音楽

2018年10月 4日 (木)

さすが わが師匠!

本日、私にとっての大師匠と運命の再会を果たすことができました。

これまで何人もの先生にお世話になってきたけれど
私がもっと音楽をやりたい!と思ったのは、この大師匠のおかげ。
そこから、山あり谷ありながらも音楽を続けていられる現在に至る。


大師匠に最後にお会いしたのは◯十年以上前のこと。
随分ご無沙汰していたので、(会いたいけど)もう一生会えないのかなぁ〜
なんて思っていました。

が、きっかけは突然やって来るsign01
ボーっとFB眺めていたら、大師匠を発見
すかさずお友だちリクエストしてみたら、
なんと大師匠は日本に帰国中だったflair ←普段は海外airplane
しかも2日後にピアノレッスンの勉強会を開催してくださるとのこと

ものすごい偶然が重なって、本日運命の再会に至った訳です。

いやぁ〜。やっぱり大師匠はすごいflair
なんか惹きつけられるんです〜 これはマジックだ。
んでもって、やる気が出てくるpunch
子ども時代、こんな先生に自分はレッスンみていただいてたんだなぁ〜
恵まれていたんだなぁ〜 としみじみ思いました。


74193db03501439faec2f2f229c92ded

本日の勉強会では、初めてお目にかかった先生もいらっしゃいました。
偶然が偶然を呼び、不思議なご縁でめぐり会うことができた先生方。
ですが、あまり初対面っていう感じがしない。
ちらっとお話ししただけなんだけど、何か伝わってくるものがあるんですclover
これが、音楽という共通項で結ばれている現象なのか・・・

大師匠からパワーを与えられ、
お陰様で本日はとってもやる気モードnotes
大師匠は何事もダイナミック。中途半端はありえない。
で、めちゃくちゃ温かいspa
何歳になっても離れていても私にとっては大師匠。

2018年9月26日 (水)

深すぎる

本日は、またもやあの!
鈴木弘尚先生のトークコンサートに行ってきました。
最近よく富山にいらっしゃる鈴木先生。
私は7月のアドバイスレッスン以来、すっかり鈴木先生のファンですのribbon
今朝なんて、絶対遅刻しないように朝から気合い入って超絶早起き。
我ながら驚きeye

おおっと、話が脱線。
本日のトークコンサートはヤマハのグランドピアノS3Xというピアノの
お披露目コンサートだったんですね。
グランドピアノも日々進化していて、
微妙にリニューアルしているんですね。
一般的なCシリーズとちょっとハイクォリティなSシリーズ。
この2つで、鈴木先生が同じ曲を演奏されるのですが、
演奏が全然違うsign01
Sシリーズから出てくる音って、ほーんとうにすごい。
Cだってそれなりにいい楽器なのに、それを更に追求した感じ。

あの音を聴いてしまったら、欲しくなっちゃう。
けどお値段も、ものすごいんですわ。
我が家のピアノ2台とエレクトーン2台合わせてもS3Xにはかなわないsweat01
笑笑、秀逸なものとは入手するのも困難、ということですわね。

鈴木先生の演奏には毎回惚れ惚れnote
加えて今回の聴き比べはとても興味深く
鈴木先生の子ども時代〜イタリア留学時代の話はとても楽しく
聴き処満載のコンサートでした。

つくづく思う。
ピアノって一体何事だろう。
深すぎるわ。

2018年9月19日 (水)

@宇奈月

551374fc75b346c7adba370d7003841c

行ってきましたshine モーツァルトnotes

いやぁ〜、めちゃくちゃ おもしろかったですわ。
昨年に引き続き今年も。

朝10時からの演奏って。出発早いな〜
弾けるかどうか心配なところは各曲に必ずあるし
MC大丈夫だろか など。

不安要素は山ほどあって迎えた本番
いっぱいヘンなこともしたけど、終わってしまえば気分爽快。
演奏前と演奏後でメンタルはどうしてこんなにも真逆なのかgawk
不思議、不思議〜

