチャンスと、ソルフェージュと伴奏づけをレッスンに取り入れて、
将来自力で曲をアナリーゼできるよう、基礎づくりをしました。
はじめの頃は、和音の話も’ふーん’と冷めた感じで聴いていた生徒ちゃんも、
回が進んでちょっと難しくなってきたら、
熱心にメモを取り、考えている姿が見られるようになりました。
和音の不思議さ、魅力に気が付いて無意識にハマってくれた様子。
心の中でニヤっとする私。
けれど、これはそんな簡単にマスターできることではないのです。
ここがスタート、という気持ちでこの後も継続しなければ

嬉しかったその2
のんびりペースでレッスンしてる、と思っていた生徒ちゃんが、
卒業式でピアノを弾きたいと思ってくれて、
冬休みは極秘でその曲を練習し、今日いきなり聴かせてくれた
そりゃぁ〜驚いたの何の
ちょこっと気になるところは手直しして、冬休み明けにオーディションだそうです。
こんな力を持っていた生徒ちゃんだったなんて。
そもそも、これをやろうという気持ちになってくれたことが嬉しい。
てか、のんびり〜というのは私が勝手に抱いていたイメージだったのかも知れない。
反省。

るんるん。
今年は、なんだか調子良くスタートできたみたい
わぁ〜い。

2018年12月17日 (月)

クリスマスコンサート

Ee700b21f4a549d38b292bbb86da89fb
先日は今年最後の大きなイベント、クリスマスコンサート。
夏にピティナを頑張った生徒さんたちの記念コンサート。
我が家のお教室からは6組、7名の生徒さんが参加されました。
大変なこともいっぱいありましたが、なんとか今日を迎えることができて良かった!

まずはTくん(年長) 湯山昭作曲「おやつのじかん」ショスタコービッチ作曲「マーチ」
小さな手をいっぱいに広げて頑張りました。直前に演奏が乱れて、ママとのバトルもあったそうですが
なんとか乗り越えられました。どの音もよく聴いてステキに弾けたね

続いてHちゃん(年長)テレマン作曲 「ガボット」 中田喜直作曲「悲しいワルツ」
悲しいワルツがめちゃくちゃ難しくて、なかなか形にならなかったのですが、
最後の1週間で突然まきかえす非常に大変でしたが、Hちゃんらしい、と思いました。

Fちゃん(小3)、Aちゃん(小4)による連弾、轟千尋作曲「組曲 4つの季節のうた」から春、冬
今年結成1年目のコンビです。息を揃えることすら難しかった2人が、ここまで成長しました。
4本の手のバランスとって弾くことが楽しいと感じてくれたか、はたまた難しいと感じたか・・・

Hちゃん(小4) ベートーヴェン作曲「6つのエコセーズWoO83」
この曲って、変奏曲でもなく組曲でもなく、とっても変わった曲だと思います。同じメロディーが8回も繰り返し出てくるのですが、聴く人を飽きさせないように、というHちゃんの思いが良く伝わってきました。

Mちゃん(小6)ドビュッシー作曲「アラベスク第1番」
Mちゃんの音はキーンと良く響く音なので、こういう曲はちょっと難しい部分もありましたが、おかげで、これまで気付かなかったことにも気付いたのではないかな。

最後はNちゃん(小6)ショパン作曲「幻想即興曲」
譜読みもテクニックも表情つけるのも難しい曲でしたが、弾けるようになると楽しい 練習始めたばかりの頃は意味わからん曲だ〜と思っていたものが、ちゃんと仕上がりました

今年もこのコンサートに生徒さんが出演でき、
毎年のことながら私も頭を悩ませながらレッスンしてきた訳ですが、
お陰様でいろんな感動・発見・達成感があり、また新たな目標ができてきました。
生徒の皆さんのお陰で、私も確実に鍛えられています。
いつも頑張る生徒の皆さん、支えてくださる保護者の方々、心より感謝いたします。


88266dcccf0a4baaa92a607f2e63af92

コンサートの合間には、このように階段でグリコやって遊んでる姿も観られました。
素朴で可愛かった


さて、これで今年のピティナもひと段落。
今年もいろいろあったなぁ〜
コンサートの後は富山支部の先生方と楽しく雑談しながらお食事
昨年のクリスマスコンサートから、もう一年過ぎたんですね

2018年12月14日 (金)

今年最後の定例会

本日は今年最後のjet定例会に行ってきました。

本日のお題は「PAについて」
ピアノソロ、連弾、アコースティック楽器のアンサンブルにおいては
PAなんて必要ないけれど、
ひとつでも電子ものが加わるとPAが必要になってくるんですね。
ヴォーカルマイクなんかはもちろん。ギター、ベース、キーボード…
んでもって、PAと一言に言うけれど、
楽器の接続、スピーカーの配置、スピーカーのバランスの取り方、残響のとり方など
めっちゃくちゃ深いものなんですね。

話を聴いていて、これはカンタンに理解して実行できるようなことではない事がよくわかった。
さらに。
PA の達人になるには、いい音、いいバランス、
それらが判る耳を持っていなければならない事もわかった。
音の世界はまだまだ理解できないことが多く、でもどれもビミョーに関係している。
本日得た知識は一体いつどこで活かせるのか…ナゾ

2d030928b3fe4cc78f6197727f23dff4さて、定例会の後は、忘年ランチ会。
今年一年を振り返る
出会い、別れ、再会、いろんなことがありました。
音楽を通して泣いたり、悩んだり、笑ったり
そんな思い出を、jetの先生方と語り合いました。
ここのメンバーは年の差推定20歳くらいあるのですが
固い絆で結ばれている感じがします。
今年も大変お世話になりました。
これから先も、ますます頑張っていきたいと思います

2018年11月25日 (日)

久々にオケ

秋の3連休。
今回は、私もお休みを取らせていただきました。
心ゆくまで好き〜にピアノを弾き
気になっていた家事や庭のお手入れ、買い物なんかもしました
毎日のヨガも欠かさず

で、最終日の本日は、高岡フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に行ってきました。
数年前にこのオケの常任指揮を務める先生にピアノのレッスンをみて頂いたのがご縁で、
以来、毎年聴きに行くようになりました。
26b923b1f7e9446b87a80dec86c8102c
昨年までは、高岡市民会館というホールで開催されていた定演。
昨年そのホールが閉館になってしまったので、
今年はちょっとコンパクトなウィングウィング。
とっても舞台が近く迫力満天、舞台上のこと何でも見えちゃう。
客席も満席。バルコニーも埋まってる。
ホールが変わるとこんなにも雰囲気が変わるものなのですね。

演奏は、初めて聴いた曲もあってとても素敵でした
もうちょっと広いホールの方がこのオケの良さがでたのかも…
いろいろ学べたコンサートでした。
そして。コントラバスの重厚な低音に何度も心揺さぶられました。
かっこいい …
忘れられない、いや忘れてしまいたくない響きでしたわ。
やっぱりオケはいいなぁ


より以前の記事一覧