2年目の今年は、演奏の合間にあちこち見たり聴いたりする心の余裕がありました。
そうなると、また楽しい。
0cfe5bc7bac542adb326a827301b00fe
行く先々に知りあいがいたり、応援に駆け付けてくださった方々もチラホラclover
音楽の輪って本当に素敵だなぁ〜つくづく感謝。

D61db6c9bd2346ec83429a293cc0f0a1

温泉街を結ぶ電気バスcatface その名もEMU
この運転手さんをはじめ、スタッフの方々も、お店の方々も
皆さん温かくて和やかで
とても居心地のいい 街でした。

んで、夜はみんなで温泉。
演奏の動画観て振り返る。
反省も多々あるけど、やって良かったと思う。

またやろっと。
何事も一回きりではモノにならない。
続けることで見えてくることはまだまだたくさんあるんだろうね。

2018年9月13日 (木)

今年もやってきた

今年も宇奈月モーツァルト祭の時期がやってきました。

昨年に引き続き、今年も演奏しますnote
なんと今年はひょんなことからメンバーが増え、
4人!
いつも超絶お世話になっている先輩先生方happy01

36e8548aeadd40ad93b088c81e613593


6月に参加することを決めてからこれまで
時にのんびり、
時に喝を入れ合いながら
ワイワイ楽しく練習を重ねてきました。

9月なんてまだまだ先のこと、と思っていたのに、
もう今週末。
今日が最後の練習というのが信じられないですわsweat02

練習サボる、脱線、弾けないところはゴマかす、
これら全てにおいて女王級の私が、ここまでやって来られたのも
この先生方とのチームワークがあったからこそ。

というわけで、私たちの演奏は3日後ですhappy01


2018年9月 8日 (土)

フル回転のセミナー

先日、金子一郎先生による
「ソナタ形式、ロンド形式とは」というセミナーを受講してきました。

いやぁ〜、面白かったですわ。
話の展開がめちゃくちゃ速く、ついて行くだけで必死。
一瞬でも聴き逃せないという緊張感、久しぶりに味わいました。
当然ながら学んだことは数知れず。

ソナタ形式、ロンド形式を生徒ちゃんと分析しながら、
自分が混乱してきて生徒ちゃんとともに迷宮入りしてしまう、
ということはよくあること(情けない👽)
けれど、金子先生がスイスイわかりやす〜く導いてくださると
私でも自力で分析できたような気分になってしまう。
んで、(お調子者なので)次はコレを自力で分析してみよう・・・という気持ちがbud

この、「わかった→次は自力で」
という気持ちになることがものすごく大切なポイントなんだなぁと思いましたの。
そんな気持ちになるためには、
そんな解説を聴くまでに最低限の知識と経験がないと成立しなかったわけです。
生徒ちゃんたちに何かを教えるにしても
物事には守るべき順序というものがあるんですね〜笑笑

この金子先生とは、ピティナ特級グランプリ受賞者。
さらに実は早稲田大学付属高等学校・中学校の数学の先生、という2足の草鞋を踏む人物なのです。
世にはこんな物凄いお方もいらっしゃるんです。

あっさり、目的はこれ!ってのがハッキリしていて
エネルギーを感じました。
こんなにあっさりポイントだけ伝えるのは
とても難易度の高い事だと思いましたの。
お見事flair

2018年8月25日 (土)

全国大会日記

少し日が経ってしまいましたが、
先週末から数日間、ピティナ全国決勝大会が開催されていました。

今回、めでたく全国大会に出場することになったNちゃん(小6)の
応援と、自分自身の勉強のため
富山〜東京を行ったり来たりして過ごしました。

全国大会の演奏は、皆さん本当に素晴らしく
聴く機会を持てたことに感謝しました。
頑張る生徒さんがいてくれるので私も勉強できる〜

Nちゃんの演奏は、のびのび、表現したい気持ちがよく伝わる
とても良い演奏でした。
予選から決勝大会までの長い道のりを思うと
涙が込み上げてきました。


86da10c7cd8941de8be10563de1feca9

さて、3年前まで我が家のお教室に通ってくれていた、和歌山県在住のNちゃん(同じく小6)も
西日本から全国決勝大会に出場していましたnote
お別れするときに、「全国大会で会おうね」と言っていたのが
現実になりましたshine (笑笑これで2度目ですが)
遠く離れていても、音楽を続けている限り繋がっている
心は離れていないのよね〜、と思えるこの感じがとても好きheart01

64e83935565f49c18c60435fbccf1d8e

結果発表〜祝賀会にも参加してきました。
日本全国にはこんなに素晴らしい先生方がたくさんいらっしゃるのです。
私もまだまだ精進したいと思いました。


D7a9b99bc978446980ea129282c78f36

余談になりますが、
全国決勝大会の開催中に私は誕生日を迎えました。
いつもお世話になってる開進堂楽器さんからお花のプレゼント🌸
一年が過ぎるのはめちゃくちゃ早い
また、 これからも一年punch

2018年8月17日 (金)

いよいよ始まります

1c55ead281e6435f95336c2c2cfb5ba5
3月に要項が発表になったピティナ。
かれこれ5ヶ月あまりの時間が過ぎて
明日からいよいよ全国決勝大会が始まります。

我が家のお教室ではC級のNちゃん(小6)がめでたく全国大会へ進出。
このお嬢ちゃまは、元々コツコツやるタイプだったけれど
全国大会が決まってからはさらに輪をかけてコツコツ。
毎日の長時間レッスンしても全く疲れた様子なんて見せないで
絶対弱音も吐かないで
その取り組みぶりは本当に素晴らしかったです。
そのNちゃんの演奏はいよいよ明日。
本日は最後のレッスンだったのでいろんな思いがこみ上げてきました。
(まだ終わってないけど、勝手に感極まる)

さて、このNちゃんのみならず
我が家のお教室の他の生徒さんたちもみんな本当によく頑張りました。
私的にとても好感持てる仕上がりだったと思うけれどあと一歩だった生徒さん。
優秀賞いただけたのも十分物凄いと思うけど
悔しかっただろなぁ〜
この悔しさが、次への原動力となることを祈るpunch

毎年のことながら 数々のドラマがあり
私自身 新たな発見の多かったことsign03
なんか音楽的にひとまわりたくましくなった ピティナにトライした生徒さんたち
たったひと夏で、子どもも大人も(⁉︎)成長できるんですね

さあ、いよいよ明日から!

2018年8月14日 (火)

すてきな音がたくさん

先日、我が家の子どもたちがピアノレッスンでずーっとお世話になってきた先生の発表会がありました。

毎年のことながらムスメが演奏させていただきました。
ここには子ども時代から共にピアノを習い
その道へ進んでいった生徒さんが何人もいらっしゃいます。
みんな今もなお音楽の勉強を当たり前に続けているところがすごい。
そんなふうに生徒を育てる先生は神様級。
なかなか真似できることではありません。

子ども時代にピアノを習っていた人がみんな将来音楽家になれる訳ではないですが、
習うからにはそれなりの力をつけてほしい
より美しい音を求めていく
そんな先生の姿勢が小さな生徒さんにもよく伝わっているのがすごいところ❗️

振り返ると・・・
先生には私がヤマハ新講師時代レッスン見学をさせていただいていた時期があった〜
長男が4歳からお世話になり
続いて娘が大学受験まで
そして現在ワタシがレッスンみていただいている
むちゃくちゃ長〜いお付き合いです。
先生との出会いがなかったら、
娘も私も今の私達ではなかったかもしれない。
私達にとっては、音楽以外にも多くを教わった恩師。

皆様の素敵な演奏聴いていたら、力が湧いてきた。
今年の夏も、もうひと頑張り。

2018年7月16日 (月)

えきなか レポート‘18

本日無事に「えきなかコンサート」が開催されました。

我が家のお教室からは6名参加。
いや〜、今年も大変でした。笑笑
でもね。ここは発掘の場なんですよ。
ここから、音楽に目覚め羽ばたいていくthunder

まずはIくん(小1) 「大きな古時計」を演奏。
のんびりしてる性格の彼は、なかなかエンジンがかからないで
私も焦りました。本番の3日前くらいにやっと弾けるようになりました。
どれだけきつく怒っても、どれだけ泣いて帰っても
次にレッスンに来るときは 元気に笑顔で来てくれるところがめちゃくちゃ魅力的‼️
努力が実って、楽しく弾けたね👍🏻

続いて、Yちゃん(年長) エレクトーン経験者のママと(実は女医さんeye)
「わたしはポットです」を2台アンサンブル。このお2人のために超高速編曲。面白かった🎶
ママの素晴らしいリードで弾ききる。
親子でアンサンブルできる期間というのはとても貴重。
Yちゃんもママも楽しそうで、とても心温まる演奏でした。

そしてSくん(小2)Aちゃん(小3)姉弟の2台アンサンブル。
私の編曲でディズニーメドレーを演奏。
このお2人も面白かったですよ〜
ある時突然目覚めてからは、どんどん上達。多分ほっといてもずっと練習してただろなcoldsweats01

最後は家族まるごとアムラーSちゃん(小6) 安室ちゃんの「Hero」を演奏。
元々口数多くないお嬢ちゃまで、弾けていても弾けていなくても淡々としていたSちゃん。
ですが、本日は演奏前に緊張してることを初めて伝えてくれました。
多分性格的に言葉で伝えることが難しかったのでしょう。
けれど、演奏はこれまででベストを尽くせていて、これを聴いてまた涙weep

親バカならぬ、先生バカなんですけど。
ウチの生徒ちゃんたちの特徴はみんな音楽をよ〜く感じられていることだと思います。先生バカの極み💦
こう弾きたい、というのが大なり小なりあって、その子の表現が一音一音に必ずあるんです〜
これは教え込んでそうなった訳ではなく、気がついたら自然にそうなっていた感じ。
背景には、ご家族の協力、家族で音楽や子供の成長を楽しむ姿勢、応援、
どれも欠かせなかったことだと思います。

そんなかわいい金の卵たちとともに、また次のステップを踏んでいこっと。

私が3人いたらいいのに

本日は暑〜い、熱〜い1日でした。

3連休の最終日。
私の大切な生徒ちゃんたちが、みーんな忙しく
どの生徒さんも見届けたいと思いつつも
願いは叶わない。

意外と、私がいようが、いまいが、我が道を行ってしまえるところが
ウチの生徒ちゃんたちのすごいところ!

本日は富山駅で「えきなかコンサート」が開催され、我が家の生徒さんも数名活躍spa
それとほぼ同じ頃にあの‼️鈴木弘尚先生のアドバイスレッスンを受けたNちゃん(小6)
さらに同じ頃にピティナ連弾で予選を受けに行ってたHちゃん(小4)Mちゃん(小6)コンビ

この状況で、私はどこを見守りに行こうかと悩みました。めちゃくちゃ。
どこも気になる。聴きたいpout
どの生徒さんも、それぞれの目標を持って切磋琢磨してるんだから。

結局自分の身を置いたのは 「えきなか コンサート」
ここには、これからデビューしていく金の卵がいっぱいいるわけで。
目が離せない、という判断。
ピティナ関連の常連組は、みんな私なんぞいなくてもしっかりしてるからね。

鈴木先生の特別レッスン受けたNちゃんは早速夕方演奏聴かせてもらいました。
何がどうなったかはわからないけど、演奏が素敵に変わっていました。
たったの1時間で生徒さんの音を変えてしまう鈴木先生は凄い❗️
音の不思議 伝え方の不思議 考え方の不思議
全てが不思議不思議shineこれを生で聴けなかったのは悔んでも悔やみきれない。
これを基に私もNちゃんも、再スタート。

ピティナ連弾予選のコンビは無事通過。
結成から3年目のコンビで、なーんか演奏に華があって素敵な2人。
ですが、やっぱり安心は出来ないよね。常にドキドキハラハラ。
2人それぞれソロもあるので超絶忙しい。
この子たちの予選が今年の我が家の最後の予選。
やっと終わって、ホッとひと息(はできない)

音楽とともに成長していく宝物がいてくれるので、私は日々忙しいです。
ドキドキハラハラ、時にどんより。
いい事ばかりではない中から見つける喜びって、些細な事でも大きい。
笑ったり、泣いたり、いろんなことがありますわ〜

より以前の記事一覧